スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

フランスの味




パリに旅行したときの写真を整理していたら、こんなポトフ屋さんの写真が出てきました。
ここは小さなポトフ専門店です。アールヌーヴォーのポスターとカントリーテイストな椅子やテーブルクロスがかわいくて落ち着く空間でした。




視線を上にやると・・・なにかぶら下がってますね。なぜか大きな木製の人形が天井からぶら下がっていました。

今日は食べものに関することを書いてみようかな。
留学していたとき、わたしは従妹のおばさん(海外未体験)と手紙のやり取りをしていたのですが、そのおばさんからの手紙で笑ったのは「すごいね! 毎日フランス料理を食べているんでしょう」と書かれていたこと☆
確かにホームステイしていたときは、毎日フランスの家庭料理を食べてたけど、そうか、それってすごいのか!? と改めて考えたことがありました。
パリにいたときは、わたしはどちらかというと、フランスらしい食事より、ベトナム料理や韓国料理や、レバノン料理、ギリシャ料理などにはまってたし、ニースにいたときは自炊をしましたが、ほとんど自己流のイタリアンか、プロヴァンス料理っぽいものを作ってました。
一般にイメージされているフランス料理っていうものは、東京でしか食べたことがないような気がします(笑)。

ホームステイでの食事は案外質素であっさりしたものが多かったです。だいたい夕食は7時過ぎ、料理を作るのはマダムですが、運ぶのは息子たち、ワインを注いだり薦めたりするのは男性。女性は食卓でボトルを持ったりはしません。最初に赤ワインが出て、次にパン。メインとサラダはその家はいつも同時に出てきて、後から前菜がでてきたりもしました。ナイフやフォークはお皿ごとに新しいのが出てきます。その後にカマンベールや、ハードタイプのチーズや、デザートがあるときは手作りのチョコレートケーキや林檎のタルトなどが出てきて、最後に果物が出ておしまいといった感じでした。メインは肉と魚は半々の割合でした。意外だったのはお米を結構食べるということ。フランスではお米は野菜扱いなんですね。サラダのなかに固めのお米が入っていて、すっぱいドレッシングであえてあるものによく出会いました。お米をおかずにパンを食べるのかーと最初は感心しました。
その家でよく出たメニューとしてはキッシュ・ド・ロレーヌやチーズ・フォンデュも出ましたが、フランスの家庭料理といえばやはり煮込み料理が多かったように感じました。一度カレーも出たことがあったのですが、なにかスパイシーな牛肉の煮込み料理といった雰囲気で、日本の家庭でよくみかけるカレーとは全然違うものでした。

やはりフランス人は猫舌なのか、アツアツな料理はなく、味付けもあっさりとしていて素朴で美味しい料理ばかりでした。
だいたいどこのカフェやレストランでも塩とコショウとマスタードはテーブルに用意されているので、味が薄いと思えば好みで加えて調整すればいいのです。
パリにいたときは日本食が恋しくなったりしましたが、ホームステイをした頃にはすっかりフランスの食卓や味に慣れていました。

日本に帰って食事のときに抵抗を感じたことはいろいろありました。まず、和室などで床に座るってことがいまだにイヤですねー。あと女性が気を使ってテーブルの上の物を取ったりすることや、男性の食事の仕方で嫌なことも沢山あります(小うるさいと思われそうなので書きませんが)、あと醤油が妙にしょっぱく感じました。今までなんとも思ってなかったのに「怪しい黒い液体」に感じたりして(笑)。そして、やはり熱いものが苦手になったのと、周りの人が麺類をズルズルいわせて食べたり、お茶などを飲んで「ハーッ」とか言われると首筋が寒くなります。。。あと、そうそう、箸で食べると左手が暇なのと、一度にいろいろなものがテーブルに並んでいると、なにか集中できません。。。あと、今まで普通に食べてたお菓子類が妙に甘く感じました。あと、北海道のせいもあるけど、味付けが全体的にしょっぱいです。

・・・もう、いいかげん、慣れてもきましたが(笑)、お話を最初のポトフに戻すと、衝撃的だったのは、うちの母がポトフをずっとロシア料理と信じていたこと。。。そういえば、ホームステイ先ではポトフって出なかったような気もするな・・・。フランスでポトフって、旅行でパリに行った時、そう、この写真のお店で食べたのが最初で最後かもしれません・・・。

2005年12月04日 | つぶやき | こめんと 19件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

私も

ポトフ=ロシア料理と勘違いしていたのは、しゃるろっとさんのお母様だけではありません。実は私も。名前がロシアっぽくないですか?冷えた体を温めるためにポトフを食べている、毛皮の帽子をかぶったロシア人。そんなイメージがあります。

2005年12月04日 / オルサ #-URL編集

オルサさんへ

あれ?
結構そう思っている人はいるのかなー。名前が確かにフランスっぽくないですよね。フサフサの帽子かぶった人が食べてそうか(笑)。

2005年12月04日 / しゃるろっと #-URL【編集

ボルシチと勘違い?

ボルシチと一緒になってるんでしょうね~。
和製ポトフはおでんだと思っていますが、フランスで食べた時はどんなものでしたか?
食の話しはやっぱり見ていて愉しいですね♪
アレがだめになった、
コレも(;`O´)oダメーーー!!(笑)
って、大変ですね。お酌の文化は確かに私も解せません。注ぎたい人には喜んでするけど、お酌は女性がしなくちゃいけない!みたいな女生が隣にいる大勢での飲み会は遠慮したいです‥‥。私が思いっきりずぼらに見えるから(笑)

2005年12月05日 / mine #gcWPADJgURL編集

mineさんへ

たぶん、うちの母は何も考えていないと思います(笑)。
その店のポトフはとにかくボリュームが多くて、味はあっさりしてました。

わたしもそういう集団の飲み会、ダメですねー。遠慮したい。
帰国後にフランス人と日本人の混ざったパーティに行った時、どっちのマナーにあわせればいいのか一瞬考えました。でも立場の偉い男の人にワイン注いでもらってましたね(笑)。

2005年12月05日 / しゃるろっと #-URL【編集

こんばんは、しゃるろっとさん。ポトフがフランス料理だったなんて、知りませんでした。ドイツかロシア料理だと。。。^^;
 フランスにいて、日本で想像するフランス料理を食べないの、私も分かります。私は、よくスパゲッティを食べてました。(私の場合は経済的かな?)帰ってきてから、2年間、イタリア料理は、食べられませんでした。@@ 

2005年12月05日 / Mii #uszzu23EURL編集

Miiさんへ

そうですか。あまり知られていなかったのですね(笑)。
あと、わたしが面白いと思ったのはシュークリームってフランスのお菓子なのに、お店では本当にみかけないってこと。エクレアは普通に売っているんだけど、シュークリームはなかったですよね。

フランスのパスタって、ホームステイしていたとき、よく子供たちが茹でたパスタにケチャップだけで食べてたのが印象的でした。。。
二年も後引きましたか。食べ物って大きな問題ですよね☆

2005年12月05日 / しゃるろっと #-URL【編集

食べて飲める授業

こんばんは、ごぶさたしてます。

私も、大学で「フランス料理講座」の授業を取るまでは、ポトフってロシア料理と思ってました~。ごった煮って繊細なフランス料理とは無縁なイメージですよね。
ちなみにその授業では、チーズ食べたりワイン飲んだりしました♪♪めっちゃ授業中なのに・・・
あっ、酒目当てでとったわけではないですよー(必死!)
主にフランス料理の作り方を訳したり、チーズやワインの名前とか特徴とかを勉強する素敵な授業でした。ワインの名前、もう忘れちゃったなぁ、残念。

確かに毎日日本で言うフランス料理のフルコースを食べてたら、破産するよね、笑
私がフランス行った時は、まだ二十歳で、独りでレストランに入る勇気がなく。ちゃんとしたフランス料理と言えば、オルセー美術館のレストで食べたコース料理ぐらいです。あの頃は、旅の楽しみ方とか遊び方を知らなかったな~もったいなかったな~って思います。
そしてモーレツに今フランスに行きたい。今ね、今!!

2005年12月05日 / uwabami #-URL【編集

uwabamiさんへ

おおっ、復活しましたね。さっき、ブログ見ましたよー!!!

家庭で食べるフランスの料理、ごった煮が多かったですー。肉料理など意外とワイルドですよー。
わたしはフランスの家庭料理、とくにプロヴァンス料理を習いに行きたいですね。カジュアルな感じの。ワインとチーズ飲み放題か、いいなー★

オルセー美術館のレストランって、わたしは覗いただけで「ま、高いわ」ってやめたような。。。あそこ、わたしの目には豪華です。ひとりであそこで、まぁ★

今、フランス行くとクリスマス真っ盛りで素敵でしょうなー。あー、お腹すいた。←関係ないか?

2005年12月05日 / しゃるろっと #-URL【編集

“ポトフ”は、やっぱり、最後に、“フ”が付くから、ロシアだと思っちゃうんでしょうね。

>周りの人が麺類をズルズルいわせて食べたり、
お茶などを飲んで「ハーッ」とか言われると首筋が寒くなります。。。

ズルズルは何となく分かりますが、ハーッって言うのもダメなんですか。
初めて知りました。面白いですね~。
じゃあ、ラーメン屋さんはつらいですね。

お米の話、面白いです。
世界の食文化を扱ったエッセイか何かで、私達が普段食べている白いご飯を、
“温野菜のサラダ、ソースなし”と表現しているのを読んで、
「な、なるほど」と、やたら感動してしまった事がありました(笑)。

私は猫舌の逆でアツアツの料理が好きで、絶対冷める前に食べたいので無理をして、
いつも口の中の皮がめくれます。

2005年12月06日 / schu #W4HijnrEURL編集

schuさんへ

なるほど、「フ」のせいでしたか(笑)。

そういえば、パリでラーメン屋さんに行った時、フランス人はみごとに音をたてずにラーメンを食べていました。
ホームステイ先でなぜかインスタントラーメンを作って出したことがあるのですが、みんな「ふーふー」やって麺もすっかり延びきったのを食べてました。口では「美味しい」と言いながら、残してました。。。

「温野菜のサラダ、ソースなし」はすごいですね。わたしは日本のごはんは、いまだに妙にやわらかく感じます。歯ごたえが欲しい。

ちなみに、チーズ・フォンドュはスイス料理です(一応・・・)

2005年12月06日 / しゃるろっと #-URL【編集

このポスターはNYのメトロポリタン美術館で出版されている‘メトロポリタン・キャット’という画集にも載っています。
猫好きの方ならお持ちになっているかもしれませんね。
テーブルで隠れたあたりに猫が描かれています。この画集はあの美術館に所蔵されている美術品の猫のモチーフを集めたものでとっても見ごたえのあるものです。

2005年12月07日 / erin #-URL【編集

あ、聞き忘れました。
このお店、美味しかったですか?
いったいどこなんでしょう。
行って見たい・・・

2005年12月07日 / erin #-URL【編集

そうだ

スタンラン(Steinlen)ですね、このポスター。
女の子が牛乳を飲んでいて、猫がながめているポスターを知っています。

2005年12月07日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

erin さんへ

このお店、いろんなポスターやチラシが貼ってあってレトロな感じで落ち着きました。小さい店ですが、日本のガイドブックによく載っているようで日本人の観光客もよく訪れるようです。マドレーヌ界隈にありんす。

フランスのサイトはこちら

www.parishotels.com/restaurants/prs_list_rest_detail_le_roi_du_pot_au_feu_en.html

日本のサイトで紹介されてました。

http://www.takashimaya.fr/chouchou/index.asp?vol=1

メニューはこちら。

http://misumi.sucre.ne.jp/honey/july06/dsc01029.html

わたしの感想としては、フランスで他にポトフを食べてないので比較できませんが、とにかくボリュームはが多いので食べ応えはあります。ちょっと昼にいくには、量も多いし、高いかな? ポトフのメニューは何パターンかありました。

2005年12月07日 / しゃるろっと #-URL【編集

フランスのサイト

貼り付け失敗してました。

今度こそっ、こちら。

http://www.parishotels.com/restaurants/prs_list_rest_detail_le_roi_du_pot_au_feu_en.html

2005年12月07日 / しゃるろっと #-URL【編集

そうか

ロートレックのお友達の。

猫の画集いいっすね。
わたしはウォーホールの猫のサム・シリーズのカレンダー持ってました。

2005年12月07日 / しゃるろっと #-URL【編集

ありがとうございます

千葉さんの並びとは気が付きませんでした。場所、わかりました。ありがとうごさいます。
なんちゃってポトフは良く作りますが、うちのはお肉1種類。
昔TVでマーサ・ステゥアート(米国の元?カリスマ主婦)が作っているのを見ていたら、いろいろな肉類と骨髄とか入れていてびっくりしました。
本物をお店で食べてみたいと思います。

2005年12月08日 / erin #-URL【編集

千葉さん

懐かしいですね~。あそこのお菓子も美味しいですよね♪
確か、わたしが行ったとき、千葉さん自らがレジをやってくれたような。なにか周りはお上品そうなマダムたちがお茶してましたね。
その界隈で食事するのは、本当に旅行のときくらいで、住んでいるときにはまるで行きませんでしたー。

にんじん、まるごと一本入ってますねー。日本の感覚よりワイルドで、野菜もシャリシャリしていたような記憶があります。

パリで食べ歩きしたいなー☆ erinさんがうらやましいです。すぐ行けて。

2005年12月08日 / しゃるろっと #-URL【編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012年08月23日 / #【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。