スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

虚像日記




いやぁー、びっくりしたねぇ。お休みをとっている間に百合さんというかたから次のようなコメントをいただきました。ご指摘ありがとうごさいます! 
以前三年前のピエールの日記(Blog)を話題にした件について。コチラや、コチラの前記事で扱ったのですが・・・

Pierre Casiraghi's Journal(ピエール・カシラギの日記)は本人ではないのですよね?blog上の[website | Court Jester]をクリックすると 次のような英文が・・・

「The "celebrity" whose journal you read IS NOT THE ACTUAL CELEBRITY. The author/maintainer of that journal is a participant in a role playing game (RPG) where people portray adults in the entertainment industry (music, movies, TV, theater), adults in professional sports, child stars, children of famous parents, other relatives, friends, etc. of famous people, agents, managers, and other entertainment industry professionals, royalties, politicians, and socialites.」

確かにクリックしたページに同じ文章がありました!

英語がわからないので、さっそく師匠にコメントで聞いてみたら、訳してくれました。

「あなたが読んでいる”セレブ”の日記は、本人が書いたものではありません。この日記を書いている人・管理している人はロール・プレイング・ゲーム(RPG)に参加しています。RPG上で参加者はエンタメ業界(音楽・映画・TV・舞台)の人物になりきっています。その人物とは、プロ・スポーツ選手、子役スター、有名人の両親をもつ子供、有名人の親類、友人などなど、エージェント、マネージャー、他のエンタメ業界のベテランや、王室の人々、政治家、社交界の名士などです。」

ががーん。

なんとっ、本人じゃないっ!?

ってことは、コメントを寄せている有名人やら親族たちもっ、み~んなニセモノかいっ!?

筆まめなアンドレアもっ、このベッカムも(笑)、、、ニ・セ・モ・ノ♪

やられたっ!

なんちゅー、妄想集団っ。日本にもこーゆーサイトあるのかな? ネットの遊びの一種なんだろうけど、芸達者がそらいすぎっ。

でもね、嘘と知りつつ、これが名作なのよ。師匠の訳も面白い、ステキだし♪ この機会に受け取ってあった二日分を一挙に公開しちゃうわっ。

              
             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



2003.10.30
タイトル:「僕は6歳じゃなくて16歳だ」
気分:退屈~
BGM:ビヨンセのベイビーボーイ

姉上(シャルロット)は休暇でマンハッタンだし、兄上(アンドレア)ときたらロス
から戻ってもうロンドンだもん。
僕ちゃんはどんな楽しいことしてるのかって?な~んもですよ。

時々、僕って必要以上にアレキサンドラっぽく感じちゃうんだ。兄上が僕の年齢の時
には、友達とイビザ
(スペイン、バレリアス諸島に浮かぶ小さな島)に行ってたし、僕は姉上よりたった
一歳年下なだけなんだよ。
でも、そんなこと家族のみんなは忘れちゃってるのさ。

せめて僕ちゃんのことピーピーって呼ぶのやめてくれるといいんだけど。





2003年8月28日
タイトル:海の中のパイナップルのお家に住んでるのは誰?
(スポンジ・ボブは海の中にある、パイナップルの家に住んでいるところから)

気分:物思いにふけってます・・・
BGM:スポンジ・ボブ スクエアパンツ(四角いズボンを穿いたスポンジのボブ)の歌

あ~あ、ぐずぐずと時間が経っちゃった。深夜のスポンジ・ボブ スクエアパンツ マラソン(深夜にニコロデオン((アメリカのキッズチャンネル))で3時間ぶっ続けでこのアニメを放映することを指してるらしい)を見て、ダイニング・ホールにはお決まりのホウレンソウ(スポンジ・ボブがホウレンソウのキャラクターになっているのと関係あり?)のクリーム煮がおいてあってさ。ヴァロンティーヌと僕は新学年を迎えたんだ。たぶん、今年は僕がサイコーの悪ふざけをやらかして、学校を追い出されるんじゃないかな。
なあ~んてね、冗談だよ、ママン・・・きっとね。
先生達は僕がウィットに富んでて、ハンサムだから傍に置いときたいんだよね~。
それっておかしいよなぁ。毎日おんなし先生達に会って、毎晩おんなし寮で寝るんだ。何年もやってきたようにね。だけど、ぜーんぶが変わるんだ。
僕の傍には美しいヴァロンティーヌがいるし、僕の思うとおりに世界は新しくなってゆく。僕はピシッと背筋を伸ばして立ち、彼女の手を取るんだ。すると、僕の欠点をほとんど気にしなくて済むし、たくさんの可能性を感じられるんだ。
それと、認めなきゃならないんだけど、僕とヴァロンティーヌが本当に手を繋いでるのをみんなが実際に見て、びっくりするのをむしろ楽しんでるんだよね、僕。





ちなみに、文中に出てくる「スポンジ・ボブ」についてはuwabami師匠の記事も参照してね♪

・・・うーん、それにしてもこの日記がえせと知りながらも、なんだかジーンとしちゃうのは、わたしだけか!?

ピエールの学校生活が「ライ麦」みたいになっちゃってるよー。

次回は最新の、リアル☆ピエールをお送りするわっ。待ってて!

スポンサーサイト

2006年06月28日 | モナコ王室 | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

ただいま




お久しぶりでございます。休暇から帰ってまいりました。といっても異国に行っていたわけではございません。こころはいつも異国にいるようなのですが。。。(笑)

この休暇中は、、、軽く山に登ったり、、、(舗装されていないケモノミチみたいなところを、近道するためにザザッと駆け下りたり、野生に戻ったわ~。
で、ミニ動物園みたいなところに出くわして、鳥とかサル山も眺めちゃったわ~。ひとりで動物眺めている自分ってのもオツなものね♪
自殺者の出そうな山間の橋を渡ったりしてさ~。
北海道の六月っては、なかなかパラダイスだったわ。
そういえば、フランス(ニース)から北海道に帰ってきたのも六月だったわ。素朴に車窓からみた山が美しいと思ったわ。自然ってすごいね、パワーに満ちているっていうかさ。いい気をたくさんもらってきました!

あっ、写真はね、北海道じゃないの。実はこれ、パリのアンドレ・シトロエン公園の脇にある立体庭園の橋の上を撮ったものなの☆ この公園好きだったわ。近未来的で芝生がきれいで、アートな小さな庭園がいくつもあってね☆

ところで、世間はワールドカップですごい盛り上がりだったみたいね。
わたしも一応テレビでみたわよ。
勝ち負けの世界って普段からあまり興味がなくてね、一喜一憂する人々を不思議な気持ちでみていたけど、、、。
うちの父も巨人が負けるとすごく機嫌が悪くなったりしてね、そういう心理ってイマイチわかんないのね。そのせいかスポーツ観戦ってあまりしないんだけど、マラソンとかフィギュアスケートとか、そういうのは結構好きなほうなんだけど、球技系はあまり・・・。

それで最近、このブログでもリンクしている都筑さんのブログにつぎのようなお言葉があって、いいな~と心洗われた。 日本とブラジル戦のことを書いているのだけど。

日本の『勝たねば、、、勝つんだ!』

という意志を前半はとても力強く感じた。

しかし、それよりもプレーを楽しむブラジルのスタイルは

本当にスゴい、と応援を忘れてしまうほどに感じた。

『プレーを楽しむこと』はスポーツとは関係のない仕事を

していても大切なのではなかろうか。

僕は写真を撮る時にも自分が楽しめる気持ちを

大切にしている。なぜなら、楽しい気持ちは写真の

中に写り込んでいるからだ。今日のブラジル戦を

観ても感じたことは『プレーを楽しむ』ことの大切さ。

日々の生活や仕事のなかでも、この『プレーを楽しむ』

という感覚は大切なことだと改めて感じた。



          ****************


わたしもフランス語をずっとやっていて、勉強というより習慣みたいなノリなんだけど、、、結果とか成果を気にしちゃうときがあるんだけど、この「楽しむ」って感覚は忘れちゃいけないなーと改めて思いました。
なにごともそうだけど、日々の暮らしを楽しむ感覚、無駄を大切にするってことや、ディティールにこだわったり、アホらしいことにも時間を割いてみたり、そういう人間であり続けたいわ~。

日本って世知辛いね~って、すごく感じるし、どんどん住みづらい国になっていっているなーって感じることも多いのね。条件がどんどん悪くなっていくし、自分の老後なんて考えるとなんだか真っ暗だし☆

それでもね、こうしてネットの世界にでも「ただいま」って言える場所があると思うと幸せな気分よ。一年前にはじめた頃よりいろんなものを得たように感じるの。それにしても、まだ、一年。あっというまだったんだけど、気分的にはもう何年もやってるみたいよ(笑)。

休みの後半に、過去記事で文字がずれていたり、写真が変なところに入っている記事を発見して修正を何度もしたので、更新情報がバンバン飛んでいたかもしれないわ。ゴメンナサイネ~。
たぶんテンプレートを変えたことも関係しているんだと思うんだけど、過去記事でお見苦しいところがあったと思うわ。リンク切れの画像は新たに違うのをチェンジしたりもしたの。
例えば3月の「偉人たちの眠る場所」という記事は大幅に画像を変えてみました。文中リンクも、切れているのが多そうだし、ぼちぼちと暇なときにチェックを入れていくわ。
意外と過去記事が生きていたりするのよね~。いまだに去年のニコラ・ド・スタールやフランソワ・ド・ルーペあたりの記事、人気あるし(笑)。たぶん他であまり扱ってないからだと思うんだけどね。

それにしても、休み中もたくさんアクセスがあったのは驚きでした!(今見たら、FC2の部門別のアクセスランキング11位にいるぜっ☆)なぜっ!?

いやぁー、いろいろ書きたいことも溜まってるし♪ フランスの旅行記事もまだまだ、いろいろあるわよ。モナコの王子たちもね♪ 翻訳講座も溜まってるーっ。

2006年06月26日 | つぶやき | こめんと 10件 | とらば 0件 | とっぷ

ヴァカンス!




おやっ、久々にプロフィールのデカ猫さんよ☆ お散歩中かしら?

いえいえ。この猫さんはサンポール・ド・ヴァンスに行ったときに、背後からわたしをジッと見つめていたどこかの通りすがりの猫さんよ。前記事にも写真がアップされてるわ。

偶然出あった南フランスの猫さん、うちのデカ猫さんにそっくり。まったりしているときの表情が同じよっ。

いやぁー、それにしてもフランスのことを思い出すとき、いつも浮かんでくるのは南仏の青い空と海よ。

こないだ、テレビで「世界バリバリ☆バリュー」、モナコGP特集みたらさぁ、懐かしい景色だったわー。エズの海まで出てきちゃって、まさに空と溶け合う紺碧の海。。。

デューク更家さんがモナコGPコースでも名高い、あのトンネルの上にあるマンションの住人だったっていうのも、ツボだったわ。待ちあわせ場所が例の日本庭園ってのも笑ったわ。

アルベール二世がファッション・ショー見に行ってたわね。。。

フランスのいろんな思い出と、どっかの王子への妄想に浸っているばかりではいけないわっ

前書きが長かったけどさぁ、(前書きだったのかい?) このブログ、しばらくヴァカンスに入ろうと思うの。たくさん書きたいことや、アップしたい記事もいろいろあるんだけど、実は今やりたいことが出来てね、そっちにしばらく集中しようということで、お休みをいただきます。

一周年を向かえ、気分も新たなところで、骨休みをしてまいります。

みなさん、それでは、ごきげんよう~☆  

2006年06月16日 | つぶやき | こめんと 10件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。