スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

オルセー美術館☆潜入記




フランスの冬らしい景色を探したところ、見つけました。このオルセー美術館のたたずまい、寒そうですねぇ。(実はこの写真撮ったのは冬じゃないんですけど・・・)
今日はオルセー美術館のお話です。フランスのサイトはコチラ

わたしはなぜかここのなかに入ったのは、パリに来てからだいぶたってからのことでした。旅行でもルーブルやポンピドゥーにはすぐに行ったけど、あまり印象派の絵に興味がなかったし、なにかオルセーには気軽に入りにくい雰囲気が漂っていたらしい・・・。

ある退屈な日曜日、わたしはここに行くことにしました。運よく「無料で開放している日」に当たり、ちょっと人が多いなーと思ったけど、ま、なかへ。




なるほど、もともと駅だった面影が忍ばれますね。

現在美術館として、すっかりパリの有名な観光のメッカになっているこの建物、20世紀初頭にパリ万博のために建てられたもので、駅としての機能を果たさなくなってからは取り壊しの声も上がりましたが、80年代後半に近代の作品を所蔵する美術館として生まれ変わりました。いわゆる「印象派」の有名どころが集まっております。

ガラス屋根からは自然光がたっぷりと入り、開放的で作品の展示の仕方も面白いと思いました。

わたしがここでいちばん印象に残っているのは、もう何度かこのブログで書いているのですが、モネのルーアン大聖堂の連作です。
わたしはどちらかというとフランスの風景画はみんな同じように見えてしまう人で、それまでモネもルノワールもセザンヌもごっちゃだったのですが(今もあまり区別がつきません)、その絵の色のトーンや、なにかこちらに迫ってくるようなのっぺりとした壁の質感など、ずっと眺めていても飽きない魅力を感じました。
そういえば映画「タイタニック」のなかでも、ディカプリオがモネの「睡蓮」を見て「この色使い、すごいだろっ」とかなんとか言っていたような(笑)。
その後、わたしはモネのジヴェルニーの家で、本物の睡蓮の池や彼の浮世絵コレクションでいっぱいのかわいいお部屋を見にいきました。彼が描いたノルマンディーの風景のなかで少し暮らしたせいか、あの色のトーンがどうしてこうも「薄ぼんやり」としているのか理解できたように思います。単に彼の目が悪かっただけじゃなかったのですね(笑)。
モネの代表的な作品はコチラから




ま、話をオルセーに戻すと、大きな時計の裏側にまで行くことができます。
ここからは目の前に広がるセーヌ川の景色が美しいです。




そして、入口前の広場にはパォーンと象さんの像が吠えております。筋肉質でリアルです。有名な方の彫刻ですか?




なぜか、この象さんのまえで記念撮影している外人さんたち(アンタも外人)多し。

このエリアは東京で言うと白金あたりに相当するのでしょうか。官庁の建物などがあり、普段ふらりと散歩に歩く感じでもありませんでした。
ちょっとお茶するにも店がなさそうですが、オルセーのなかにあるレストランは落ち着かなそうなので(あのミント色の椅子といい、ぶら下がったシャンデリアといい・・・)、そこでの食事はパスして、わたしは裏通りを歩いてみました。
すると通りをちょっと入ったところで、すぐにカフェを発見しました。テラス席でのんびりしたあと、さらにその界隈をぶらつくことにしました。




なんと、オルセーの裏側の通りを少し行くと、ゲンズブールの家のあるヴェルヌイユ通りに出るのですね。
こんなシックな通りの端に、いきなり激しい落書きだらけの壁が出現するんだからショッキングですね。コチラも参考に

こんなふうに裏通りをぶらぶら歩いて、サンジェルマン・デ・プレまで出てみるのもオツなものかもしれません。くたびれても一息つけるカフェは沢山あるし、小さな公園のベンチでぼうっとするのもいいかもね。

ところでこの記事を書いていて思いだしました。母のびっくり発言がまたもやありました。
ある日テレビを見ていた彼女、唐突にわたしに話しかけてきました。。。
「モネの絵って、あんまり見たことないけど。有名なの?」
「・・・睡蓮の絵はいろんなところで見たけど」
「風景画といえば、ルノワールはわかるんだけどねぇ。モネなんて聞かないねぇ」
「・・・いや、睡蓮は有名かと・・・」
「そういえば、自分の耳切った画家って誰だっけ? あの色の派手な人、ピカソだったっけ?」
・・・そりゃ、ゴッホだよ。ママン・・・★

2005年12月09日 | パリの出来事 | こめんと 18件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

パォーンと象さん

19世紀のいちおう有名らしい彫刻家の方で、Fremiet さんです。以前に本で読みました。

http://lartnouveau.com/orsay/sculptures/sculptures_animaux.htm

オルセーのマネとドガはみてみたいです。

テレビや雑誌で印象派と後期印象派がまざって紹介されているので、どれがだれのか、だれがだれだかわからなくなっています…。

2005年12月09日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

発見。

みて、みてー!!!
この象の後ろの足元に・・・カエル?

http://lartnouveau.com/orsay/sculptures/animaux/ele.htm

なんか、ここで日本の曲げを結った女性みたいな力士みたいな彫刻もあったという情報をどこかのブログでみたような☆

サイやら、いろいろいましたね。なぜに象?
気に入ったのかー??

パリ三大美術館のなかでは、いちばんゆったりした印象を受けました。
わたしはどちらかというと、モダンアートが好きですが、「空間の創りかた」がいいなと思いました。

2005年12月09日 / しゃるろっと #-URL【編集

曲げの人

オルセーの新しい入口に曲げの人。。。

http://mirabelle.exblog.jp/787305#787305_1

やっぱ、笑えるなぁ、芸術の街って☆

2005年12月09日 / また発見。 #-URL【編集

ちょんまげ女力士

寒くて目が覚めました…。(泣)

この六大陸の女性像は、それぞれの大陸の神話や伝説の女神ですよねー?

http://lartnouveau.com/orsay/sculptures/les_continents.htm

と思ったのは、ちょんまげ女力士の l'Asie が日本画(浮世絵とか)で描かれる「江口の君」(普賢菩薩が遊女に化身している)の見立てなのですが…。

l'Europe と、l'Amérique du Nord は、自由の女神、独立の女神? なんじゃ?

2005年12月10日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

☆コメントありがとうございます。
 ブログをするのもほんと久々です。
 久々ブログを覗きにきました~

☆しゃるろっとさんは、北海道に住んで
 いるのですよね。今日はとうとう札幌も
 冬景色になっています。

☆私もいつか…ヨーロッパが好きで、
 フランスの方にも訪れたい夢があります
 今回の記事、モネの庭もいいですね~
 ぼ~と散歩するのが夢です(笑) 
 これからも参考にしたいと思います♪

2005年12月10日 / cioccolata #-URL編集

oomotさんへ

早起きですね。ステキっ☆

それにしても、そのサイト優れものですねー。写真大きくなるし。
いろんな女神像たち、ズラリと、なにか艶々していて怖いですねー。(これは実物を見ていないのが悔やまれます★)

「六大陸」といえば、フランスのワールドカップのときの巨大な人形パレードをご存知ですか? あれは何度もビデオで観ました。東洋の人形は「角刈り」でした(笑)。そんなのがパリの街をダンサーや怪しいキャラと共に練り歩くのです。サッカーに関係ないじゃんと思いつつ、なにかフランスらしかったです。

2005年12月11日 / しゃるろっと #-URL【編集

cioccolataさんへ

昨日はほんと寒かったですねー★
この季節、何をするのも大儀です(笑)

モネの庭、想像より大きくて花が咲き乱れていました。さすがに観光客も多かったです。わたしはそこは友達と行ったので、人物の入った写真ばかりで、ブログで使えそうな写真がないのが残念です。本当にメルヘンチックなかわいい家でしたよ。

わたしも、フランス行きたいなぁ。

2005年12月11日 / しゃるろっと #-URL【編集

色んな事を考えつつ

色んなコメント書けるぞ~!美術関連だ~!と思ったら最後のママンの発言で笑ってしまい、忘れましたが、フランスを除く他の国で、ルノアールとモネの所有作品が次に多いのが日本だそうです。だからどんな小さな地方美術館に行っても見れますよ~。と、ママンにお伝え下さい。(*'ー'*)ふふっ♪

2005年12月11日 / mine #gcWPADJgURL編集

mineさんへ

いろんなこと聞きたかったです(笑)。

フランスも美術館たくさんあるけど、日本(東京しかしらないけど)も収蔵作品すごいですよね。わたしは偶然、まったく同じ彫刻をパリと東京(どちらも野外で)見たのですが、置かれている場所によって、こうも印象が変わるのかーと感心したことがあります。

うちの母は、美術館なぞには行かない単なる素朴な人なので(というか、まさかこんなところでネタにされてるとも知らずに、今は夢の中です~) ふふっ♪

2005年12月11日 / しゃるろっと #-URL【編集

しゃるろっとさんへ

フランスでのワールドカップのパレード、テレビのニュースでみました。来年のドイツでのグループ組合せもきまりましたね。じつは、ドイツのほうがみたい建物や美術がたくさんあったりします。いまさらながら、ドイツ語を勉強しておかなかったことをかなり後悔しています。(大泣)

しゃるろっとさんがパリと東京でごらんになったと思われる彫刻を、私はカリフォルニアと東京でみましたよ。

2005年12月11日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

奇遇です。
昨日オルセーに行って来たばかりです。
今あちこちに主要作品が貸し出されているということで充実度としてはいまいちだったらしい。そうゆう事もあるのですね。

ガイドさんの受け売りですが、モネは晩年になるほど色が濃くなっていったのは逆に目の病気(緑内?白内?)のせいだったそうです。ドガも同じ理由で彫像が残っています。やっぱり画家って目を酷使するのでしょうか。

2005年12月11日 / erin #-URL【編集

oomotさんへ

あ、oomotさんがおっしゃっているのは。。。自由の女神像のことですか? ひょっとして(笑)。それも見ました。
わたしが見たのは、デュビュッフェや、モダンアートの作品群です。東京では現代美術館の公園で、パリではシャンゼリゼで見ました。

ドイツの建築やお城などはわたしも興味あります。建築でいうとフランスはヨーロッパの中でもシンプル(インパクトが弱い)かもしれません。ドイツのそばのストラスブールに行ったとき、建築も凝っていて、街も清潔で過ごしやすかった印象があります。

2005年12月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

erinさんへ

そうですか! 奇遇ですね。

わたしはモネは晩年の作品の色の感じのほうが好きかな。

そういえば、以前テレビでみましたが、天才画家は目のぱっちりした人が多くて、それは絵を描くときに一般の人より瞬きが少なくて、動くものを捕える能力(視力っていうんでしょうか?)が強い人が多いというのを見て、目のギョロっとした画家がたくさん浮かんでしまいました。日本でも、日比野さん、とか横尾さんとか、岡本太郎さんとか 草間さんとか♪、ダリやピカソもギョロ目だなーとか(笑)。

2005年12月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

erinさんへ 再び☆

今、erinさんのブログでコメントを試みたのですが、出来ません(泣)。パスワードでひっかかるみたいです。。。なぜっ

質問があります。以前、話題になったのですが、オルセーにアールヌーヴォーの家具の展示している部屋はありましたか?
ナンシー派などのインパクトの強い大型の家具などです。
わたしの記憶が定かではないので、お願いします☆

2005年12月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

オルセー

手元の地図によるとおそらく中階(2階、日本の3階)だと思います。今回は印象派~後期がテーマだったので素通りしています。
テーマを絞っても回りきれなかったので次回持越しとなりました。

画家の目のお話興味深いですね。
感覚的な才能のほかに肉体的な資質の適性でしょうか。

コメントが入りませんですか?
ごめんなさい・・どうしてでしょうか??

2005年12月12日 / erin #-URL【編集

しゃるろっとさんへ

それは~、ロダンです。「地獄の門」などです。スタンフォード大学にロダンの彫刻の庭園があります。

http://ccva.stanford.edu/

「地獄の門」は、日本に二つあったと思います。(もっとあったかな?)

モネの目の病気は、白内障です。(たしか)
二十代のころから目が弱く、六十代ごろ(?)に発症していたと本で読んだような。自邸の庭の同じ主題を描いたものを比べると、発症後の絵は、あの独特なタッチがさらに“ボケボケェ~”になっていたと思います。

2005年12月12日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

erinさんへ

お返事ありがとうございました!

やはり、オルセーですか。年代などからしてもそこにあるのが自然ですものね。(なぜ、わたしはルーブルで見たと記憶しているのだろう???)

コメントは、また再度挑戦してみます。Yahooブログでも他の方では普通に入ったりするので、謎です。こんなことは以前、エキサイトの方にコメントしたときもありました。

そうそう、ベルシーのシネマティークを薦められたそうですが、わたしはそこに最初映画を観に行ったとき、会場がたくさんあって迷いました(笑)。
あの辺の地域はうまく古いワイン倉庫を残して、上手に開発されたなーと思います。なかなか散歩などに素敵なエリアだと思いますよ♪ 

2005年12月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

oomotさんへ

全然違ってましたね。失礼しました(笑)。

「地獄の門」は東京で見たと思います。記憶は怪しいですが。パリのロダン美術館は前を通ったことがあるくらいです。そんなわたくしなので~。

モネは目の病気のせいで「ボケボケ・タッチ」なのもあるけど、ノルマンディーの太陽の弱さがさらにそれを推し進めているような印象を受けました。あの地方は本当にほとんど毎日雨で、日がさすことが少ないので。
モネのあの執拗なタッチは、やはり晩年になるほど磨きがかかっていると思いました。同じモチーフを追い求める執念とか。

それにしても、メルヘンな家に住んでました(笑)。たくさんの浮世絵に囲まれて。

2005年12月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。