スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

語学レベルって!?

東京日仏学院の通信講座が、去年からリニューアルされたっていうのはご存知でしたか?




わたしはここの中級講座を2003年(ややっ、もう3年経ってる?)に受講して、修了証ももらったのですが、もうこのコースもなくなってしまったのね。この講座の教科書「découvertes」の表紙ってかわいかったわ☆ 写真の黄色の他に学期ごとに3種類、赤と緑もあったのよ♪

その教科書は主にフランス文学のテキストをアナリーズ(フランスでのフランス語教育のもとになっているものだそうです)という方法に沿って読み解き、フランス語の質問にフランス語で答えていくというもので、文法については日本語で丁寧な説明がされていました。
この教科書の他にプリントもあって、主に新聞記事を訳したり、仏作文を書いたり、フランス語というものについて(言語の成り立ちや、日本語との文化的な違い、俗語や略語、ジェスチャーにいたるまで)を考えるコーナーもあり、その他にディクテのカセットを聞き取ったりという、実に内容の濃いものでした。

とにかく中級講座を受けた最初の頃はボリュームが多く感じて、特に作文など頭を抱え込んでやっていたものですが、この講座の2学期の頃に仏検の2級を試しに受けてみたところ、1度目にして受かってしまってびっくり☆ 他に仏検対策用の参考書などもやっていたけど、ほとんどチンプンカンプンだっただけに驚きしました。
合格の喜びとお礼のお手紙を先生に書いたら、それがプリントの生徒からのお便りのコーナーに掲載されてまた、びっくり☆

その講座を取った次の年の2004年に次の段階のレベル4の上級仏文和訳のコースを受けてみました。やはり難しい。わからないものを無理やり日本語にして提出していたという感じ。まだこのレベルを受ける器じゃないよなーとか、フランス語以前に日本語でもこんなのわからんわと思いつつ望んだ講座。なにやらリピーターも多く、何年もこの講座に席を置く受講生も多いと聞きます。ジャンルごとに専門の先生が採点してくれるのですが、先生によって評価もいろいろ。成績としては全受講者131名中、ちょうど真ん中あたり。ボーダーラインぎりぎりって感じでした☆

一学期受講して、そのあとは仏検準一級の対策勉強をして、いままで自分にはありえんと思っていた準一級というものを受けてみました。かすりもしない結果でしたねー。自分のフランス語暦ではまだ受けること自体が早いなーという感じ。レベルを上げるということよりまだまだ「楽しむ」ということが必要かな、などと考えた。

去年は春から年末にかけて「新訳星の王子さま」のプロジェクトがあったので、日仏学院の講座もしばらくお休みしてたけど、そろそろまた復活しようかなーと思う今日この頃。。。最初に通学で通ったのもこの学校だしね。日仏学院のサイトなど久々に見てみたら、通信講座もだいぶ変わってました! レベル3の中級は「読み書き」と「聞き取り」のふたつに分かれたのね。レベル4の翻訳の講座のほうは変わってなかったけど。

で、「レベルチェック」のページがあったのでさっそくやってみました。

通学、通信の両方を気軽な気持ち♪でやってみたら2.5ですとっ!

むむっ、それって初級か!? レベル2か!?

確かにオイラは文法がいまだに怪しいが。。。日仏学院って欧州レベルを採用しているから、日本の仏検やなんかでみるレベルより高めの設定なのよねー、さすが日仏! 手ごわいわっ・・・と思って「コースの選択」というページをみたら、このテスト、最高で3なんですと。。。上級コースを希望する方はご自分で用途に合わせてコースをお選びくださいってことらしい。。。ってことは、2.5はこのテストをほぼ出来てるってことか~。←ほんとかっ!?

興味のある方はお試しを~。「レベルチェック、通学コース/通信コース」コチラから

結果を教えてくれる方がいたら、ありがたいです。

後記 21:58現在◎、

今、また通学コースのほうでやったみたら今度は3とでました。。。結構イケテる?

2006年02月26日 | フランス語の学校 | こめんと 16件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

早速

通信コースでレベルチェックやってみました~。
レベル2でした!!
かなりムズイですねー。
途中何問かパスしてしまいました。。。
私は仏検3級だから、2で妥当なラインかな~と思いつつ、未来法が怪しいので、受講するなら1からのがいいのかな・・・

通学コースで3ですかー!!スゴイです。
会話レベルチェックってのがあったら、もっと高得点取れそうですね、しゃるろっとさん★

2006年02月26日 / uwabami #-URL【編集

uwabamiさんへ

おおっ、早速ありがとうございます!

これ、通信コースの方が難しいし問題の数も多いと思います。通信コースで音と内容があってない(たぶん間違っている)問題もあったみたいです。

わたしはあまりレベルとかはどうでもいいほうで、留学していたときの最初の学校は、自分で見学してクラスを決められるシステムだったのでジプシーのようにいろんなクラスを彷徨ってました。会話中心の場合は特にレベルより、先生との相性とか、クラスの雰囲気のほうが大事かなと思ったりして☆

2006年02月27日 / しゃるろっと #-URL【編集

仏検受けてみようかな。

こんばんは~
先日、日仏学院にちょっと行ってみました。と言っても、講座を受けたわけではありませんが、パンフレットはもらいました。
私も最近、仏検を受けてみようかなと思うようになりました。というのも、何か勉強をしてないとフランス語をどんどん忘れてしまいそうなので・・・。もともと文法の勉強は4ヶ月ほどしかしていないので、かなりヤバイです。地道に勉強するか、スクールに通うか・・・ちょっと迷っています。
ちなみに私は仏検何級が妥当でしょうかね??
日仏学院ってレベル高いのですね。

2006年02月27日 / MARCH #-URL【編集

MARCHさんへ

こんばんは!

確かに文法ができなくても、フランスで生活していると会話力、というかコミュニケーション力(それをセンスというのかな?)がついているので、仏検でも聞き取りや会話の問題には有利でしょうね。面接とか。

仏検はやはり日本の試験で、フランスの語学試験より運用力は求められないけど、やはり傾向を探るためにも仏検対策用の参考書の問題を参考にしてみてはいかがでしょうか?

確か、今年から準2級が出来たのですよね?

わたしも春からフランス語でなにか新しくはじめたいなーといろいろ考えているところです♪ 日仏学院の雰囲気は好きです。神楽坂の町とか。いいですよねー。

2006年02月27日 / しゃるろっと #-URL【編集

私も受講生

そういえば、私もこの通信講座の受講生でした。といっても、1980年ごろ、中級だったと思います。仏政府給費留学試験を目指していたころです。丁寧に添削していただいたのですが、毎週の宿題の量が多くて大変だったのです。テキストもこんなに美しいものではなかったかな。それにあの頃って、コンピューターなんか無い時代で。書類は皆、タイプライターでしたからね、カーボン使ったりして。
84年に留学して、帰国してからはフランス語も疎遠となりました。全く忘れ去ったというか。2002年と2003年、マダガスカルでDelf1と2を取ったのですが、一時帰国して挑戦した仏検準1級は、少し足りませんでした。難しいですね。ですから、今も努力の人です。毎朝動詞の規則変化の練習とか、なかなかできませんが。
日仏学院の雰囲気、いいですよね。今は、遠いですが。帰国したら、やってみようかな。ネット講座でもやってくれるといいのに。

2006年02月27日 / MOI #-URL【編集

おひさしぶりです。。

おひさしぶりです。。

先日、東京日仏学院に行きました。

なんと受講生でしたか。

映画館入り口のPCでヒアリングテストとかなんやら受けましたが、
なにがなんだか分かりませんでした。

2006年02月27日 / 枕木 #-URL編集

ややっ、もう…

私はここの通信中級講座を1995年(ややっ、もう10年も経ってる?)に受講して、修了証ももらったのですが、もうこのコースもなくなってしまったのね~(苦笑)。当時のこの講座の教科書の表紙って、なんということもないトリコロールだったわ~。内容も文法事項で区分されていて、文学と政治・経済、芸術関連の記事や読み物ばかりで、大学の仏文科みたいでした~。(初版が1966年の教科書で、ほとんど改訂されず30年くらい経っていたと思いました…)

ま、通信での勉強は補足的に考えておいたほうがよいと思います。お金や機会に恵まれた(恵まれている)方は、フランスへ、そして、広い世界へ飛び出して行ってください!

ちなみに私のレベルは、Niveau 3 です。そこどまりです。(このレベルを出したおととしのときは、一番上が Niveau 6 で下が 1でした)

2006年02月27日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

ひやぁー

全くチンプンカンプンです(笑)
レベルで表せないくらいのレベルです(笑)
でも、目標を持つのは確かに大事な事ですね!
うーん、考えさせられます。

2006年02月27日 / mine #gcWPADJgURL編集

MOIさんへ

実はこの講座を受けていたとき、わたしはマイ・パソコンを持っていなかったので、先生にメールで質問したりとか出来なくて(そんな余裕もなかったけど)、ほんとに量が多くて、それこそ和訳や作文の課題が普段から頭から離れなくて、いっぱいいっぱいだっただけに修了試験に受かったときは嬉しかったです。こんなんで合格なのか? とも少し思いましたが(笑)。

仏検準1級はわたしも、早く取りたいとは思ってないけど、まぁ来年あたりにまた受けようかな(笑)。まだまだですねー。わたしの場合はフランス語の学習暦もまだそんなにないし。フランス語を読んでいて疲れなくなったのが最近ですから(笑)。

ネット講座は望まれますね、音声付で、ホント。

2006年02月27日 / しゃるろっと #-URL【編集

枕木さんへ

お久しぶりです!

日仏学院に通学していたのはもうだいぶ前です。7年くらい経ってます。まったくの入門コースの夏の講座を一度受けただけですよ☆

日仏のディクテは、他よりスピードが速いような気がします。通信の中級のときはそれですごく苦労しました。

それにしても日仏懐かしいですね。また、行きたいなぁ。

2006年02月27日 / しゃるろっと #-URL【編集

oomotさんへ

最初にネットでこの教科書みたとき、ひゃーかわいい♪と思って受講したってのもあるのね、実は(笑)。で、本物が届いたら、思っていたより薄っぺらくて、あれーと思いました。

日本のフランス語教育ってどんどん改善されて進んでいっているなーと思うこともあるのですが、実際、需要はまだまだだなーと思ったりもします。勉強するのにお金がかかるしね。留学は斡旋する会社などを通すより自分で手続きをしたほうが遥かに安く出来ます。

でもフランスにちょっと留学したくらいじゃ、言葉の面そのものはたいした変わらないような。今のパリでは日本語でほとんど暮らせたりするしねぇ。

2006年02月27日 / しゃるろっと #-URL【編集

mineさんへ

フランス語の文法はうひゃーですよね。わたしは文法は投げていたので、フランスに行ってから、余計にうひゃーの毎日でしたよ☆

ま、慣れですね☆

日仏は初心者にとってはキツイと思います。ハイ。わたしも最初はうひゃーでした(笑)。

2006年02月27日 / しゃるろっと #-URL【編集

力強いお言葉!

実は最近、目標を持った方がいいのでは?(全くないわけではないけど)と、悩みつつあったので、とても励みになりました♪
しゃるろっとさんの投げやりな(笑)言葉が安心します(・-・*)ヌフフ♪
>ま、慣れですね♪
そうなんです、行って危機感を感じないとやらないタイプなんです(笑)
せめて今の私のスタンスだけでも続けようととは思っています。頑張ります。ありがとうございました。

2006年03月01日 / mine #-URL編集

mineさんへ

うーん、投げやりなコメントでもないのですが(笑)、フランス語の基本文法はほとんど動詞の活用ばかりなので、最初は暗記ばかりなのですね。語学というより数学っぽいノリの。絶対答えのある世界ね。
だからスポ根(!?)のように動詞や時制をガーっと覚えなきゃ、初級以上には進まないというのはありますが、会話を重視する場合(暮らすとかで)は、文法がわからなくても意外とイケるというのは経験済みなので☆ 基礎がなくても、コミュニケーションは意外となんとかなります。上級クラスでも喋りたがらない人とかいますし。フランス語をやっている人を沢山知っているけど、みんなそれぞれ、いろんなきっかけや目的を持っているわけで、やはり自分のスタンスですね。

目標は身近なところから持っていたほうがいいとは思いますが。。。上達を急ぐこともないかと。そんなに簡単なものではないのです、フランス語は。

2006年03月02日 / しゃるろっと #-URL【編集

文法

たしかに、フランス語の動詞の活用は文字で書くと人称変化のぶんあってたいへんな感じなのですが、音できくと、そうでもないようは気がします。綴り字と読み方(音)の規則の対応がちょっとややこしいので(発音しない子音字とか)、そちらが「うひゃー」かもしれない?

日本語の文法のほうが例外がいっぱいあって、「なにが規則なんぢゃ~っ」と思いました(笑)。

2006年03月02日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

規則的

どっちにしても、文法は大事ですね。感覚的なものも、もちろん大事ですが。大人になってから学ぶのなら理屈から入ったほうが早い。避けては通れませんね。

日本語は文法で習ってないからねー。音楽も例えば「ネコふんじゃった」なんて楽譜にすると難しくなったりするけど、鍵盤上では易しいけど。音楽理論的に考えると難しい曲だったりしますね。

日本語に比べたら、フランス語は規則的な言葉なんでしょう。実はシンプルですよね。

フランス語の読みは、フランス人にとっても不思議だそうです。目で読んだ綴りと耳で聴いた音が必ずしも一致しないそうで、90年代に「綴り字改革」なるものが起こったそうだけど、結局変わらなかったみたいですね。

2006年03月03日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。