スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

新訳・星の王子さま 第21章 ②




さぁて、今日も21章のみなさんの読み比べをお送りしますよ!

この章の講評もドウゾ

★まず、このきつねのセリフから。
「Tu n'es encore pour moi qu'un petit garçon tout semblable à cent mille petits garçons
内藤訳で「あんたは、まだ、いまじゃ、ほかの十万もの男の子と、べつに変わりない男の子なのさ」
では、みなさんの訳は?

「君はオイラにとって、まだ十万といる少年と何ら変わりのない少年にすぎない」=みみずくさん

「おいらにとって、今のあんたは、そこらに十万といる男の子と全く変わらない、ただの男の子にすぎない」=あぱさん

「おいらにしてみちゃあ、あんたは今のとこ、他の十万人の男の子と変わらない存在さ」=ぐんぐさん

「君は僕にとっては、まだ、十万人もいるチビッコと同じ一人のチビッコにすぎない」=ごまさん

「きみは、ぼくにとって、今はまだ、ひとりのいとおしい少年にすぎない。ほかの10万人のいとおしい少年とすっかりおなじように」=oomotさん

「オイラから見たらお前さんはただの子供、10万人もそっくりなのがいるような子供だよな」=りえぞうさん

「お前さんはおいらにしてみれば十万もいる似たり寄ったりの坊やのなかの一人でしかない」=malenaさん

「おいらにとってあんたはまだ、区別のつかないたくさんの少年のうちのひとりでしかない」=vendredi13さん

「俺にとって今のお前はまだそんじょそこいらの、どこにでもいるようなガキどもと、てんで変わりゃしない」=satocharさん

「俺にとっちゃ、お前はまだ他のたくさんの悪ガキと同じなんだ」=Daliさん

「君は僕にしてみたらまだ、ごまんといる同じような小さな男の子のうちのひとりにすぎない」=さとさん

この物語にはご存知の通り、沢山の数字がでてきます。それをどう扱うかによって訳文にかなりのヴァリエーションがでてくると思うのですが、この場合でも明確に数字を訳した人と、抽象的に訳したひとがいました。
この物語に出てくる数字については「ヒロピー教授のきまぐれエッセイ(6)どうしておとなは数字が好きなのか?」も大変興味深い内容です。

あと、petit garçon をどう訳するか。「ただの男の子」から「悪ガキ」、そうかと思えば「いとおしい少年」までありました。一般的には形容詞のpetitは「小さい」「幼い」という意味ですが「くだらない」や「かわいい」という意味があるので、こういう訳も可能なのでしょう。

★あと、面白いなと思ったのはシンプルなフレーズの訳し方。
きつねのセリフの「Et ça, c'est triste!」
内藤訳で「それどころか、おれはあれ見ると、気がふさぐんだ」です。

「それって悲しいよね!」=みみずくさん
「それって、悲しいことじゃない?」=はらペコさん
「それってさ、悲しいことなんだよ!」=葦野美保子さん

「まったく、さびしいこった」=pashaさん
「これは、ちと淋しい」=プティムートンさん
「でもそれって、さみしいだろ!」=あばさん

「それに物悲しいだろう!」=Mihoさん
「いや、憂鬱になるくらいだ!」=TKさん

「それって、残念な事なのです!」=ふくさん

「でも、これじゃ、つまらない!」=oomotさん
「でもそれって、つまんねぇと思うんだ」=ナオさん
「そうさ、あんなもの、くだらない!」=ぐんぐさん

こんな感じで、最初のEt ça,の部分を省略したひとも多かったですね。

・・・いろいろ今日も出揃いましね。くりしぇはちょっと、今回ひっこんでみました☆
イラストのきつねのように穴から世界を眺めてみました。
それじゃ、また~。この章はまだ続きますよ~!

2005年11月09日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

数字かぁ

確かに、数字の隠れた意味を深く追求すると、ちょっと皮肉っている感じにも取れました。
数が問題なのではなく、その「そんな感じ」というアバウトさ。それがまたこの物語を面白くしているのでしょうね。
petitの訳は勉強になりました。使いようによっては皮肉ったりする時にも使えるのですね。

2005年11月12日 / mine #gcWPADJgURL編集

皮肉る

皮肉る表現って、日本語でも同じ言葉を使っていても、言い方によって意味やニュアンスが全く反対になってしまうことがありますよね。そういう風に考えると共通点ですよねー。(英語もあるのかな?)

確かに、フランス語で読んで初めて感じるアバウトさはありました。イラストにしても数字にしてもサンテックスって結構いい加減というか、大まかですよね(笑)。
でもフランス人は日本人より平均的に数学が苦手なはずだし、時間の観念や、細かいお金の計算にも無頓着な感じで、そういうところは好きです。

2005年11月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。