スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

ルーアンの憂鬱

どうも今頃の季節って、気分的にぱっとしないような気がしませんか?




今頃の季節になると、ルーアンでホームステイしていた頃の憂鬱な時期を思い出してしまいますね。。。

その憂鬱の原因の大きなものとしては、やはり日照時間の短さ、そして毎日のジトジトとした天気、それと寒さ。




ルーアンの古くて味があり、ミステリアスな町のたたずまいは大好きだったのだけれど、冬場はほんとに日が短く午後3時近くですでに日が暮れたように薄暗く、毎日のように雨が降るので、建物はいつも湿ったような状態で、部分的に緑色に苔が付いたみたいになっていて、目に映るもの全てが退廃的な感じ。




最初にこの町を訪れたのは7月だった。夏なのに気候が爽やかで、天気のいい日には外で食事する人々で溢れて、ほんとうに穏やかでステキだと思った。

冬のルーアンで大変だなと思ったのは、やはりフランス人は日本人より体感温度が3,4度高いらしく、ステイ先の家ではサロンの暖炉とあとは窓辺に取り付けられているショファージュ(chauffage)という温水式暖房機器があるだけだったので、寒い、寒い~。
それからお風呂のときバスタブに浸からない習慣ね。アルノーさんの家ではみんな朝に10分くらいシャワーを浴びるだけで、ゆっくりとお風呂に入らないのね。10分でほんとにちゃんと体を洗ってるのかーという疑惑もあるし、そもそもお風呂であったまるという概念すらないみたいなので、ま、日本人のわたくしは当然体調が悪くなりました★

おまけにバスのストが一週間以上も続いて、その間学校に通うこともできなくなるし。スト開けに学校に行ったら、授業は少人数の生徒だけでいつのまにか進んでいて、よくわからん世界に突入していたし★




そんなこともあったけど、記憶の中のルーアンはなぜか青空よ。ステイ先は山の上にあって、あたりにはこんな木組みのかわいい家がたくさん建っていたし、ノルマンディーの自然は本当に美しかった。

この時期、すでに次の留学先をニースに決めて、手続きも済んでいたわたしは、町の本屋さんで「ミシュランのガイドブックのコート・ダジュール編(Michelin Green Guidecote d Azur・Michelin Green Guide: Cote D'azur French Edition)」なぞ立ち読みしては、まだみぬ憧れの南国への妄想を膨らませていたものです。

そういえばこんなこともありました。あれは11月ごろだったかな。突然マダムが一人でニースに行くと言って旅行カバンを持って家を出て行きました。なにやら兄弟がいるとのことで、そのころ「疲れた」を連発していたマダム・ミッシェル、お約束どおり5日後くらいに、妙に元気になって帰ってきたっけ。肌も日に焼けて生き生きとして、美容院で髪型も変えてなにか急に若返ったみたいにキラキラしてました。たった数日で人をこうも元気にさせるなんて、恐るべし南仏! あと2週間ちょっとでわたしもその地を踏めるのね。
ガイドブックのなかの空や海の青いこと、青いこと。それに2月といえば、カーニヴァルの季節じゃない☆

ああっ、どんな世界がわたしを待ち受けているのかしら?

その時期のわたしは、本当に体調が最悪でいつも風邪をひいたみたいなダルーイ状態で、外出する気も出ず、毎日耳にするフランス語にも嫌気がさしてきて、ステイ先の家族との会話もままならなくなったり、当然授業にも身が入らなくなってしまい、予定より1週間早く授業も切り上げて(もちろん、キャンセルした分の授業料は口座に払い戻してもらいました)、引越しの準備などをグダグダとやってました。

まるで、人生に疲れたアーティストが光を求めて南仏に行くみたいだ。。。わたしにもパラダイス願望があったのか?

・・・そんなことを思い出しつつ、こんな記事を書いてみました。はやく春にならないかしらね♪ 
やっぱり、冬は苦手です。。。ああっ、誰かわたしを南国に連れてって~☆

スポンサーサイト

2006年01月18日 | ホームステイ・イン・ルーアン | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

パリ郊外で過ごすクリスマス




Joyeux Noël! メリー☆クリスマス!

クリスマス・イブがやってきましたね。

今日はルーアンにホームステイしていたときに過ごしたクリスマスのお話です。

わたしがステイしていたアルノーさん一家のお話は前記事のコチラ

さて、この日は、アルノーさんの妹のマノンさんのお宅にホストファミリー共々わたしは招待されました。事前に聞いた話によると、泊りがけで深夜に教会にミサに行ったりもするらしい。そのまえにマダムの弟のエリックさんの家にも寄るらしい。うーん、ハードな一日になりそうだ(笑)。
まずアルノーさんの運転する車に家族7人乗り込み(同居人のフィリップは里帰り)ルーアンからエリックさんの住むNEUILLYへ。(ニュイリーもしくはヌイィーとも表記されるパリ北西部の超高級住宅街、わたしは最初にパリに旅行したとき、なにも考えずにそこにあるホテルに泊っていました)
NEUILLYの住宅街はささやかなアールヌーヴォー調のイルミネーションが飾られいい雰囲気。「どんな素敵なアパルトマンかしら♪」と思っていたら、一軒家でございました★
さすがにアルノーさんの家に比べると小さく感じたけど、たくさんのキャンドルが灯る居間はインテリア雑誌にでてくるかのよう。さっそくシャンパンで乾杯! 新婚のエリックさんは美しい奥さんとパニエに入った天使のような赤ちゃんをご披露。あ、とても写真をパシャパシャ撮れる雰囲気ではありませんで、このお宅の写真はナシです。

しばらくまったりしたあと、今度はマノンさんのお家へ。マノンさんの家はパリ郊外のセーヌ川沿いの小さな村にありました。塀や柵で囲まれていない小さな石造りの家がぽつぽつと並んでいるだけで、あたりにはお店らしきものもみあたらないのどかなところ。

居間はこのような感じ。




奥にある大きな窓で囲まれたサンルームみたいな部屋に、大きなテーブルが置かれていて、そこでディナーをしました。
まるで森の中にいるみたいな風景のなかでのお食事です。クリスマスツリーもみえますね。




この家、ほんとうに各部屋写真を撮りまくりたいくらいかわいかったです。
一脚ずつ違う椅子が並んでいたり、いろいろなテイストがうまく溶け合って落ち着く空間になっています。




こちらは居間の奥のスペースです。居心地のいい雰囲気ですね。
キッチンやバスルームもほんとかわいくて写真撮りたかったなぁ。これらの写真は人のいないところを狙ってこっそり撮りました。

近所にある小さな教会での長いミサのあと、深夜過ぎにようやくディナーが始まりました。シャンパンやワインがどんどん出てくるし、メインのクリスマス用のチキンやフォアグラ、デザートのブッシュ・ド・ノエルにいたるまでマノンさんのお手製料理はとても美味しかったです。普段の食事の倍はあるかというボリュームでしたが、まわりのパワーに押されて全てたいらげてしまいました☆ 子供たちは早々に退散しましたが、大人たちは会話が弾んで大騒ぎしてました。
「このひとたち、まさか徹夜で飲んで食べて騒ぐのか!?」と不安がよぎるくらい賑やかな夜でした。

翌日25日はわたしは遅めの時間に起きて、付近を散歩したり子供たちとテレビを観たりしてのんびり。
夕方にルーアンの家に戻ってきたときには、さすがのマダムも「疲れた」を連発して、その日の夜の食卓はスープとパンだけになりましたとさ。

2005年12月24日 | ホームステイ・イン・ルーアン | こめんと 4件 | とらば 1件 | とっぷ

続・ルーアン☆イルミネーション




さぁ、今日は再びクリスマスムード溢れるルーアンの夜の模様をお送りします。日が落ちた夜の街の写真をアップしてみました。
上の写真は以前の記事の三番目の写真と同じ場所です。わかるでしょうか?




こちらは旧市場広場に続く通り。薬屋さんの隣にある「extrapole★」というお店はわたしのお気に入りの本屋さんです。入口は小さいけど、中は広々としていて下は書籍とカフェ・スペース、上は文房具とCDなどを扱っていました。




同じ通りをもう一枚。
この写真をアップしていて気づいたんだけど、ルーアンの街には街灯がみあたらないですね。




こちらは大聖堂からほど近い通り。ポップな雑貨屋さんなどもありお気に入りの通りです。右端は靴屋さん、左側にあるのはパン屋さんです。




こちらは庶民的なビストロ。小さな窓には一枚一枚違った色ガラスがはまっています。カーテンは赤のギンガムチェック♪




こちらは右は陶器屋さん、左はオーダーの帽子屋さんです。
夜のウィンドーショッピングもいかがでしょう? 旧市街のあるルーアンの右岸の界隈は治安がいいこともあって、日が落ちたあともわたしは結構プラプラしていました。

この時期学校でよく話題になっていたのは、やはりクリスマスの過ごし方です。同じ学校の日本人の友達はほとんどホームステイをしていたのですが、なかにはこの「一年でいちばん大切な家族行事」に参加させてもらえない人もいました。わたしはラッキーなことに、ホームステイ先のパリの親戚の家のクリスマスに招待されたので、ホストファミリーと共に賑やかでフランスらしいクリスマスを過ごすことができました。
フランスではクリスマスは家族と共に過ごす日で、お正月は友達と過ごす日というのが一般的だと聞きました。日本とは逆ですね。
他に日本と違うなと思ったのは、クリスマスツリーも本物のモミの木で飾り付けていたこと。この時期になると花屋の店先には鉢に入ったツリー用のモミの木が並んでいました。飾りつけのモチーフとしては星や林檎やキャンドル、それに靴下、あとは金や銀のモールといったところでしょう。
あとは家の中にサントン人形を飾ることでしょうか。この人形はステイ先のマダムの説明によると、キリスト誕生のシーンを再現しているそうです。サロンの暖炉の前には小さな人形がたくさん並べられていました。わたしはこの人形の群れの中にアルノーさん(ステイ先のお父さん)のコレクションしていたアフリカの民芸調の人形を密かに加えて、長女のエマニェルと一緒にツボにはまっていました(笑)。

サントン人形についてはコチラを

ふむふむ。この人形ってプロヴァンス地方が発祥だったんですね。南仏でのクリスマスも興味深いです。フランス政府観光局のサイトによると、プロヴァンス地方ではこの時期サントン人形マーケットなるものも出現するらしい。いいな♪ パリのクリスマスもいいけど、今度は南仏の地方の小さな町のクリスマスも体験してみたいな。行事やお祭り関係は圧倒的に地方のほうが好きです。

クリスマスの出来事はまた、そのうちアップします♪

2005年11月28日 | ホームステイ・イン・ルーアン | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。