スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

新訳・星の王子さま 第25章




最近、結果がアップされるのが早いですね~。25章です!
今回のパイロット賞はプティムートンさんです! このブログのコメント欄にやってくる方で、この賞に輝いた方々、なんだかんだで4人目ですね。優秀作品のなかにはoomotさんも。

おめでとうございます!

そして、今回のくりしぇさんの王子、ちょっと偉ぶったキャラにしたので読んでね♪ 今回はかわいくないのよ~。

以前21章の記事でいろいろな方の名前を出して訳の読み比べをしたからでしょうか、実は参加者の方からメールをもらったりもしました。いろいろ勝手にいじらせてもらってますが、内容としては好意的なものばかりです。恐縮だとまで言う方もいました☆

・・・というわけで、今回も勝手にいじらせてもらいます♪ みなさんの訳文には今回もクスリとしたり、うなったり(!?)しました。さあ、読み比べてみましょう。

今回は、プティムートンさんからいただいたコメント「Douxという単語は意味が広くて難しいですね」や、oomotさんからいただいたコメント「doux は、この後の章でもくせものですねー」を受けて、「C'était doux comme une fête」の部分、内藤濯さん訳で「お祝いの日のごちそうでも食べるように、うまかったのです」の部分を、みなさんの訳文で読み比べてみました。
これが実にいろいろな解釈があって、わたくし、本当にうなってしまいました☆
今回は38人全員の訳を載せてみました。分類するのも難しかったのですが、ざっとこんな感じでしょうか。


★この形容詞のdouxを「もの」と解釈した人★

「それは祝宴のように甘美なものでした」=葦野美保子さん

「それはお祭りのように甘味なものでした」=ベルさん

「それはまるでお祭りのようにたおやかなものだった」=ケセラJさん

「それは、お祝いの時の、うれしい贈り物のようだった」=あぱさん

「お祝いごとのお菓子のように、それはすてきなものだった」=ラ・パンセさん

「それは祭りの日の食事のように心にしみるものだった」=deuxさん


★「水の味」「水のおいしさ」と解釈した人★

「お祭りの日のごちそうのようにおいしい水だったんだ」=ももんがさん

「それはお祝いごとで飲むみたいに美味しかったのです」=くりしぇ

「それはまるでパーティーのごちそうのように美味でした」=Mihoさん

「それは、お祝いのときのお菓子のように、おいしかったのです」=砂漠の三毛猫さん

「それはお祝いの日のように甘美でした」=milouさん

「それは、祝宴のもてなしと同じように、美味しく豪華だったのだ」=Neigeさん

「お水はまるで、パーティで出る飲み物みたいに甘かった」=みみずくさん

「まるで祭りのように甘い水だった」=hanaonaraさん

「水は、お祭りのような心地よい味がした」=ごまちゃんさん


★「状態」や「状況」と解釈した人★

「お祭りのように楽しかった」=mutsuさん

「それはお祭りみたいに楽しかった」=モヨ彦さん

「それはお祭のような喜びでした」=はつよさん

「なんだかお祭りみたいな楽しい気分になった」=うさクマさん

「それは、お祭りのように心はずむことだった」=プティムートンさん

「私はお祭りの日のようにわくわくしていた」=pashaさん

「これはお祭りより楽しかった」=chocolatineさん

「祝祭の日のように穏やかだった」=Niniさん

「祝祭日のように穏やかでした」=にっこりさん

「まるで祭日のように穏やかだった」=ナオさん

「聖なる日のようにおだやかだった」=vendredi13さん

「お祝いでもするかのように静かにです」=サハラの砂粒さん

「お祭りのようにすてきな気分だった」=Nさん

「お祭りのように、すてきでした」=みちよさん

「まるで何かのお祝いのように心地よかった」=りえぞうさん

「お祭りのときみたいに満ち足りた気分だった」=ももさん

「その様子は、何かうれしいことがあったときみたいに僕の心を温かくさせた」=malenaさん

「そのようすには、祝いの日のような、こころよいなつかしさがありました」=oomotさん

・・・この解釈の場合、その「状態」になったのはパイロットか、王子か、あるいは二人ともか、三通りも考えられますね☆


★「」と解釈した人★

「それは祝宴のように甘美な時だった」=こみちさん

「それは宴のように心地よい甘美な瞬間だった」=Cazさん

「心地いいひとときでした」=La Petite Princesseさん

「お祭りみたいに心地よい時間がながれる」=みゅうさん

「まるでお祭りに来た時のように穏やかな時間が流れた」=bichetteさん

・・・形容詞のdouxを仏和で引くと、いろいろな意味が載っています。
「甘い」「うまい」「穏やか」「心地よい」「静か」「心にしみる」「なつかしい」など・・・どの言葉を選ぶかによって、ずいぶん感じが変わってしまいます。

本当にいろいろな解釈が出揃いました。この部分はたぶん新訳でもいろいろに分かれているんでしょうね。なんだか読んでいるうちに、わけがわからなくなりました~☆

もう一度、この章はじっくりみなさんの訳を読んでみたいと思います。
では★

あ、感想文、書かなきゃ。。。星の編集長☆ユキちゃん(22才)からのお願い、みなさんも聞いてねっ(笑)。

スポンサーサイト

2005年11月30日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 22件 | とらば 0件 | とっぷ

続・ルーアン☆イルミネーション




さぁ、今日は再びクリスマスムード溢れるルーアンの夜の模様をお送りします。日が落ちた夜の街の写真をアップしてみました。
上の写真は以前の記事の三番目の写真と同じ場所です。わかるでしょうか?




こちらは旧市場広場に続く通り。薬屋さんの隣にある「extrapole★」というお店はわたしのお気に入りの本屋さんです。入口は小さいけど、中は広々としていて下は書籍とカフェ・スペース、上は文房具とCDなどを扱っていました。




同じ通りをもう一枚。
この写真をアップしていて気づいたんだけど、ルーアンの街には街灯がみあたらないですね。




こちらは大聖堂からほど近い通り。ポップな雑貨屋さんなどもありお気に入りの通りです。右端は靴屋さん、左側にあるのはパン屋さんです。




こちらは庶民的なビストロ。小さな窓には一枚一枚違った色ガラスがはまっています。カーテンは赤のギンガムチェック♪




こちらは右は陶器屋さん、左はオーダーの帽子屋さんです。
夜のウィンドーショッピングもいかがでしょう? 旧市街のあるルーアンの右岸の界隈は治安がいいこともあって、日が落ちたあともわたしは結構プラプラしていました。

この時期学校でよく話題になっていたのは、やはりクリスマスの過ごし方です。同じ学校の日本人の友達はほとんどホームステイをしていたのですが、なかにはこの「一年でいちばん大切な家族行事」に参加させてもらえない人もいました。わたしはラッキーなことに、ホームステイ先のパリの親戚の家のクリスマスに招待されたので、ホストファミリーと共に賑やかでフランスらしいクリスマスを過ごすことができました。
フランスではクリスマスは家族と共に過ごす日で、お正月は友達と過ごす日というのが一般的だと聞きました。日本とは逆ですね。
他に日本と違うなと思ったのは、クリスマスツリーも本物のモミの木で飾り付けていたこと。この時期になると花屋の店先には鉢に入ったツリー用のモミの木が並んでいました。飾りつけのモチーフとしては星や林檎やキャンドル、それに靴下、あとは金や銀のモールといったところでしょう。
あとは家の中にサントン人形を飾ることでしょうか。この人形はステイ先のマダムの説明によると、キリスト誕生のシーンを再現しているそうです。サロンの暖炉の前には小さな人形がたくさん並べられていました。わたしはこの人形の群れの中にアルノーさん(ステイ先のお父さん)のコレクションしていたアフリカの民芸調の人形を密かに加えて、長女のエマニェルと一緒にツボにはまっていました(笑)。

サントン人形についてはコチラを

ふむふむ。この人形ってプロヴァンス地方が発祥だったんですね。南仏でのクリスマスも興味深いです。フランス政府観光局のサイトによると、プロヴァンス地方ではこの時期サントン人形マーケットなるものも出現するらしい。いいな♪ パリのクリスマスもいいけど、今度は南仏の地方の小さな町のクリスマスも体験してみたいな。行事やお祭り関係は圧倒的に地方のほうが好きです。

クリスマスの出来事はまた、そのうちアップします♪

2005年11月28日 | ホームステイ・イン・ルーアン | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

新訳・星の王子さま 第24章

24章が発表されました!

前回の「しゃるろっと」からの激励が効いたのでしょうか、今回くりしぇさん、こんなことになりました!
王子さま賞(可愛くて魅力的な訳)に輝きました!
この賞をいちばん最初に受けたのは、1章のみみずくさんでしたね。あの訳文はインパクトがありました! コメントをくださるoomotさんも初投稿の6章で、いきなりこの賞でしたね!
個性的でフレッシュな訳に与えられる賞だと思っていたので、自分の訳でこの賞をいただけたというのは、意外な気もしました。「可愛くて魅力的」だなんて♪ 本当に光栄です。

ありがとうございました!

なにかこの24章は、パイロット賞をいただいたときの8章もそうだったのですが、あまり迷うことなく感じたままの訳でした。さりげない砂漠の美しい雰囲気が大好きな章でもあります。
今日はこの章のわたしの好きな部分を原文とあわせて、内藤濯さんと「くりしぇ」の読み比べをしてみます。

★原文★

Et, après un silence, il dit encore:
Les étoiles sont belles, à cause d'une fleur que l'on ne voit pas...
 Je répondis bien sûr et je regardai, sans parler, les plis du sable sous la lune.
Le désert est beau, ajouta-t-il...
Et c'était vrai. J'ai toujours aimé le désert. On s'assoit sur une dune de sable. On ne voit rien. On n'entend rien. Et cependant quelque chose rayonne en silence... Ce qui embellit le désert, dit le petit prince, c'est qu'il cache un puits quelque part...

★内藤さん訳★

すると、王子さまは、しばらくだまっていたあとで、また、こういいました。
「星があんなに美しいのも、目に見えない花が一つあるからなんだよ・・・」
ぼくは、<そりゃあ、そうだ>と答えました。それから、なんにもいわずに、でこぼこの砂が、月の光を浴びているのをながめていました。
「砂漠は美しいな・・・」と、王子さまはつづいていいました。
まったくそのとおりでした。ぼくは、いつも砂漠がすきでした。砂山の上に腰をおろす。なんにも見えません。なんにもきこえません。だけれど、なにかが、ひっそりと光っているのです・・・
「砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ・・・」と、王子さまがいいました。

★くりしぇ訳★

そしてちょっと黙った後に、王子さまはまた言いました。
「星がきれいなのは、目に見えない花があるからなんだよ・・・」
 僕は「そうだね」と答えると、黙って月の下の砂の起伏を眺めました。
「砂漠は美しいね」と王子さまは続けて言いました。 
その通りです。僕はいつでも砂漠が好きでした。砂丘に腰をおろすと、なんにもみえないし、なんにも聴こえません。それでも、なにかが音もたてずに光っています・・・。
「砂漠が美しいのは」と王子さまは言いました。「どこかに井戸を隠しているからだね・・・」

          
            ****************


いかがなものでしょうか?
改めて原文を読んでみると、フランス語のシンプルさがとても心地よかったです。

さきほど、わたしは最後の27章を無事投稿しました。あとは後書きだけになってしまいました。訳するのはあと、ひとつです! 完走できそうです!
発表のほうは、あと4つとなりました。自分としては、特に21章から、この24章までは「幼い訳」、王子や他のキャラたちのセリフを子供っぽくソフトに仕上げたのですが、25章からは王子のキャラをちょっと違った感じにしたつもりです。(微妙な違いかもしれませんが・・・)
そんなことも含めて、どうなることか、お楽しみに~。

2005年11月27日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 21件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。