スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

パリのお正月




今日は留学していたときに過ごしたパリのお正月のお話です!

そのときルーアンにホームステイしていたわたしは、お正月は以前留学していたパリで過ごすことにしました。
お正月ということもあって、ホテルを前もって予約しておかないとどこも満員なんじゃないかと思いつつ、いつものごとく着いた足で直接ホテル探し。ルーアンに引っ越してからもちょくちょく週末はパリに出かけていたけれど、今回は3泊4日の予定なので久々にのんびりとしたパリ滞在の夢☆は広がりました。
わたしは以前パリで住んでいたのはエッフェル塔に近いエリアで、それなりに静かな住宅街で住みやすかったけど、住むのに憧れるのは中心より東側の左岸の地区、たとえばカルチェラタンなど。サンジェルマン・デ・プレもいいなーと思うけど、住むにはワサワサと落ち着かなさそうだし、あと右岸ではマレ地区も憧れるけど、あそこはなにかとハードルが高そうだ(笑)。

で、やはりお正月ということで行くホテル、どこも満室。おまけに冷たい対応にも負けずに荷物をガラガラ引きずりつつ十数件目にしてやっと空き室のあるホテルを発見!

そこはソルボンヌのそばの二つ星ホテルでした。ホテルの人も親切そうで最上階の屋根裏部屋風の部屋に通してもらいました。
上の写真は、そのお部屋から眺めたお正月のパリの屋根の風景です。




そのホテルのパンフレットも発見しました。そこから外観の写真も頂戴しました☆
ホテルのホームページもみつけました。「Hôtel le home latin」 コチラから(仏語と英語)

ここに滞在したら、徒歩でリュクサンブール公園やムフタール市場、サンミッシェルの繁華街や、少し足をのばせばノートルダム寺院も行ける! 朝はまず公園をお散歩だわ、などと素敵なパリの休日の夢は広がりました(笑)。

カルチェラタンの周辺の情報はコチラからどうぞ~。

さっそく大晦日はエッフェル塔でカウントダウン♪ と思いつつシャイヨ宮に友人たちと出かけたらいきなり大雨。しかも傘なし。。。まわりの人々はワイワイ抱き合ったり、歓声をあげたりしていたけど、爆竹は飛びまくってるし、人ごみでギュウギュウだし、メトロは封鎖されるし、バスは超満員で停留所を通り過ぎていくしで、帰りの交通手段はなくなるし、せめて雨宿りにと近くのカフェに行っても超満員で入れないし、公衆電話は回線が止まっちゃうし、はっきり言ってこのイベントに対してパリ市はなにやっとんじゃ! と叫びたいような夜でした。。。 挙句の果てには人の波のなか友人のひとりとはぐれてしまうし。。。パリのお祭りごとでいい思い出ないですね、わたしは。。。

で、翌日の元旦はわたし、なぜか友人の友人が企画したシャン・ド・マルス公園の凧揚げ大会に御呼ばれしました。なぜかエッフェル塔をバックに凧揚げを集団でするという。。。怪しい企画でした。
行ってみたら、直接のわたしの友人はまるで参加せず(彼女はいつもヨージなど黒っぽい格好で決めていて、とてもワーイ☆と凧揚げなどしそうもないキャラでした)、他の人々はドヤドヤと手作りの凧をめいめい持ち寄り、おまけにどういうわけか日の丸のデカイ国旗までもってきやがった。わたしは彼女しか知っているひとがいないこともあり、ベンチで二人で荷物番。。。日の丸も一緒。。。まわりの観光客らしき外人たちの好奇の目が集まり、ビデオカメラまで回されてました。そんななかで愉快そうにエッフェル塔をパックに空高~く凧を上げている彼らって一体。。。

そのあと日本人10人くらいで、ガヤガヤとアンヴァリッドの近くのカフェに行き、ほとんど会話も弾まなかったような気もするなか「へー、ルーアンに住んでるの? じゃあ、日常会話、全部フランス語ー!? スゴーイ☆」などとまわりの人々にわたしは妙に感心され、そういえば、こんなに日本語を喋ったり聞いたりするのは久しぶりだ。。。と今更ハッとしたりして(笑)。ある意味、パリを出て地方でホームステイしたのは正解だったかも。。。としみじみと感じたりもしました。やはりパリは日本人が多すぎる。それも風変りな個性的な人たちばっか☆

ま、気分を変えてお食事の話でも~。
そのパリ滞在中にわたしが食べたもの♪ 最初の夜はホテルの近所でデカイ☆ギリシャサンドをお持ち帰り。あとは友人宅で手料理を頂いたり、あ、ムフタール通りからちょっと入ったところにある韓国料理店「韓林」(HanLim)で焼肉食べました。ここは在パリの日本人も多くやってくるお店で美味しい。



って・・・ステキなパリ滞在☆、いつかリベンジしたいですね。。。ボソリ。

2006年01月03日 | パリの出来事 | こめんと 8件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

行動力

わけていただきたいです、その行動力を…。

しかし、なんというか、語学教材ですっかり刷り込まれていて、行ったこともないのに、この界隈の地理(地図)を知っていますね…。

焼肉は、もしかしたら、海外で食べるのが正解なのかもしれません。私もアメリカのオレゴン州で韓国系の方が経営している店で食べたのがいちばんおいしかったです。

2006年01月04日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

計画性

がないのです。前もってネットや電話で予約を入れれば済む話なのですが、フランスでは案外予約いれずに、その場でホテル探しをしている人が多いというのもありますが。
当たってくだけろ精神は、フランスで身についたような(笑)。

パリではアジアン系のレストランにヒットが多いです。ベトナム料理は東京で食べるより断然美味しいと思うのはわたしだけでしょうか。お寿司やラーメンも意外と美味しいと思いました。日本食は値段が高くなりますが。アメリカでもどこでもチャイナ・タウンはあるみたいですね。中華料理はハズレがないですよね。

2006年01月04日 / しゃるろっと #-URL【編集

パリのエスニック
私は今日、インド料理を食べました。
あるところに行けば(インド街?)沢山あるそうなのですが、家の近所ではあまり見かけないので久しぶりでした(最後に食べたのは東京でした)
ナンの中にチーズが入っていたのですが(とけてた)・・・
これはフランスならではでしょうか。

2006年01月05日 / erin #-URL【編集

中華料理

うむむ、たしかに、アメリカでもカリフォルニアでは、中華、インド、ベトナムは、あまりハズレがないと思います。カリフォルニアは、果物と野菜が新鮮なので、そうなのかな?
オレンジとか日本で食べているのは、ニセモノだと思いますよ。(笑)

しゃるろっとさんの当たってくだけろ精神、すばらしいです。
私は、綿密に計画して倒れるです…。(トホホ) ま、邪魔やつまらない呪縛も多すぎたような気がします。

2006年01月05日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

erinさんへ

「あるところ」というのは、もしや東駅に近い、あのエリアですか?
わたしはそのインド人街(パサージュみたいな通り)を潜入したことがあるのですが、なにか純粋なインドというよりはパキスタンが混ざっているような印象が。。。パリの中華街もベトナムが混ざっている感じですがね。

怪しい雰囲気ですが、たぶん10ユーロもしない(5ユーロとかのメニューもあると思います)。あ、わたしは雑貨屋さんを覗いたくらいでそこでは食べてないです。。。

チーズ入りのナンは東京で食べたかな。フランスの他の地方ではインド料理店にいきましたが、パリではなぜか行ってません~。

2006年01月05日 / しゃるっと #-URL【編集

oomotさんへ

パリにいるときは、結構中華のお惣菜屋さんのお世話になりました。近所に何件かあって、辛めの焼きそばとか、エビチリも美味しかったわ♪ ラーメンは中華レストランで食べるより、日本人街でキムチラーメンとか、味噌ラーメンとかわりと食べにいってました。パリではホント洋風なもの食べてませんわ、わたし☆

当たってくだけろ精神なわりには、あまり危険な目にあうこともなかったので、フランスは暮らすにしても、旅行するにも、身の危険を感じることなく過ごせると思います。

2006年01月05日 / しゃるろっと #-URL【編集

プププ…

どなたも触れてないけど…
日本人だらけの凧揚げ大会inパリ、
想像したらシュールすぎて
新年初笑いでした(笑)

2006年01月05日 / ami #nD4vuAl2URL編集

ヒヒヒ♪

そうです。みんな避けていた話題を、あなたは。。。

わたしもお誘いを受けた時点では、なんて楽しそう☆と思って行ってみたら。。。その日は朝は天気良かったのに、たちまち曇ってきて、風はビュービューで、彼らの手づくり凧も大空高く~飛んでいっちゃって、傍目に、とっても無謀な集団でした。。。外人のギャラリーの目はひいていたけど。。ほんとにアホですねん。

・・・でもパリの思い出って、アホ話が多いですね。。。

2006年01月06日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。