スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

聖夜の祈り




パリのモンマルトルにある、サクレクール寺院でのミサの様子です。




たくさんのキャンドルの明かりのなか祈りを捧げる人々。




賛美歌を歌う人々。




見守る神々。




「我らが主の御心のままに!」




聖書をかたどったステンドグラス。




このシンプルでモダンなステンドグラスはわたしのお気に入り。




入口にあったミサの看板。

はじめてパリに旅行したとき、サクレクール寺院のミサに偶然出くわしました。後ろのほうから様子を眺めただなのですが、なぜだかとても神聖な気分になりました。

その後、パリの学校に行っていたときに、カトリック信者でもないのにノートルダム寺院の日曜日のミサに参加したことがあるのですが、賛美歌もわからないし、配られるパン(神のご身体だそうです)も当たらないし、熱心な信者の人々に申し訳ないし、時間が長くて退屈してしまって途中で退散。(今、思うと無謀だ☆)

その同じ年、ルーアンにホームステイしていたとき、クリスマス・イブの日にホストファミリーとパリ郊外の小さな教会のミサに一緒に行くことになりました。家族たちに混ざって賛美歌を歌ったりして(もちろん、ほとんど口パク)このとき長いクリスマスのミサを最後まで体験することができました。(クリスチャンではないので、神のパンは食べませんでしたが)

そのときもらった讃美歌の載ったパンフレットのイラストなど。







フランスのクリスマスのミサは、日本でいうと初詣みたいなものかな。
みんな、それぞれなにを祈るのでしょうか。

このシーズン、巷に溢れるクリスマス・ソング。
そういえば、フランスにクリスマス・ソングって、なにかあったかな? まるで思い出せません☆

2005年12月21日 | パリの出来事 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。