スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

フランス雑貨翻訳コンテスト*結果編

興味のある方はすでにチェック済みだと思うのですが、23日に発表になったアメリア・ネットワークの「フランス雑貨翻訳コンテスト」の報告をします。

この企画面白いと思うのですが、ただ個人的に残念なのはフランス語と英語の両方から翻訳可能だという点。
レーティングのときも少なからず思っていたんだけど、みんなの訳文を見てみると、英語から訳している人がほとんどだったような・・・まぁ、気を取り直して紹介しますが。

見事一位に輝いたのはこの訳!

わたしが一押しだった訳は惜しくも二位でした。

レーティングのコメントのところで、最後に「座布団一枚!」と言っているのがわたしです。(笑)
しかし、レーティングのみなさん手厳しいですね。わたしはポンポン4とか5とか評価付けてたけど、一位の評価の平均が3点ちょっとなんてねぇ。
あと、今回初めてだったので知らなかったけど、レーティングの人はコメントのところに名前が出ないのですね。じゃあ、今度参加するときはちくちく行こうかしらね♪

上位20名の訳文をあれこれ読み比べてみるのも面白いと思うけど、タイトルだけみてもいろいろありますね。これは画面でやるのはきつそうなので、今度プリントアウトしてゆっくり読み比べをしてみようかな。

ところでこのサントゥアンの蚤の市(前回クリニャンクールと同一の蚤の市だということを書きましたが)、訳文によると「天井はガラス張りの巨大な鉄骨製の建築物」とのこと。なんとなくレトロなイメージでいっぱいですね。わたしの想像ではアールヌーボー調?って感じなのですが・・・。
そういえばこの蚤の市「地下鉄のザジ」でザジがエロじじぃ怪しげな紳士に古着のジーンズを買ってもらうところですよね。ここは、東京で言えば「花やしき」みたいにフランス人にとってもノスタルジー溢れる場所なんじゃないのかな。わたしは行ったことがないが・・・。
そうそう、パリに留学していたときちょっくら知り合った日本人の男の子が、そこで日本円にして800円くらいでジーンズを買ったって自慢していたような。その男の子、ヘアメイクの勉強にパリにやって来たみたいだったが・・・アフロ・ヘアでした。(笑)
さすがにパリでアフロは目立つよな・・・(っていうか、他にそんな人は目撃したことありません)。安く髪を切ってくれるので、友達は彼を専属の美容師にしていたような・・・フランス人の美容師は毛先をぶっつり切るとかで、勉強で来てる日本人のほうがうまいし良心的だとの噂でした。まぁ、どうでもいいような話に脱線してしまいましたが。(笑)

さぁて、あなたには「星の王子さま」の弟五章の翻訳が待っています。(涙)
週末はこのプロジェクトのせいで、いつも気が気じゃない夜を過ごしています・・・。

スポンサーサイト

2005年06月25日 | フランス雑貨翻訳コンテスト | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

フランス雑貨翻訳コンテスト*レーティング編

実はわたしはアメリア・ネットワークの会員でもあります。
さっき「異邦人」の記事を書いた後、休むまもなく「フランス雑貨翻訳コンテスト」のレーティングに参加してまいりました。
今回は翻訳のほうではなく、レーティングのみの参加。このレーティングというのは、つまりみんなの訳文を5段階で評価するというもの。60人くらいの訳を、今、一気に読んで、気に入った訳には(6,7人かな)コメントもしてまいりました。
こんな審査員みたいなことは初めてやったのだけど、素直な感想をいうと、和訳と言うのは結局のところ日本語力なのね・・・。
蚤の市の紹介文なので、読んで行ってみたい気になるような楽しい訳、あとはわかりやすいってことが大切かな、やっぱり。文学的な表現を使った訳もたくさんあったけど、誰にでも読みやすいっていうことが要求されるのでは? と思いました。
そんなにボリュームのある文章でもなかったので、思ったより早く終わっちゃいましたが、このコンテストの結果は23日に出るということなので、そのときにはまたここで記事にしようと思っています。

ところでこの雑貨翻訳コンテストのテキストに使われているのはパリのサントゥアン蚤の市とのこと。調べてみたら、サントゥアンというのはフランス最大の蚤の市。あれ、クリニャンクールがいちばん大きかったような・・・って思ってたら、実はこの二つ同じ蚤の市だということが判明。
日本ではクリニャンクールと呼ばれているが、フランスではこれをサントゥアンと呼んでいるらしい。へぇー、今日もひとつ賢くなりました。
わたしは蚤の市でお買い物したことってないのですよ。偶然、旅行で泊ったホテルがモントルイユの蚤の市の真ん前にあったことがあって、そこをぷらぷらしたことはあるんだけど、なぜか黒人さんばかりいたなぁ。南仏でもよく骨董市みたいなのに出くわしたけど、何も買ってない!
ま、それはいいけど、この「フランス雑貨翻訳コンテスト」にはレーティング賞なるものがあるらしい。賞品のシルバーのエッフェル塔のついたキーホルダー、蚤の市っぽくてかわいい♪
ちょうだい。アメリアさん♪とか、言ってみたりして(笑)。

2005年06月21日 | フランス雑貨翻訳コンテスト | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。