スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

まこという名の不思議顔の猫

猫つながりで書かせていただきますが、、、いまさらわたしが紹介するまでもなく有名な猫、まこさん。



★ブログ「まこという名の不思議顔の猫

★「まこのたび

まこちゃん関連の本やDVD


流行りモノにうといわたしは最近、雑誌で知ったんだけど、かなりトリコ状態。
よそ様の猫を「かわい~」と言ってるより、自分ちの猫さんをちゃんとかわいがりましょう、って気もするんだけど、このまこちゃんは本当にいい味だしてます。

その愛くるしい顔はブリジット・バルドー? はたまた、なぎらけんいち? (笑)

ブリジット・バルドーは特に60年代後半あたりのくっきりアイラインのお目目がそっくりで、はじめてそのくだりを知ったときお腹痛かったけどね。ほんとに似てて。


↓このかたがブリジット・バルドーさんね。。。




↑このように普段のブロンドのときより、黒髪のカツラつけてる時が特に似ている、と思う。

ブリジット・バルドーの過去記事はこちら


まこちゃんの飼い主さまは「アデュートリステス : ADIEU TRISTESSE」(一時イメージキャラクターにシャルロット・ゲンズブールを起用!!!)というフレンチ系のファッションブランドのデザイナーさんだという説も。

お家も北欧風で広く、シンプルなインテリアに美味しそうなお食事やスイーツ♪

なごやかな空気が感じられて大好きです。

広い部屋の大きな本棚にはバウハウスの画集やセルジュ・ゲンズブールやバルドーのCDやアナログ盤なども発見しました。

そのお洒落空間と、変顔まこちゃんのミスマッチ具合がまたたまらないんだけど、

ブロクを過去記事からずーっと観ていて、わたしは思った。
まこちゃんの目、どっかで観たことがあるなぁ~、遠ーい記憶にそっくりなまなざしが。。。

「ブリジット・バルドーも似ているけど、、、この往年の美人女優にも似ているなぁ。。。」と。

↓この方です。




ムキになるひと~モン☆シェリー♪

このけだるさ、う~ん、懐かしいっす。

★オマケ 多岐川裕美さんの「酸っぱい経験」の生歌はこちら


おふたかたとも歌唱力は・・・

でもこういうヘタウマっぽい歌い手さんって最近とんと見かけないというか、普通にうまいひとばかりで逆につまんないかも。

不思議顔のまこちゃんも美猫にはない味わいがあって、ついついブログにおじゃましてしまうわたくしなのでした。往年の美人女優たちにも似てるけど、一番似ているのは漫画の「猫村さん」かな(爆)

これからの成長ぶりも楽しみです♪

スポンサーサイト

2009年01月22日 | つぶやき | とっぷ

やっぱり猫が好き

・・・というわけで(どんなわけだ?)、8ヶ月ほど前に購入いたしたデジカメでたま~に遊んでいるわけですが、部屋のなのではもっぱら猫さん撮影用となっています。

猫さんは一時のピーク時(?)より痩せたという噂なのですが・・・

画像 1031-2

下から見たところ・・・

画像 1034-1

お顔が埋もれております。 フグっ。





さて、、、気を取り直してミュージックなぞ。

やっぱり猫が好き」という今日のエントリータイトルから、思い出すあのドラマの主題曲。名曲であります。




ハイ。矢野顕子さんの「DAVID」でした。

矢野顕子さんといえば、もうかれこれ20年以上前にサインをご本人からいただいたことがあります。80年代のリアルな記憶のひとつですね。(あんた、いくつだ?) 
最前列でコンサートを観たことなども。。。

当時よりもっと、改めて曲を聞いてみると、しみじみと感じ入るものがありますね。

ちなみにこの曲の「デビッド」はデヴィッド シルヴィアン氏でのことではないそうです。(youtubeのコメント欄参照☆)

ついでに、「やっぱり犬が好き」というバカ記事も書いております。お暇なかたは合わせてどうぞ♪

2009年01月16日 | つぶやき | とっぷ

おしゃれトイデジカメを探せっ!

かれこれ、このブログも2005年の今頃からスタートしてるので、早3年(脱力・・・)

ブロガー暦(?)も長~いわたしくですが、なぜか今の今までデシカメを持っていなかった!

カメラは好きでゴツイ一眼レフからロモ(Lomo)のトイカメラ、確かキムタクがドラマで使ってた復刻製のポラロイド、あとはどーってことない35ミリの全自動カメラとか、いろいろ持っていたものですが、なぜかデジカメは「そのうち買うだろう~」というノリで興味を惹かれなかった。

このブログで載せているフランスの風景などの写真は主にコンタックスのT2によるもので、写真をプリンターでスキャンしてアップしていたのでした。

しかし、ついに買いましたよ。

しかも、結構レアっぽいデジカメを ↓


ユニデン UDC-7M


じゃじゃ~ん。

ついでに正面の画像も。

ユニデン UDC-7M


このカメラはユニデンのUDC-7Mといいまして。なんともおもちゃっぽいというか、ポップなカメラですよね~。

えっ? ユニデンなんてメーカー聞いたこともないし、こんなカメラも見たことがない!?

それもそのはず、ユニデンは日本の電気メーカーでありながら、主にアメリカ向けの商品を作っている会社で、日本には実店舗はなく、ネットでも直売サイトや大手のショッピングサイトで扱っているだけなのです。

で、このデジカメ UDC-7Mは楽天やアマゾンでも購入することができますが、サイトの画像でボディの写真をみた感じでは
「50年代風のレトロでモダンなミッドセンチェリーな感じ?」 または「70年代後半のアナログなテクノっぽいイメージ?」などと、一般の日本の電気メーカーが出しているデジカメと比べると、かなり個性的な風貌というか、一度見ると忘れられないインパクト!

ところが実物はシルバーの部分が、写真のような白っぽい(アルミっぽい?)質感ではなくて、むしろ金属的で重厚な感じ。ほどよくキラキラ感もあって、黒や赤に塗装されている部分はほどよくマット。

本物は写真のようにオモチャっぽくはなく、もっとメタリックな質感です。

肝心のカメラのスペックや画質のほうはというと、光学ズームレンズで710万画素、動画も撮れるしモニターも大きめ。(でも画面はやや暗いかな?)


トイデジカメのようなかわいい外観でありながら、ちゃっかりいろんなことができそうです。

それでお値段のほうも、今は新品で1万5000円を切っちゃってます。(発売当時は2万5000円くらいしたそうです)

よくファッション関係や雑貨好きのひとが持っているフィルムカメラ「ホルガ (HOLGA)」とか「ロモ(Lomo)」は外観はかわいいし個性的な面白い写真が取れるけど、真ん中が丸く明るく写って、周りがボワ~って暗っぽく写るのがどうも好きじゃなかった。トイデジカメでも「ビスタクエスト」もそういう写りですよね。あの独特の質感がいいというのもわかるけど、普通に風景写真とか人物を写すのに向かないような気がする。

かといって写りのいいデジカメでデザインが好きってなると・・・「ライカ」や「ミノックス」。うーん、それは高い。パナソニックの「ルミックス」やキャノン「IXY」でもいいんだけど。もっとお気楽であまり人が持ってない穴場のようなデジカメはないか~!

と探していたときにこのユニデンのデジカメがヒットしたわけです。

ヤフーオークションでルミックスの「DMC-FX33のショコラブラウン」も落札でがんばったりしたけど、結局お値段的にもレアさでも、この「UDC-7M」に軍配があがりました。

ボディカラーを黒にするか、赤にするかわりと悩んだ末に黒に決めました。今思うと赤もかわいかったかな~。

デジカメはいろいろと試したわけではないので、このカメラがベストかどうか正直なところわからないけど、意外と機能がたくさんあっていじるのが面白いです。



■楽天やアマゾンのレビューではなかなか高評価が付いています。

楽天のユニデン「UDC-7M」レビュー

アマゾンのユニデン「UDC-7M」レビュー


■実際の画質については、このカメラで撮った写真を公開しているサイトもあります。わりとソフトでいい感じだと思います♪

はてなフォトライフ - 機種別写真 ユニデン「UDC-7M」
フォートラベル みんなの海外旅行写真 ユニデン「UDC-7M」で撮った写真


で、はじめてのデジカメと思えないくらい馴染んでますわ。フィルムカメラよりPCで使う分にはかなり便利というか、意外といいと思ったのはフィルムがいらないところね(笑)。

このブログが、いつのまにかオサレな♪フォトログに変わっていたらゴメンなさいね~。←嘘、うそ。

2008年05月30日 | つぶやき | こめんと 1件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。