スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

フレンチロリータの系図

久々に映画のお話です。

昨日、GyAOでリュディヴィーヌ・サニエ(Ludivine Sagnier)主演の「リリィ」観ました。なにやら最近TBCのエステのCMにも出演中のサニエ、この映画のキャッチコピーも「サニエが美しい裸体で魅せるほろ苦い愛の軌跡」ですって(笑)。

実はわたし、あまり彼女のことを知らなかったのですが、監督がクロード・ミレールということもあって観てみました。彼はいわゆる「フレンチロリータ映画」の大御所で、若い女優をきれいに撮るなーと前から思ってたので。。。

なんかこの「フレンチロリータ」って言い方はいかがなものかなーっ、「フレンチ○☆△」って言い方が好きじゃないって、以前書いたけど、なんとWikipedia「フレンチロリータ」って項目があって、ちょっとびっくり☆ あえてタイトルにも使わせていただきましたっ。

そのWikipediaによると、この「フレンチロリータ」の元祖と呼ばれているのがブリジット・バルドー。単なる男の幻想としてではなく、50年代に社会現象として扱われたとのこと。
それを、後に男性側からの幻想として作り上げるのに成功したのがゲンズブール。以下、絢爛たる女優や歌手の名前がズラズラっと。。。

ジェーン・バーキン
フランス・ギャル
アンナ・カリーナ
シルヴィ・ヴァルタン
ジョアンナ・シムカス
ドミニク・サンダ
イザベル・アジャーニ
マリー・ラフォレ
フランソワーズ・アルディ
ミュウ=ミュウ
シャルロット・ゲンスブール
ベアトリス・ダル
イレーヌ・ジャコブ
エマニュエル・ベアール
ジュリエット・ビノシュ
ソフィー・マルソー
アリゼ

ここで、ちょっと思い出した話があって、80年代にフランソワーズ・アルディが来日したときに当時の「JJ」やなんかのファッション雑誌で松任谷由実との対談記事が載っていて、なぜか妙に印象に残っているのが、ユーミンが「フランスの女性は年とともに魅力的になっていくけど、日本の場合はまだまだそれが難しい、やっぱり、日本の男性は若い子が好きだから・・・」とかなんとか言った事に対して、アルディがあっさりと「あら、フランスの男性も若い子が好きよ」と答えていたような。。。
当時って、たしか表紙に小林麻美などがよく載っていたような時代で、ヨーロッパに対する憧れ、いや、コンプレックス? が今より根強かったような時代だと思うのだけど、その記事でバッチリと隙なくメークもファッションもキメキメのユーミンに対して、ほとんどノーメークでラフなジーンズ姿のナチュラルなアルディが、さらりと受け答える姿がなんてカッコイイ! とシビレタものです。

なんか話がわかんなくなってきたけど、フランスって「ワインと女は古いほうが美味しい」みたいな表現がある一方で、「フレンチロリータ」みたいな女優や歌手が後を絶ちませんね。
昨日観たかぎりでは、あんましサニエはわたしのタイプでありませんでした。ファニーフェイスでぼんやりした雰囲気はかわいいのですが、なにかグっときませんね☆

それよりわたしの眼はジャン=ピエール・マリエール(Jean-Pierre Marielle)を捕えていました(笑)。かっこいいジイさんよねー、「イヴォンヌの香り」を観たときから、なんて粋なジィ様なんだと思ってました♪ ちょっとコワモテな感じがいいわねー。

ま、話をもとに戻して、クロード・ミレールをロリコン、フレンチロリータの大御所と勝手にわたしが呼んでいるのは、この映画の影響が強いかな。


シャルロット・ゲンズブール主演の「小さな泥棒

この舗道で黒のパンプスに履き替えて♪ みたいなジャケットに惹かれてサントラCDも買いましたね、わたしは。。。


あと、ミレールはシャルロットで「なまいきシャルロット」も撮ってます。

その他にも、イザベル・アジャーニ の「死への逃避行」も、美しきコスプレ、七変化の殺人鬼って感じだし。。。

ロマーヌ・ボーランジェ主演で「伴奏者」ってのもありましたね。。。

フランスの女優などは年齢不詳というか、いつまでたっても最前期の美しいイメージの人って多いですね。ジェーン・バーキンは幾つになってもかわいい女性のイメージのままだし、アンナ・カリーナもイメージ的にはゴダールの映画のヒロインのままのような。。。
そんななか、最初についたロリータ路線のイメージに固執せず、いつのまにか大人になっていたシャルロット・ゲンズブールって、すごいなと思う今日この頃。
ここんところ見た感じでは、「やつれている」「疲れている」との声もあるけど、わたくし的にはなんでもいいです♪

ちょっとまえの「GERARD DAREL」の広告とか、「こんなの」とか。すっかり大人で、オサレね。

シャルロットの映像をもっと観たい人には、コチラを

彼女のフランスのホームページも。

シャルロット・ゲンズブールの映像をフランスのGoogleで探してたら出てくる、出てくる(笑)。大変でした。

最初のサニエの「リリィ」に話を戻すと、冒頭で裸になるシーンは必要か? という声もみましたが、そりゃぁ、ミレールがただ撮りたかっただけなんじゃないのか(笑)。わたし的には彼女はあんまり好きなエロさじゃないが。。。

ま、徒然と書いてみましたが、それにしても最近、フランス映画を観ていてもあんまし若手でいいなーと思う女優や俳優がみつからないのはなぜでしょう??? わたしだけ?

2006年01月31日 | 私的フランス映画 | こめんと 4件 | とらば 1件 | とっぷ

コメント

ん~★

シャルロット!!学生時代大好きでしたよー。私は女だけど、今で言えば「萌えー!!」な感じ、笑 でも意外と彼女の作品観てないんですよね。「ジェイン・エア」でハマリ、「メルシー・ラ・ヴィ」をやっと観た程度。「なまいき~」とか観よう観ようで早何年。。。。。。

サニエはデビューの「焼け石に水」ではかわいかったけど、一気に売れちゃって、生意気になっちゃったのが残念;「新人とは口きかないわ!」とか、スンゴイわがままちゃんらしいですよ~。

でも、作品選びや、女優としては好きです。
「スイミング・プール」に「リリィ」に「8人の女達」ほとんど観てるかも~私、苦笑
そう言えば、スイミング~でもサニエは出し放題でしたよ・・・でもあまりに胸が大きすぎて、綺麗なセクシーとは言えなかったなぁ。

「伴奏者」好きで好きでたまらないです。いやぁ~暗いけどね。でも、この映画観て沈んじゃうとかはなくて、「美しく哀しい」というか。好きですね、こういう暗さは。
最後の「人生は私の横を通りすぎる。」
(ラヴィー・ヴ・ジャコテ!?)ってなフランス語でした。←しゃるろっとさん、仏語に起こして下され!願 このセリフは胸を打ちます。ロマーヌ!そう言えばどこ行ったんだ~彼女!彼女もスゴイ胸でしたね・・・あっ、結局そこに行き着いちゃったわ、笑



2006年01月31日 / uwabami #-URL【編集

uwabami さんへ

わたしははじめて観たシャルロットの映画は「シャルロット・フォー・エヴァー」ですね。オープニングにかかった曲で「萌えー!!」でしたね。。。
なんか初期の作品などは私生活とオーバーラップしているようなのが多いですねー。最初の頃はちょっと少年っぽいというか。中性的な雰囲気で。
「カンフー・マスター」とか、あとちょっとしか出ないけど「他人のそら似」とか。。。あとは、いきなり大作っぽいのもありますねー。「太陽は夜も輝く」もたまりませんねー。聖人を誘惑♪みたいな(笑)。

サニエは写真によっていろんな表情をしているような、演技派じゃのう☆

ロマーヌといえば、そうねー、最近どうしたんだろ? お父さんも渋いのにねー。(カッコイイおじさん&ジイサンばかりが増えていくわ。。。)彼女も最初のころ、シャルロットとダブってたけど(笑)、声が低くて黒い服が似合ってたわねー。

「人生は私の横を通りすぎる」の「ヴ」は謎ですなー(笑)。

2006年02月01日 / しゃるろっと #-URL【編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年05月04日 / #【編集

カギコメさんへ

あ、コメントに気づくのが遅れました!

そうですか、いやぁー、いろんな趣味があってもいいと思いますよ♪ 

そういう方って、相手が大人になっちゃうとダメなんでしょうかね!?

2006年05月06日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006/02/02 | 流転: Return to Forever |

リリィに魅せられた, リュディヴィーヌ・サニエさん

最近の政治のごたごたに飽き飽きして,少し逃避気味にDVDでも借りて見ようと思ったものの借りに行くのも面倒。それで思い立ったのが"GyaO"。あまり期待しないで一番目に付いた「リリィ」という映画をクリックしてみました。 見ているうちに惹き込まれていきました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。