スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

凱旋門いろいろ




今日はパリのシンボル、凱旋門のお話をします。

パリという街は、ほんとにモニュメントだらけの街ですよね。わたしはパリといえばいろんな建造物をイメージしてしまうのですが、全体的なイメージとしては重厚な石で出来た街、建物に色がなく、どれも背丈が揃っていて、風景としてはセピア調やモノトーンが似合うようなシックでかつ大人っぽい街・・・といった感じかな。

凱旋門といえば、上の写真の誰もが知っている、あのシャンゼリゼ大通りの緩やかな坂を登りきったエトワール広場にある大きなモニュメントですよね。エトワールの凱旋門(L'Arc de Triomphe de la place Charles de Gaulle)は高さが50メートルにも及び、ナポレオン1世が軍の勝利記念としてつくらせたもので、彼の死後の1836年に完成されました。この凱旋門、上に登ることもできるんですねー。いつか登ろうと思いながらいまだに登ってませんが☆ 実際はじめて本物を見たとき、想像以上の大きさと重厚さに圧倒されました。

ところで、パリには凱旋門と呼ばれている大きな門のモニュメントが他にも4つあるということをご存知でしたか?




シャンゼリゼ大通りを東にひたすらまっすぐ歩いていき、コンコルド広場を渡り、さらにチュイリー庭園の門を越え、しばらくするとルーブル美術館の前にカルーゼル凱旋門(L'Arc de Triomphe du Carrousel)が見えてきます。

この門もナポレオンの勝利を記念して1806年につくられました。柱の部分はピンク大理石で出来ていて、エトワールの凱旋門より小ぶりながら華麗な装飾が施されていて見ごたえがあります。




いちばん新しく巨大なのは、新都心デファンス地区にある新凱旋門と呼ばれているグランド・アルシュ(La Grande Arche)です。コンコルド広場方面からみるとちょうどエトワールの凱旋門の背後にそびえるようにして建っているこの門、先ほどのカルーゼルの凱旋門と一直線上で結ばれているのですが、実は真ん中が空洞で門の形をした高層ビルなのです。高さは110メートルにもおよび(エトワールの凱旋門の二倍以上の大きさ)、このなかには、なんとノートル・ダム大聖堂がすっぽりと入るそうです。
ここでは1989年のフランス革命200周年に先進国首脳会議(サミット)が行われました。
設計はデンマークの建築家スプレッケルセン(J.O.von Spreckelsen)。門の中には雲を表しているらしいキューブ状の巨大なオブジェがぶら下っています。写真はコチラを参考に




門の手前にはミロの大きなオブジェもあります。




角度を変えてみると、こんな感じ☆




このデファンス地区、高層ビルの立ち並ぶオフィス街なのですが、全ての交通機関、メトロや自動車の道路や駐車場などを地下にまとめてあるので、地上は人が歩くのみ、排気ガスも騒音もなく、現代アート、はたまた近未来をイメージさせるような広い芝生と噴水のある公園がひろがり、静かで快適です。
上の写真は外れのほうにあった団地なのですが、SFチックです。ちょっと前の写真なので、さらに開発が進んで風景も変わっているかもしれません。

さて、残る二つの凱旋門のひとつ、サン・ドニ門(porte saint-Denis)は パリ10区、サン・ドニ通りにあります。高さ23mの門でルイ14世の勝利を記念して1672年に建てられたパリ最古の凱旋門だそうです。こちらの門に関しては、治安上よろしくないので写真がありません。
実際行ってみるとこの地域はパキスタンの方が多く住んでいて、インド系のレストランが軒を連ねる通りなどもあります。門のまわりは、なぜか異様に鳩が多いです(笑)。
あと、サン・ドニ通りといえば「娼婦街」と呼ばれる界隈もあります。洋服の問屋さんなどあって別にひとりで歩いてみても平気なのですが、建物の軒先に真っ昼間から肉眼では見たことのないような、派手な化粧に毛皮などゴージャスな上着を着た(たぶん、その下は裸と思われる)その道のプロの網タイツ姿のお姉さんたちがキツイ目つきでたたずんでおられます。
実は一度、面白がって潜入したことがあるのですが、門に近い場所ほど上玉のお姉さんがいるそうで、離れるにしたがって普通っぽい女の人や、この人もっ!?というようなオバサンも立っているそうです(笑)。で、わたし見ましたっ。上玉のお姉さん数人を! 見た瞬間、かなりインパクトがあってひいてしまいました~。思ったより国際色豊かで、いろんな肌の色の人がいました。なにげない振りをして早足で歩いてるのに、たまにすれ違うおじさんたちがモジモジと、なにか言いたそうに見ていくんですね(笑)。わたしゃ、違うよっ。 怖いので、すぐにバスに駆け込んで帰りました~。

ま、参考までにレ・アールからサンドニ通りの端っこ辺り(ここは門からは遠いエリアです)を別の通りから撮った写真など。。。(一緒にいた人に軽く止められましたが、撮りましたぁ)




この通り自体は、中華レストランやカフェなどあるチープな若者っぽい繁華街って感じですが、一歩違う通りに入ると突然怪しくなります。。。(昼真っからネオンがチカチカしてます)

そうそう、最後の凱旋門ですね。サン・ドニ門のそばにあるサン・マルタン門(porte Saint-Martin)です。高さ17メートルというちいさな門です。
こちらもルイ14世のために建てられたそうです。こちらの界隈のほうがさきほどの界隈よりデンジャラス☆じゃない雰囲気で、全体にきれいかもしれません。。。ま、この辺りから東駅、北駅へと続く地区はあまりひとり歩きはお勧めできません。それでもエスノなパリを体感したい方は、くれぐれもスリなどに気をつけて歩いてくださいね。少し行けばサン・マルタン運河など、ノスタルジー溢れる風景にも出会えます。←結局、勧めてるのかっ!?
北駅/東駅/サン・マルタン運河周辺の街の様子はコチラも参考に

いずれの凱旋門もパリの風景に溶け込んでいて、ちいさいようでもパリの街は地区によっていろいろな人が暮らし、表情もさまざまで面白いですね。

2006年01月14日 | パリの出来事 | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

去年の革命記念日にTVを見てましたら、凱旋門をバックにシャンゼリゼをコンコルド広場に向かって軍事パレードを延々としてました。
あまりに壮観で、この場所はこうゆう事の為にあるのだ!と思ってしまいました。
確かに‘凱旋’だと思いました。
普段は交通量の多いごちゃごちゃしたところなんですけどね。

2006年01月14日 / erin #-URL【編集

凱旋門

初めてのパリ一人旅で最初に目指した観光ポイントが凱旋門でした。その凱旋門にたどり着くのに必要以上に時間がかかったのですが、というのも宿泊ホテル近くの地下鉄のレピュブリック駅から地下鉄に乗ろうと思ったのですが、地下にある駅に着いて急に怖くなって歩いて北駅まで行ってそこからバスに乗ろうとし、迷子になってカフェにいたおばさんに結局レピュブリック駅までつれていってもらい地下鉄に乗って~というバカなことをしました。一度乗ってしまえばなんということもなかったのですが、必要以上に安全でないといわれている地下鉄にビビッてしまって。お恥ずかしい。

2006年01月14日 / オルサ #-URL編集

erinさんへ

わたしもシャンゼリゼ通りといえば、革命記念日のパレードやパリマラソンや、あとツールド・フランスのようなイベント的なイメージですね。普段はあまり行きません。

パリのお祭りごとはいろいろ見に行きましたが(見ていないのはゲイ・パレードくらいかな。。。)、すごい人ごみと危険な思いばかりで、もう参加したいとは思いません。テレビで観るのがいちばんかな☆ビジュアル的には確かに絵になりますね。

それに比べると南仏のお祭りなど、地方のイベント事は楽しかったです。

2006年01月14日 / しゃるろっと #-URL【編集

オルサさんへ

はじめてパリに行ったとき、わたしはシャンゼリゼをバスで通って凱旋門に向かったのですが、想像以上に大きくて、行けども辿り着かなくて、目の前でエトワール広場で見上げて唖然としました☆

パリの街は同じような建物が続くし、道が広場から放射状に延びていたりして、真っ直ぐじゃないので方向がわからなくなりますよね。パリのひとり歩きって、意外と緊張感があるし、疲れますよね。。。最初はビビリますねー(笑)。

2006年01月14日 / しゃるろっと #-URL【編集

ホントに故障してるのか?

凱旋門、私は登りましたよ~
ガイドブックに「エレベーターは大体が故障中」と書かれていましたが、
私が行った時も例に漏れず故障中でした(笑)
故障中じゃない時が果たしてあるのだろうか?
階段で上まで行くには、厳しいものがありました…
でも、放射状に広がる景色は圧巻でしたよ!
しゃるろっとさんも、一度は是非!
多分エレベーターは動いていませんが(笑)

2006年01月15日 / ami #nD4vuAl2URL編集

amiさんへ

そうですかー。amiさんは登りましたか!
そういえば、ノートルダムに登ったとき、厳しかったけど眺めはすっばらしかったです。やはり登るべきか!?

エレベーターが故障中っていうのははじめて聞きました。それでも登る観光客のパワーですね。
いやぁ、パリに行きたくなってきましたねー☆

2006年01月15日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。