FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

ニース旧市街散策*前編

今日から二回に渡ってニースの旧市街の魅力に迫ります!

ここで載せる写真は留学中に入手したパンフレットから頂戴してますので、あしからず。




まずは遠景から旧市街を望んだ写真からどうぞ。
赤い屋根に黄色いっぽい色(フランスではオークル色というそうです)の壁の建物に、教会の塔がエキゾチックな風景をかもしだしています。

旧市街を遠景から望むお勧めの場所はふたつあるのですが、まずひとつめはニース近代・現代美術館(MUSEE D'ART MODERNE ET D'ART CONTEMPORAIN)の屋上から。60年代から70年代にかけての作品が充実しているこの美術館で印象的だったのはやはりイブ・クライン(Yves Klein)の青い作品でしょうか。
モダンな建物自体もおもしろく、ガラス張りになっている上の階からのニースの町の展望はみごとです! 楕円形の屋上も凝ったつくりになっていて一見の価値があります。ここから望む旧市街の風景がわたしは大好きです。




もうひとつのビュー・ポイントとしてすばらしいのが城跡(LE CHATEAU)と呼ばれているかつての城跡で、現在は公園になっている丘の上からの景色。
ここへは海岸沿いや旧市街からアクセスすることができます。わたしが旧市街側から登ったとき、途中に人口の滝があって小さな虹ができていました。
旧市街はもちろん、ニース市内や港のほうまで見渡すことができます。気持ちのよい散歩コースだと思うのですが、体力に自信のないひとは観光用のプチ・トランという乗り物で丘の上まで行くこともできます。
丘の上から望む旧市街の一角、これは第二次世界大戦で戦火を免れて残った地区なのだそうです。

さてさて、さっそく旧市街を散策してみましょう。

わたしは特に用もないのにこの辺りをプラプラするのが大好きでした。長距離バスターミナルのある大通りから、海の方向に向かって適当に細い路地を入っていくと旧市街に入るのですが、たちまちこの地区独特のスパイシーな香辛料とポプリが混ざったような、なにかエキゾチックな匂いが立ち込めてきます。

一般にニースというと、高級リゾート地というゴージャスなイメージが強いようですが、大きな街ならどこでもそうであるように、地区によって多彩な顔を持っています。旧市街はとてもお世辞にもリッチとか、おしゃれといった感じではなく、もっと雑然としていて生活感溢れるエリアです。




狭い路地には、このような庶民的な八百屋さんとか、なにかアラブ文化を感じさせるようなお店も多いです。パリにいたときは「移民の多い地区」=「治安の悪い地区」と思っていたのですがニースの旧市街では、最初怪しいと思ったほど危ない目にあうこともなく、日が暮れてから一人歩きをしたり、たまに夜、友達とバーにいったりもしたのですが、意外と大丈夫でした。
あとこの通りにはさまざまなお店があります。おみやげ屋さんが多い印象もあるけど、プロヴァンス風のコットンや陶器を売るお店、革製品や古着を売るお店、生活雑貨のお店や花屋さん、雑誌や煙草屋さん、コインランドリーもあったし、惣菜屋さんやレストランやカフェももちろんありました。
偶然、日本から来た観光客らしき人が前方を歩いていたこともあって、「原宿みたいだなー」という声も聞こえました(笑)。確かに原宿の裏通りの雑多でチープで多国籍なイメージとかぶる部分もありますね。実際、ここは散歩を楽しむ場所という感じで買い物をすることはあまりなかったのですが、狭い日の当たらない迷路のような路地をクネクネと歩いて、見上げると真っ青な空に洗濯物が風にはためいている様子などがみえて、そぞろ歩きするには楽しいです。

このエリアで有名なお店といえば、ニース名物のソッカ(socca)というヒヨコ豆の粉とオリーブオイルでできたパンケーキが一番美味しいといわれている「レネ・ソッカ」(Rene Socca)というお店でしょう。ここはいつも行列が出来ていて、ソッカの他にもニース風のピザなどもテイクアウトすることができます。わたしもたまにここでソッカをテイクアウトして歩きながら食べました。一人分でもボリュームいっぱいですが、いつのまにか完食☆してました(笑)。




細い路地を歩いていくと、このように広場に出たりもします。
ここはロセッティ広場、この教会は小さいながらサン・レパラート大聖堂(La Chatedrale Sainte-Reparates)といいます。17世紀に造られた教会でバロック様式だそうです。内部も保存状態がよく見ごたえがあるそうですが・・・わたしがこの広場にあるもので忘れられないものといえば「フェノキオ」(Fenocchio)というジェラード屋さんですね!
なにやらニースでいちばん有名なアイス屋さんといわれているらしいです。そんなことも知らずに通りがかりによく買って食べてました。ここのは種類も豊富で、ベーシックにチョコだけでも数種類あって、フルーツもいろいろ日本でみたことのないものまでアイスになっていたような。わたしはココナッツ(Noix de Coco)やライチのアイスが好きでした♪
あと、この広場にあるカフェも小さいながら落ち着きましたね。南仏のコーヒーは濃いとよくいわれていますが、意外と飲みやすいです。日本では圧倒的にカフェ・オ・レ党なのですが、フランスではミルク抜きで砂糖をいっぱい入れて飲むことが多かったです。

うーん、いいですねぇ、ニース。。。一月の今頃でも太陽、きらきらなんだろうなー。空気も澄んでいて気持ちいいだろうなー。

次回は、さらに旧市街を歩いて海辺まで行こうと思います! 乞うご期待。

2006年01月24日 | コート・ダジュールの思い出 | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

星王子★オフ会のお返事




コメント欄で参加者のみなさんの間で話題になっていた「TBSみんなで訳そう! 星の王子さま」のオフ会が来月、箱根の「星の王子さまミュージアム」で開催予定だそうです!

以前コメント欄で、わたしが
「メールのアウトルックの調子が悪くて、そのお知らせのメールが届いていないので、詳細がわかりません。箱根もまた行きたいし、王子さまのミュージアムもぜひ行ってみたいんですけど。。。だれか、星王子関係の方っ、メール、コピーして教えてー」
と言ったところ、約10分後に、うわばみ師匠(みみずくさん)からお知らせメールのコピーをいただきました☆(さすが、師匠!)。そしてその後に「TBS星の王子さまプロジェクト担当」の方から丁寧な暖かいメッセージ入りのメールもいただきました。ありがたきことですっ、みなさん!

で、なぜ、お返事をネタにしているここで書いているかというと・・・今日がお返事の〆切日なのに、プリンターがおかしくて、今、プリントアウトができないのですねー。メールで転送していただいた用紙をFAXで送ることができませんので、お返事はこの場を借りてすることにします。。。星王子関係者のみなさんも、きっとご覧になっているでしょう。

ハイ。くりしぇは「不参加」です☆

やはり、冬の箱根は北海道在住のわたくしには厳しいですし、二月は都合がつきませんでした。

ええ。。。でも、春になって暖かくなったら、ぜひとも「星の王子さまミュージアム」に行きます!
前から行ってみたかったのです~。そのときを楽しみにしてます♪

みなさんに会えないのは非常に残念ですが。。。そのかわりと言っちゃなんですが、うわばみさんは参加するそうなので、面白いレポート待ってるわよっ☆

以上、この場を借りてオフ会のお返事とさせていただきます。

2006年01月23日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 20件 | とらば 0件 | とっぷ

怪訳・ゲンズブール☆其の三

続いてしまいました(笑)。
今日も「リラの門の切符切り」(Le poinçonneur des Lilas)です。三番をやります☆ 今まで同様、このCDの歌詞カードから(しかし、年季はいってるなぁ)、今回の部分は原文と鳥取絹子さん訳をお送りします~。




★ちなみに、以前、鳥取絹子さんについてこのブログでも取り扱ってました。

私のモラルはゼロ?」もあわせてドウゾ。

★ついでに、ゲンズブールの過去記事も♪「ゲンズブールの世界・前編後編

・・・それでは、「リラの門の切符切り」の三番です。どうぞ~♪


J'suis l'poinçonneur des Lilas

オレはリラの門の切符切り。

Pour invalides chabger à Opéra

アンバリッドへはオペラ乗換え!

J'en ai marre j'en ai ma claque

もう、全く、うんざりだヨ。

De ce claque

この、はきだめ!

Je voudrais jouer la fill de l'air
Laisser ma casquette ou vestiaire.

もう、制帽はロッカーへ置いて、どっかへずらかりたいヨ。

Un jour viendra j'en suis sûr
Où j'pourrai m'évader dans la nature
J'partirai sur la grand' route

今に見てろ、オレだって、自然の中で自由になり、
幹線道路を突っ走れる、日がくるんダ。


Et coûte que coûte

なんとしても、そうしたい。

Et si pour moi il n'est plus temps

もし、時間がなくなったら、

Je partirai les pieds devant.

棺おけの中に納まるサ。

J'fais des trous des p'tits trous encor des p'tits trous

穴をあける、穴、アナ、あな。

Des p'tits trous des p'tits trous toujours des p'tits trous

それも小っちゃい穴、ふゥ、いつもいつも 小っちゃい穴。

Y'a d'quoi d'venir dingue

気違いになるのが、なんダ!

De quoi prendre un flingue

銃を取るのが、なんダ?

S'faire un trou, un p'tit trou, un dernier p'tit trou

穴をあける、小っちゃい穴、最後の小っちゃい穴。

Un p'tit trou, un p'tit trou, un dernier p'tit trou

小っちゃい穴、小っちゃい穴、最後の穴。

Et on m'mettra dans un grand trou

そして、みんながオレを大きい穴にいれるだろウ。

Oû j'entendrai plus parler d'trou plus jamais d'trou

そこではもう、穴の話は耳に入ってこないのサ。

De p'tits trous de p'tits trous de p'tits trous.

小っちゃい穴、小っちゃい穴、小っちゃい穴!

        ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


今回の部分で気になったのは名詞のclaque、最初に出てくるj'en ai ma claqueは慣用句として、前にあるJ'en ai marre(こちらは、よくフランス人が「ああ、もう本当にうんざり!」といった感じで使う)と対応する感じでほぼ同じようなニュアンス。
訳するのが難しいなーと感じたのは、次に出てくるDe ce claque、「この、はきだめ」と訳されてますね。。。

それから、Et coûte que coûteも慣用句で「どんな犠牲を払っても」といった意味、ここでは「なんとしても・・・」と訳されてます。

ふぅ、この曲をまるごと載せちゃいました。ニヒリズムっす。

さてさて、三回にわたってお送りしたこの企画、鳥取さんの訳もスバラシかったけど、それを上回るハジケた方がいました。。。

2006年01月22日 | つぶやき | こめんと 14件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。