スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

新訳・星の王子さま☆感想文




やはり今年の最後は「星の王子さま」で締めくくらせてもらいます!

先日、プロジェクトのサイトで「みなさんの感想」と「あなたにとって『星の王子さま』とは」が発表されましたね。みなさんの感想、読み応えがあってとても面白かったです。ドキドキしながら何度も読みました。
なにか個人的な熱い思いを感じるものが多く、今回はここからリンクするのはあえて控えさせてもらいます。このブロクにコメントしてくれた方々がわたしのことも取り上げてくれたり、「くりしぇ」の訳について書いてくれた方などもいて、ありがたい気持ちでいっぱいです。改めてこの企画に参加してよかったと思いました。
肝心のくりしぇさんの感想文は、新聞の取材の文をつらつらと書き終わった直後に書いたもので、なにか気が抜けたような文になってしまってますが(笑)。

今日はわたしが感じた「星の王子さま」について書きます。解釈というほどのものではないのですが、最後の27章を訳し終わったあたりから、いまさらながらいろいろな思いが込み上げてきました。

Et aucune grande personne ne comprendra jamais que ça a tellement d'importance!

この最後のフレーズ、わたしが「そして大人たちは誰も、これがどんなに大切なことかなんて、決してわかってくれやしないでしょう!」(いま思えば、「大人たちは」じゃなくて、「大人は」が正解だとちょっと後悔)と訳した部分はとても胸に突き刺さりました。aucune、jamais、tellementと強い語彙が続くこのフレーズをサンテックスはどんな気持ちで最後につづったのでしょう?

最初に訳していた頃は、「フランス語を読む」ということばかりに追われて、原文を直接味わうという余裕などまるでありませんでした。これが章が進むにつれて、不思議と原文からさまざまなイメージを感じるようになっていました。特に点灯夫さんの章など、まるでレビューのように小さな明かりがリズムに乗って広がっていくイメージが浮かんでワクワクしたのを覚えています。その分、訳の方はヨロヨロになってしまいましたが(笑)。
内藤濯さん訳の日本語で読むのとでは、心にひっかかる場所が違うというのも大きな発見でした。内藤さん訳では登場人物のセリフでよく泣かされたものですが、サンテックスの原文では風景がよく頭に浮かびました。特に後半になっていくにしたがってそのイメージは強くなっていき、「蜜の色をした砂漠」や、やはり鮮烈だったのは「五億の鈴」でしょう。フランス語のリズムにのって、それらの美しいイメージの世界が自分のなかにいつのまにか築かれていました。

そして最後の27章を訳した頃、なにか自分のこともなぞらせていろいろ考えてしまったのですが、この最後のフレーズをきっぱりといえるサンテックスの「確信」のようなもの、あの「清々しいまでの思い」を自分は持っているのかと。「大人は決してわかってくれない」のだろうか・・・??? 本当にそうだろうか???
自分の周りの人々や今まで出合ったきた人々、どちらかというと好ましくない人々のこともいろいろ考えてみた。あのひとたちは決してわかってくれないのだろうか、そしてあのひとたちは本当に「つまらない大人」なのだろうか。たとえ、わたしが大切だと思っていることを否定されたとしても、それはわからない。単に価値観の違いとも割り切れないけれど、わたしにはサンテックスのように言い切ることはとてもできない。それだけにこの最後のフレーズはとても強いものを感じました。今のわたしにはうまく言えませんが。

原文を全て読み終えたところで、この物語の「王子さま」というのは主人公であるパイロットの子供のときの投影なのかなと思いました。パイロットは砂漠でその純粋な幻と交流し、大切なことを教わり、それによって命も助けてもらったのではないかと・・・

エピローグでパイロットが語ったサハラ砂漠でまた会えるかもしれない「王子さま」というのは、それぞれみるひとによって違った姿をしていてほしいと、わたしは思うのですが。
・・・これ以上語ると先走りしてしまいそうなので、今日はここまでにしたほうがよさそうです。

スポンサーサイト

2005年12月30日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

時々、疲れて、夢みるように見えた

♪もう、いーくつ寝ると、お正月~ですね。ちょっと風邪気味のせいか、ぼうっとしてますが「異邦人」を読んでいきます。

今日は、せっかくの日曜日に外出せずに自分の部屋のバルコニーから通りを眺めているムルソーのみた、ありふれた外の様子の場面からです・・・

Un peu plus tard passèrent les jeunes gens du faubourg

しばらくして、場末町の青年たちが通った。

ここで場末町となっているfaubourg、仏和で引くと場末の他に、町外れ下町とも載っていました。パリなどにある昔に城郭外だった通り、たとえばフォーブル-サントノレは頭にこのfaubourgがついていますね。

J'ai pensé qu'ils allaient aux cinémas du centre.

中心区の映画館へゆくのだろうと私は考えた。

Les spectacles étaient partout commencés, je crois.

思うに、どこの見世物小屋も開いたのだろう。

この二つの文はちょっと離れているのですが、なぜ並べたかというと、ここでLes spectacles 見世物小屋と訳されているのは!?と思ったからです。前後の文章の関係からいっても、この場合は劇場、つまり映画館のことだと思うのですが。見世物小屋というと、なにか怪しいですよね(笑)。いくら場末とはいえ、ムルソーの部屋は大きな通りに面しているのだし、やはり映画館とするのが自然なのでは?
aller au spectacleといえば、芝居や映画を観に行く、という意味になるのが一般的なので、やはり、見世物小屋とすると、まるで昔の浅草みたいなのを想像しちゃうんですけど(笑)。←あくまでもイメージですよっ。

C'était vraiment dimanche.

全くの日曜日だった。

ここで使われている副詞のvraimentは強調の、まさにといった意味ですね。この部分の訳は日本語の曖昧さが生きているなと思いました。

Presque aussitôt, les cinémas du quartier ont déversé dans la rue un flot de spectateurs.

間もなく、界隈の映画館が観客の波を通りへ押し出した。

ここは擬人法的な訳ですね。原文のまま主語をles cinémas du quartier 界隈の映画館が、にするのがストレートな訳ですが、un flot de spectateurs観客の波を主語に見立てて、間もなく、観客の波が界隈の映画館から通りへ押し出た。(押し出てきた、のほうが自然かな)とする方法もありますね。その方が日本語的には自然かもしれません。そのへんはお好みで。

Parmi eux, les jeunes gens avaient des gestes plus décidés que d'habitude et j'ai pensé qu'ils avaient vu un film d'aventures.

そのなかで、青年たちはいつもよりも張り切った様子を見せていた。彼らは冒険映画を見たのだろうと私は考えた。

ここで張り切った様子と訳されているdes gestes plus décidés は、仏和辞典から直訳調にするだけでも、決然とした動作や、断固とした振る舞いはっきりとした身振りなど、いろいろに訳せそうです。

そのあと、さらに町の映画館から戻ってきた人々をみて、ムルソーはこう思います・・・

Ils riaient encore, mais de temps en temps, ils paraissaient fatigués et songeurs.

相変わらず笑っていたが、時々、疲れて、夢見るように見えた。

形容詞のsongeur夢見るようにと訳されていますね。なにかロマンチック☆な訳だと思って仏和をみたら、要するに物思いにふけってぼんやりしている様子のことらしいです。なるほど。

こうしてフランス語の原書と日本語訳を同時に読み比べていると、日本語に訳されたものだけでは、いまひとつ曖昧に感じていた部分もはっきりと理解できるような気がします。
フランス語が日本語と比べたときにとてもシンプルに感じる原因のひとつに、語彙の少なさによるものがあると思います。日本語はなにか同じ事を言うにも、言い方や言葉がたくさんありすぎますよね。
フランスの小説などで和訳されたものを読んで、難しい、意味が掴みにくいと感じた場合、原書をみてみたら案外シンプルだったってことは案外多いかもしれません。

2005年12月29日 | 「異邦人」を読む | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

ドリーム☆バトン

よいっしょ・・っと。ん?




オルサさんから「ドリーム・バトン」が回ってきました。
あまりにも普通の回答しか思いつかなかったので、いっそのことフランス語ヴァージョンでお送りします。ラフに書いてみましたが。
ちなみに、わたくしフランス語の文を書くのは大の苦手ですので、間違いや変なところをみつけた方はどんどん突っ込みを入れてください。。。

1.Qu'est-ce que vous vouliez devenir quand vous étiez petite? (小さい頃何になりたかったですか?)

Quand petite fille, je rêvais beaucoup,mais maintenant aussi,je voulais devenir beaucoup de métier. par exemple, la dessinatrice,l'écrivain, la chanteuse,etc.
Mais je voulais devenir surtout une adulte charmante!

(子供の頃は夢がたくさんありました。もちろん今もですが。なりたいものはたくさんありました。漫画家や小説家や歌手などです。でもいちばんなりたいと思っていたのはステキな大人の女性ですね。)

2.Est-ce que votre rêve s'est réalisé? (その夢は叶いましたか?)

Ouf! je ne le sais pas,moi même.

(うっ、自分ではわかりません)

3.Actuellemenent, quel est votre rêve? (現在の夢は?)

Je veux vivre comme le voyage,si possible, habiter dans un pays du Sud.Et je veux travailler sur la France ou bien sur le français.

(旅をするように暮らすことです。できるなら南の国で。あと、フランスやフランス語関係で仕事がしたいです。)

4.Avez-vous fait un rêve terrible tout récemment,si oui, quel rêve? (最近みた怖い夢は?)

Rien, mais j'ai fais des rêves monotones comme tous les jours.

(怖い夢はみないけど、かわりばえのしない退屈な夢はいつものようにみてます。)

5.Alors, avez-vous fait un bon rêve tout récemment? (最近みた良い夢は?)

Malheureusement, je l'ai oublié.

(おしい。覚えてません。)

6.バトンを回す人

ちょっとご無沙汰してますが、mineさん
ヤフー友達のMiiさん☆、erinさん☆。
お忙しそう(?)だけど、schuさん☆。
またまたお忙しそうだけど、uwabamiさん

以上5人で。気がむいたらお願いしまーす。もちろん放棄もあり★ですよん。

2005年12月25日 | 未分類 | こめんと 14件 | とらば 1件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。