スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

古都ルーアン探索 ①大聖堂編 




今日から数回に分けて、古都ルーアンの建築を中心としたお話をします。写真はフランスで買ったガイドブックから頂いております。繊細で美しい風景をお楽しみください。

ルーアンはノルマンディー地方の首都、街はセーヌ川を中心に広がり、古い建築物など観光的な見どころとしては旧市街にあたる右岸に集まっています。

ルーアン大聖堂(Cathédrale Notre-Dame)、地元ではカテドラルと呼ばれているこの壮麗な教会。上の写真はセーヌ河を背にして見たところです。フランスにあるゴシック建築で最高といわれているもののひとつであり、着工したのは12世紀、完成するのに400年の歳月がかかったいうこの教会はフランボワイヤン・ゴシック様式の装飾が美しい。火災、戦争で絶え間なく修復されたという歴史をもち、尖塔は高さ150メートルもあり、これはフランスで一番の高さを誇っています。




ルーアンの街には、この大聖堂の他に沢山のゴシック様式の教会があります。上の写真はサントゥアン教会の小尖塔から大聖堂を望んだものです。




これは13世紀に作られた入り口上部のモチーフです。聖ヨハネの死を描いたものらしいです。




正面の門にはこのような美しい聖女たちの像があります。いちばん右の聖女の肩に魔物のようなものが乗っていますね・・・




そしてこんなユニークな装飾も。la truie philosopheと記されているところをみると、これは「達観した豚」といったところなんですかね。14世紀に作られたものです。あと、豚のモチーフといえば、翼の生えた豚もたまに教会のモチーフになっているのを見たことがあります。

この大聖堂の向かいにあるのは、現在この街のオフィス・ドゥ・ツーリズムになっている建物。元々は店舗として使われていてたのですが、ここの二階は画家モネが一時アトリエとして使っていました。




そうです。この大聖堂を語るときに忘れてはいけないのが、画家モネが1890年代前半に30点以上もの連作を描いた作品群の存在です。そのほとんどが同じ構図で描かれ、時間や天候による光の変化を淡い色彩で追い求めています。

わたしはこのモネの大聖堂の絵をオルセーで見る前に、東京の現代美術館でロイ・リキテンシュタインが60年代に製作したこの大聖堂のリトグラフを見ていました。うーん、もし自分が部屋に飾るとしたら、モネよりリキテンシュタインのほうがお似合いかなぁ(笑)。
こんな渋いの自分の部屋には飾れませんねぇ。↓




夜にライトアップされた大聖堂の様子です。ルーアンにホームステイしていたとき、週末によくパリに遊びに行ったものですが、帰りの列車の窓から、この大聖堂が輝いているのを見て「帰ったー」と安心感を覚えたものです。
この大聖堂では正面の壁を使ったハイテク技術満載のライトショーが昨年より夏の期間、毎晩のように行われているそうです。 そのほかにもフランスではロワールのお城でもライトショーをやっていたような。




ノルマンディー地方には戦争の被害により破壊した建築物がいまだに沢山残っています。ヴィルキエという小さな町にはジュミエージュ修道院(Abbay de jumièges)の壮大な廃墟が残っています。「フランスで最も美しい廃墟の一つ」といわれているその建築物は7世紀に作られたものです。わたしは偶然バスのなかから見たことがあるのですが、あまりのスケールの大きさと、その破壊ぶりに、一瞬、お城の遺跡かなと思ったほどでした。
ルーアン大聖堂も火災や戦争で何度も破壊され、大掛かりな修復作業を長い間続けています。内部のステンドグラスに至ってはほぼ修復不可能に感じました。薄暗くかび臭い内部は天井ばかりが高く、なにもない空間のように感じました。
壊れたものにたいする憧憬のような念を、退廃的な美に満ちているこの大聖堂に感じます。フランスには他にも世界遺産に指定されているシャルトル大聖堂や、あまりにも有名なパリのノートルダム寺院、規模の大きなものではモン・サン・ミッシェルなど素晴らしい宗教建築が残されています。わたしもそれらは実際に訪ねて見ているのですが、個人的にいちばん思い入れが強いのはこのルーアン大聖堂です。
ルーアンに留学しているとき、学校帰りに毎日のようにこのあたりを散策して大聖堂を眺めました。見る角度や天気によっていろいろな表情を見せてくれました。

あれから修復も進んで、今ではきれいにお色直しされたのかなぁ。なにか壊れそうな危なげな感じがよかったんだけどな。。。

★追記★

ガイドブックの写真がどうもこぎれい過ぎて、自分の肌で感じたのと違うような気もするので、自分で撮った大聖堂の写真もアップすることにしました!




この大聖堂、街中の建物が入り組んでいるところに建っているため、なかなか全体像を撮るのが難しいのですが、周りの建物とのギャップがまた面白いかなと思います。上の写真の手前には八百屋さんがあります。




そして、こちらの写真を見ていただくと、よりこの大聖堂の「退廃的な感じ」「戦争などから受けた傷跡」を感じていただけるかな。正面の中央は真っ黒だし、周囲の壁面もだいぶ傷みが激しいです。
この写真の上部は過去記事にもアップされています。コチラから

いかがでしたか? この大聖堂の良さを伝えることができたかなぁ。

スポンサーサイト

2005年09月29日 | フランス地方の旅 | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

新訳・星の王子さま 第16章

いやぁ、驚きました! 今回の講評です。

投稿者の常連のなかには,ブログをつくっておられる方々もありますが,ちょっと通りすがりにのぞいてみたら,この翻訳コンクールについて,「色キャラだと大賞になりやすい」という発言がありました.大賞すなわちパイロット賞のことですね.色キャラ...なるほど(以下略)

それって、ひょっとしてこのブログのことですか!?

「色キャラだと大賞になりやすい」という発言なんてあったかな?
で、調べてみました。本文中、わたしは「色キャラ」という言葉は使っておりません。と、いうことはコメントのことをおっしゃっている!?
で、また調べてみました。が、そのような発言はありませんでした。もし、このブログのことを言っておられるのであれば、きっと、コメントをくださる参加者の方が謙遜して冗談交じりに言ったことを誤解なさっているのだと思われます。
というか、そもそも、このブログにそんな影響力なんてあるのかな?
他にこのプロジェクトに参加なさっている方のブロクもわたしは他に二つ知っていますが、そのような発言はありません。ということは、まだ他にブロクをやっている方がいらっしゃるのでしょうか?

このブログを書いている「しゃるろっと」の立場から言わせていただくと、わたしはコメントをくださる方々が大好きです。このブログをはじめてからまだ四ヶ月もたっていませんが、わたしは寄せられてくるすべてのコメントにお返事をしました。もともと自分が書きたいという想いではじめたブログです。本当に読んでくださっている方、コメントをくださる方には「ありがとう!」を連呼したいくらいです。だから個人的にはアクセスの数とかそういうことはあまり気にしていなかったので、まさかこのブログがある程度のアクセスのあるブログになろうとは思っていなかったのです!
確かに設置しているアクセス解析によると「星の王子さま」関連で訪れる方が多いのは確かですし、このプロジェクトの結果がアップされる前後にアクセス数が増えるということも、わたしは承知しているので、まさにこのプロジェクトのカテゴリーのファン(!?)の方も沢山いるのだと思います。

「くりしぇ」の立場から言わせてもらうと、最初にこのプロジェクトに参加した頃、まさか自分が優秀賞をいただけるとは思わなかったので、本当にうれしかったのです。なかなかフランス語の翻訳の勉強といってもなにからはじめていいのかと思っていた矢先に、偶然、箱根の「星の王子さまミュージアム」のホームページからこの企画を知って、ぜひやってみたいと思ったのが参加のきっかけでした。
翻訳に関してはコンテストに参加する以前にもっと原文を読んだり、それ以前にフランス語の勉強のほうでも、まだまだ課題が多いですし、このような企画に参加できるだけでも楽しいのです。そして今後もっとこのような企画が増えて欲しいと願っていますし、フランス語の勉強は一生やっていきたいと思っています。

ですので、このブロクを通りすがりに読んで、もし誤解なさって気を悪くされている、もしくはこのブログの些細なコメントの影響力(!?)のようなものを危惧されて書かれた文章だとしたら、とても心外に思います。そうでなければいいのですか・・・。

わたし自身、オープンな人間ですので、どちらかといえばはっきりものをいってしまう性格ですし、例えば、このブログをはじめてから四件の「未公開コメント」というものをいただきましたが、別に未公開にしなくてもいいのになぁと思うような素敵なコメントばかりでした。
ブログを運営するにあたってもちろんプライバシーというものは大切にしたいと思いますので、それについてはそっとしておきますが、コメントというものはある程度私的なことを書いてしまう場合もありますし、はっきり言うと、通りすがりの方に興味本位で見られたくない場合もあります。コメントをされる方もそう思っていると思います。
ですので今回の「講評」についてはいい感情を持てません。「くりしぇ」はショックを受けましたし、「しゃるろっと」もがっかりしました。。。
たくさん寄せられる訳文を選考される方々のご苦労を理解した上で、わたしも、コメントをされる方々もワイワイやっているのですし、結果よりも自分たちの訳文の出来のほうを気にしているのだと思いますよ。そして「星の王子さま」とその作者サン=テグジュペリのことを理解したいと頑張っているのです。

最後にもう一度だけ、「色キャラだと大賞になりやすい」という発言は、このブログに関してはありません。

・・・おっと、忘れてました!

くりしぇの訳文です!

そして、みみずくさん、やはりいただいてましたねー!
おめでとうございます! あなたのファン弟一号★認定されて嬉しいです!

今日は、もう、みっしり書いてしまったので訳のお話は次回で許してくださいねー。

2005年09月26日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 41件 | とらば 0件 | とっぷ

ル・アーヴルの浜辺にて




フランス北部、英仏海峡にあるル・アーヴル(Le Havre)という町をご存知ですか?

16世紀にフランシス一世によって開かれ、第二次世界大戦によって大半が廃墟となりました。
その後にコルビジュエの師匠でもある建築家オーギュスト・ペレによって町は再開発されました。
カモメが飛び交うビーチは1.6キロメートルに渡って続き、ヨーロッパで5番目に広いといわれています。




ちょうどわたしが訪れたときは、どんよりとした天気のせいか、なにか宇宙の別な空間に置き捨てられたような気がしました。
見渡す限り石の砂漠といった風情。その砂漠の上に整然と姿を表す幾何学的な新市街のビルがSFチックなムードを醸し出しています。




観光客らしき人々はなく、ふらりと来て読書している人、止め処も無い会話を楽しむカップルなど、思い思いの時間を過ごしに来た人々の姿がまばらに見えるだけです。
海はこの広すぎるビーチから遠いようです。石の砂漠がどこまでも続くような錯覚を感じるほど。




海に向かって歩きました。真っ直ぐに続く板張りの遊歩道の上を・・・
空も明るくなってきました。




フランスに来て初めて見た海はこのグレイの海でした。
ちょっと訪れる時間が遅かったかな。
もうすぐ夕暮れに近い時刻。
それでも、どうして海を見るとこんなに優しい気持ちになれるんだろう。




夕日に照らされた船着場のヨットたち。
真夏でも、ここノルマンディー地方の海は海水浴に向かないらしい。
短い夏の名残りのようです。




ル・アーヴルの新市街は今年の7月にユネスコ世界遺産に登録されました。
フランスの世界遺産としては29番目の登録となるそうです。
このように近代都市、鉄筋コンクリートで出来た近代建築群が世界遺産になったのは初めてとのことです。

わたしの記憶のなかのこの淋しい浜辺も、今年の夏は世界中からの観光客で賑わったのかな?
浜辺でぽつんと回っていたメリーゴーランド、その古ぼけた音楽とカモメの鳴き声。戻らない夏。忘れられた浜辺。
永遠ってなんだろうね。

2005年09月26日 | フランス地方の旅 | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。