スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

マントンとジャン・コクトー

秋の気配を感じる今日この頃ですが、もう少しコート・ダジュールのお話は続きます。
今日はイタリア国境のある町、マントンです!




まずは南仏らしい赤壁のお家からどうぞ。町の東側の丘に登ると高級住宅地になっていて、ここから見る海はとてもきれいです。
ここ、マントンは付近のニースやカンヌといった大きな町に比べると、町もきれいで洗練されたイメージ。訪れる前は田舎の小さな港町を想像していたのだけれど、思ったよりも大きな町で見所も盛りだくさんです。




やはり、わたしには丘の上の高級住宅地より、こういう素朴な旧市街のほうがしっくりするかな(笑)。後ろにニョキって頭を覗かせているのは、サン・ミッシェル教会、この町のシンボルのような存在です。




オフィス・ドゥ・ツーリズムでもらったパンフレットの写真もアップしてみました。上の写真は海から旧市街地を望んだもの。夏の華やかさと、どこかエキゾチックな雰囲気がかもしだされていますね。




こちらもパンフレットから。海辺で遊ぶ子供たち。まさに「joie de vivre」=「生きる喜び」といった感じです。




パンフレットから地図もアップしてみました。
読みにくいと思いますので、右から「ヴェンティミリア」「マントン」「ロックブリュンヌ・カップ・マタン」「モナコ」「ボーリュー・シュル・メール」「ヴィルフランシュ」「ニース」「カーニュ・シュル・メール」。
そしてこの地図よりさらに西に行くと、「アンティーブ」「カンヌ」「サン・トロペ」「トゥーロン」「マルセイユ」・・・と続いていくわけです。

コート・ダジュールはこのトゥーロンからマントン間を指すのが一般的だそうです。わたしが海が特にきれいだな、と感じるのはアンティーブからマントン間です。同じ地中海でもその町によって、いろいろなビーチや港を持っていて、それぞれが個性的でした。

さて、マントンといえば、この芸術家です。




これはサンポールの小さなアートギャラリーのような雑貨屋さんで買ったジャンコクトーの切手シートです。そのとき、わたしは「星の王子さま」の切手シートも一緒に買いました(笑)。

ところでジャンコクトーのイメージで作られた人形がいっぱい出てくる面白いサイトを見つけました。他にもいろいろなアーティストや作家などがお人形になってます。音楽付きです♪ コチラから

さて、市内にある市庁舎には彼が内部装飾をしたことで有名な「結婚の間」(salle des mariages)があります。




これもパンフレットから(笑)。↑

勢いよく建物の前にきて、ボーゼンとしてしましました。なんとドアの前には「本日休館」の張り紙が。。。

すぐに気を取り直して、わたしは港のほうへと向かいました。




この海辺の城塞は「ジャン・コクトー美術館」です。こちらもパンフレットから頂戴しました。
この城塞、実際に入ってみるととてもこじんまりとしていました。まず入ってびっくりしたのは受付のおばさんたちのすごい大声のお喋り!
館内に響き渡っていました(涙)。美術館はとても空いていたのですけど、あのおばさんたちのせいで、ムードもなにもあったものではありませんでした。
で、肝心の貯蔵作品のほうはというと・・・うーん、ここがフランスでも代表的なジャン・コクトーの美術館なのよね???と疑問を感じるような空間。ま、はっきり言っていまいちでした。。。
生で見たコクトーの絵画はどうも色使いなどが、いまひとつ好きになれませんでした。ちょっと暗めのトーンで独特な世界観があるなぁとは思ったのですが、どうりでコクトーの絵画(デッサンやリトグラフは除く)をコレクションしている人がいないのはこのせいかなーとか勝手に納得しました。作品自体も少ないのでしょうけど。。。

城塞を出て、しばらくマントンの海辺を散歩しました。すると一人旅をしているらしい日本人の女の子がベンチに座って、わたしが持っているのと同じパンフレットに見入っていました。
「これから、彼女もコクトーの美術館に行くのかしらね。。。おばさんたち、まだうるさいかなー。それにしても今日ってツイてないなー」と思いつつ、ただ潮風に吹かれながら歩いてゆくわたしであった。。。おしまい。

スポンサーサイト

2005年08月29日 | コート・ダジュールの思い出 | こめんと 9件 | とらば 0件 | とっぷ

超訳・星の王子さま!?

まだまだ、わたしは修行が足りませんでした・・・。今さっきまで知りませんでした。「超訳 星の王子さま」の事を!!!
みなさん、知ってました?

現在アマゾンで予約受付中。。。発売は11月らしいのだけれど。怪しいですね、コレ(笑)。
ちなみに「超訳」とはなんじゃ?って方はコチラに定義が載っております。

訳文の正確さを犠牲にしてでも読みやすさ・分かりやすさを優先させる翻訳手法

ですって! インチキOK~♪

で、この翻訳者(!?)の辛酸なめ子って???・・・と思って検索したら、出てくる、出てくる・・・。

まずは「デイズド&エキサイト」から。これはなんでしょ? ご自身のブログなんでしょうか・・・?

そして、こんなのも。「「辛酸なめ子INTERVIEW」。この方は漫画も書くのね・・・? 

さらにこんなのも「女・一人日記」。池松江美というのは本名らしいです・・・。アラーキーっぽい写真ね。。。

ついでに、こんなのも「辛酸なめ子の気になる人々」。あんたが気になるよって感じだけど(笑)。これ、有料ムービーもあるので気をつけてください。一番下の無料のやつだけ見ましょう。いきなりセーラー服姿だし(笑)。コチラから。なんとなく彼女の空気感が伝わったでしょうか?

で、「超訳」って他にもあるの?って思ってアマゾンで調べたら、異常なまでに「六法シリーズ」がズラズラ~って出てくるばかりで、めぼしそうなのがない・・・。そんななかで、唯一おもしろそうだわって思ったら「18最未満お断り」の字が。。。このブログで紹介していいのかしら?
・・・いいのよ♪ コチラから→恋の百面相 超訳版―性の秘本コレクション〈19〉
いかにもいかがわしそうだけど。。。いや、わたしは読みませんよ!! でも、なんとなくヨーロピアンなかほりが・・・別に怪しくないでしょ?

辛酸なめ子のほうが絶対怪しいですよねっっ???

ある通りすがりに見たブログで、エディ・マーフィの「星の王子・ニューヨークへ行く」の日本語タイトルは、まるで「星」に関係ないじャないか、サン=テグジュべりにあやまれ!と、たいそうお怒りになっている方がいましたが・・・、今回はどうなるんでしょうか・・・ね。

2005年08月28日 | 本の話 | こめんと 12件 | とらば 1件 | とっぷ

新訳・星の王子さま 第12章

うーむ。今回もつわものぞろいですねぇ。いつも講評から、わたしは見るのですが、12章は文が短いのでたくさんの募集があったようですね。前回のオカマもすごい!と思ったけど、今回の関西弁もすごいなーと思いました。わたしには思いつきません(笑)。ね、TKさん。。。久々のご参加と思いきや、はじけましたね、お酒飲みながら訳したみたいだ(笑)。だてに「テキーラウォッカ」じゃないのですね。。。

今回もみなさんの遊び心には楽しませていただきました! くりしぇさんもさらりとした訳ながら優秀作品に入っております。わたしの場合、特にキャラ設定はなく、ほとんど読んだままって感じなのですよ。。。それでも、いつか、はじける日がくるのだろうか???

それより、わたしにはこのプロジェクトに参加するに当たり、ひとつだけ後悔していることが・・・それは、下の訳者紹介の「星の王子さま的タイプ」をこの呑み助にしてしまったこと。。。最初、まぁ、「王子さま」とか「飛行士」なんかはみんな選びそうだし、ちょっと「呑み助」にでもしてみるか♪みたいな感じだったのですけど。。。
「呑み助」って、本のイラストを見るとこんなでした・・・↓




          いやですぅ!!!

・・・ちなみに、この「星の王子さま的タイプ」は10タイプ用意されています。あなたはどのタイプ?

・王子さま (素直で純真)
・飛行士  (子供の心を忘れない)
・キツネ  (探究心旺盛でかしこい)
・ヘビ   (不思議な魅力いっぱい)
・点燈夫  (ボランティア精神旺盛)
・地理学者 (知的欲求が強い)
・実業家  (現実的な能力が強い)
・バラ   (華やかでプライドが高い)
・王さま  (わがままだけど憎めない)
・呑み助  (のめりこみ体質)

わたしはこの呑み助の(のめりこみ体質)っていうのが良いかなーと思って選んでみただけで、決して大酒飲みではありませんので。。。誤解のないように(笑)。ま、ワインは好きですけど、まるでウンチクなどないし・・・、フランスにいたときは毎日食事のときに飲むのが当たり前という生活でしたが、最近はたまーにしか飲みません。今日はたまたま赤ワイン飲みましたが。おかげで、今なんか眠いです。。。力の入ってない記事になってやしませんか(笑)???

2005年08月26日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 32件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。