スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

モンマルトルでプチ・ヴァカンス!




・・・連日連夜のホームページ作成に疲れきっているので、今日は憩いを求めてヴァカンスシーズンに訪れたモンマルトルの写真をお送りします!

上の写真はテルトル広場方面からサクレ・クール聖堂を見たところです。




テルトル広場といえば、絵描きさんがたくさんいることでも知られていますね。
広場の周りにはお土産屋さんやカフェ・レストランなどが軒を並べ、たくさんの観光でいつも賑わっています。




サクレ・クールはいろいろな通りの建物の屋根の上から、松ぼっくりのような部分を覗かせています。




正面広場から見るとこのとおり。観光客でぎっしり☆




横からの様子も。

モンマルトルの丘は東京でいうと浅草のようなところでしょうか。
観光客は多いけど全体的にのんびりしていて、パリの中心部に比べるとゆっくりと時間が流れているようです。




こちらはシャンソニエの「ラバン・アジル」
田舎風のかわいらしいたたずまいで、うっかりしていると見過ごしてしまいそうなくらい小さな家です。




近づいてみるとこんな感じ。このピンクのお家はパリの典型的なアパルトマンと違って、地方でよく目にするひなびた一軒家のようです。

このお家の裏手には小さなブドウ畑が広がっています。
この裏の畑で赤ワイン用のブドウが作られているってご存知でしたか? パリ産のワインってほとんど聞いたこともなく、日本ではまず飲めないのですが、フランスの一部のレストランなどで飲むことができるそうです。
あまり美味しそうな気がしないのですが・・・パリの気候で赤ワインが作られているっていうのもびっくり。希少価値があるのでお値段は結構高めだそうです。




さて、モンマルトルといえば、やはり坂道の多い町というイメージですね。急で長い階段がいたるところにあります。
鉄の手すりと街灯、石畳、まるで映画の1シーンのような風景ですが、残念なことに、落書きが多すぎるかな。。。

建物の向こうには、パリの町並みが遠く、青く広がっています。

わたしが住んでいたのはパリの左岸だったので、たまにモンマルトルに来るとちょっとした旅行気分を味わうことができました。
都心には珍しいかわいい一軒屋などもあり、天気のいい日にお散歩するのも素敵です。

旅行で訪れたモンマルトルの前記事もどうぞ♪ 春と夏でまたちょっと感じが違いますね。

スポンサーサイト

2006年08月02日 | パリの出来事 | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

真夏のバガデル公園




いやぁー、フランスはすっかりヴァカンスシーズンに突入しましたね!
今、NHKの「世界遺産 フランス縦断の旅」を観るのに忙しいわね。ビデオに撮っていて、今日やっと二回目のパリをみたところなんだけど(笑)、そしたら「気温が35度」って言うじゃない。この夏も暑いのねー。

というわけで、今日は真夏のパリ。留学していたときに行ったバガデル公園の写真をお届けするわ♪

しょっぱなのキオスクの前で撮った写真から、バラも暑さに枯れてますけど☆




こちらの建物はオランジェリー。この日は中でピアノのコンサートが開かれていました。ドアを開け放していたので園内にはピアノの音がかすかに響いていい感じでしたよ♪

バラは、だいぶ枯れてたけど

訪れるシーズンとしては、6月くらいがよかったのかな(笑)。

とにかくこの公園、ブーロニュの森のなかにあるんだけど、とても広くてね、どこまでが庭園なの? って感じでした。周りは高級住宅街なだけに、ほんとエレガントな公園でした。

こんなエレガントな方も歩いてました。。。




孔雀が野放し、放し飼いにされていて驚きました☆




カメラを構えて追いかけていると、羽を広げてサービス♪ 
飼いならしましたよっ。(もともと人間に慣れているだけかな。。。)

ところで、日本にも「河津バガテル公園」という、このバガデル公園を再現した公園があります。オルサさんの記事、コチラコチラで知ったのだけど、ホームページの写真をみると、パリの本物のバガデル公園にそっくりです!

コチラから、河津バガテル公園の園内の写真がみられます。

オランジェリーと、キオスク、同じですよね☆

あと、日本のバガデル公園でオリジナル香水を作れるそうなんだけど、ゲランからこの公園をイメージして作られていた「ジャルダン ドゥ バガテル」(Jardins De Bagatelle)という名の香水がありました。日本では未発売だそうです。コチラから

チューブローズを基調としジャスミン・マグノリア、ガーデニアなどのフローラルノートの可憐で瑞々しい香り 一日中ハッピーな気分に包まれます」ですって。

(それにしても、リンク先の下のほうの説明文が怖いわね。英語を訳したのかしら☆)

★フランスのバガデル公園の写真はコチラからどうぞ。クリックで拡大します。

やっぱり、そっくり☆

2006年07月21日 | パリの出来事 | こめんと 10件 | とらば 0件 | とっぷ

エッフェル塔の下には




「桜の樹の下には屍体が埋まっている・・・」と書いたのは梶井基次郎ですが・・・、←あんまり関係なかった☆
今日はエッフェル塔の下にはなにがあるのか!? という話題よっ。

パリは高い場所から望むと、また違った感じで面白いのよね。わたくし、エッフェル塔には二度登ってますが、エレベーターが斜めっていて変な感じなのよね。いろんな国の人とぎっちり詰め込まれるし、降りるときヒューって気持ち悪いしね。。。登ってみれば、ガラスなどなくて吹きさらしだし。。。高所恐怖症のひとにはお勧めできませんね。




塔の根元にはお土産屋さん。絵葉書とエッフェル塔グッズなど・・・東京タワーのお土産屋とおんなじようなノリ?
で、あとはいろんな国の観光客たちがウジャウジャと・・・、そして黄色い郵便ポストも立っています。

エレベータで展望台の上に上ってみると・・・




一番上の展望台からみたシャイヨ宮。高い位置から眺めると、まるで白亜の宮殿のようですね。
街が放射線状に広がっていて美しいです。




展望台は三層になってて、一番下の階から日が暮れた頃(今頃のシーズンなら夜9時を過ぎても明るいので、暗くなるのは10時過ぎかな)シャイヨ宮をみるとこんな感じ。
バックには、デファンス地区の白い新凱旋門と高層ビル群がみえます。




さてさて、ゴールデンウィーク(もちろん、フランスにはそんなものないけど)のシーズンに旅行に行ったとき、シャイヨ宮の庭の周りはお花見状態でした。といっても大勢で騒ぐ人はなく、まったりと時間を過ごすようです。




シャイヨ宮のテラスに行ってみましょう。ここからのエッフェル塔の眺めはすばらしいです。
この建物は1937年、パリ万博のために建てらました。なかには海洋博物館、人類博物館、国立シャイヨ劇場、映画博物館、国立フランス文化財博物館など、盛りだくさんです。




近くでみると・・・なんか、落書きがすごかったんですけど・・・↑

シャイヨ宮の反対側、ちょうどセーヌを越えた正面にはシャンド・マルス公園が広がっています。




あ~らっ、かわいい子馬さんたち。
子供たちを乗せる観光用のポニーたちね♪




なんか違うぞ。 ロバっぽい!?

この「えせポニーたち」は友人たちの間でもちょっとした話題でした(笑)。「馬だ!」「いや、ロバだ!」「両方混ざっているんじゃないのか!?」など、など。。。←どうでもいいような。

「地球の歩き方」を見ると、「ロバ」になってましたが(笑)、この子達っていつも物憂げで、背中ではしゃく子供たちと対照的で、この公園にくるたび妙に気になっちゃうのよね。。。とっても憂鬱そうなのよ。いつ見ても哀愁に溢れていて。。。
しかも、パリに留学していたとき、この公園から結構近いところに住んでいたんだけど、彼らの小屋が近所にあるみたいでね、日が暮れるころ、仕事を終えて♪ドナドナ状態でおじさんに引っぱられて家に帰る途中の彼らと遭遇しちゃうのよ(笑)。ええ、15区の住宅街の裏道で、おじさんに引かれてる4,5頭の小さなロバたちが、ぽっくら、ぽっくらと、うなだれて歩いているじゃありませんかっ。

「華の都の光と影・・・」←大げさなっ。


・・・ところで、昨日こんなのみつけて笑ってしまいました。
検索してて「あれっ、いつものWikipediaと違う???」と思ってたら、「Chakuwiki」だって☆

Chakuwikiとは?
バカが、バカなテーマで、バカな情報を集める場です。誰でも内容を編集でき、新しくページを作ったり、画像をアップしたりできます。新しいテーマを追加する時は、メインページなどを編集してください。ただし、くだらない物をお願いします。
」だってさ。

★こちらのサイトで「パリ」を検索してみた。コチラ

いきなり、「パリジェンヌは平気でワキ毛を出す」から始まってます(笑)。

★「フランス」の項目はイヤミっぽい? コチラ。←納得できる記述もあることはある・・・。

★「モナコ」でみたら、こんなの・・・(爆笑)。コチラ

そのモナコ王室後継者のアンドレア王子はめっちゃ美男子
禿ている王室男子もいる」←アルベール大公だっ。


いやぁー、しかし、これからやっとお花見が出来るかって感じですよ、わたしの住んでいるところは。。。週末は晴れるといいな♪

2006年05月12日 | パリの出来事 | こめんと 9件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。