スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

ルーアンの街に恋して

今日は朝からどんよりとした天気です。
圧倒的に太陽がギラギラしている、カラッとした青空が好きなのですが、たまにはこんな日もいいかも。
こんなお天気の日に思い出すのはルーアンの街。
ルーアンというところは本当に毎日雨でした。
わたしは秋から冬にかけてここに留学していたのですが、太陽をおめにかかれる日は月に一度あるかないかくらい。

わたしはルーアンの町並みが大好きでした。ゴシック様式の教会も大好き。
なかでも毎日眺めていたい!というくらい大好きだったのはこの大聖堂。

img105.jpg


写真を撮った日はすごい青空ですね。
わたしはパリからルーアンに旅行するちょうど前日に、偶然オルセー美術館でモネのこの教会を描いた連作を見ていました。
グレイッシュなトーンのその作品にとても惹かれました。そして本物の教会を見たときはとてもうれしかったのです!
パリの次に留学先をルーアンに決めたのも、この街に一目ぼれしたからなのです。この教会を日常的に眺めることができたら素敵だろうなって本気で思いました。人も親切そうだし、とても暮らしやすそうだというのも理由に含まれるのですが。

ルーアンでエステの勉強をなさっているMARCHさんのブログ、懐かしいなと思いつつ、よく覗かせてもらってました。

MARCHさんのカテドラルの写真はこちら

わたしが留学していたころはまさに修復作業の真っ最中という感じで、この教会のいたるところに工事中のように足場が組まれていて、ビニールがかかっていたのですが、彼女の写真を見るとすっかり修復も終わってきれいになってますね。白くなってるし。
ちなみにこの教会は第二次世界大戦で被爆していたので、わたしが見たときは内部のステンドグラスなどもあまり残っていなくて、かなり痛々しい感じがしたのですが、今はどうなんでしょう?
退廃的な美しさでいっぱいだったんだけど、きれいに整っちゃうと逆に味気がない気もするのですが・・・

さて、ルーアンの街中の写真もアップしてみました。
ごらんのように木組みの家が軒を連ねています。どの家も二つとないくらいオリジナルで、いろんな色が組み合わさっています。

img1103.jpg


こういう家々を眺めながら散歩するのが大好きでした。
ルーアンはノルマンデイ地方の首都にあたるのですが、平日は街の中心も静かなので、とてものどかな気分で歩けます。

img1101.jpg


この家はなんだか和風ですね。よく見ると窓ガラスが一枚一枚違う色になってて凝ってます! そして、ゆがんでますね。

ルーアンは細くて曲がった道もよくありました。

img102.jpg


これはメインストリートからちょっと入ったところにある道なのだけど、真ん中のほうが盛り上がっていて歩きにくそうです。
それに、すごく苔むしていますね。
猫がいたので、そのとき遊びに来ていたいとこと友達と写真を撮っていたら、そのうちの一匹がいとこが置き去りにした買い物袋を覗き込んでいます。

img104.jpg


とても古くて味のある街だと思いませんか?
パリに住んでいる人でも、行ったことがないという人がけっこういたけど、もったいないです。
ルーアンはお店もたくさんあるし、買い物もゆったりできますよ。ギャラリーラファイエットは確かに小さいけど、フナックやアビタなどのお店は、パリよりも利用しやすいと思います。
それに、かわいくて庶民的なパティスリーがたくさんあるのがうれしい。ノルマンデイの林檎のタルトはおいしいですよ!

なんか、観光案内みたいになってきたけど(笑)、そうそうMARCHさんのブログできれいなお花がたくさん出てくるので思い出したけど、クリスマスのシーズンに、最初の写真のカテドラルの前にある広場に白と黄色の菊の花で出来たプロムナードが飾られたときは本当に感動しました。モネもかなり浮世絵が好きだったそうだけど、フランスにいて驚いたのは日本の文化が好きだという人が意外に多いということ。漫画や漢字が若者文化に溶け合っていたし、日本のことをよく知っている人に何人も会いました。
ゴシック教会と菊という組み合わせは、日本人には思いつかないかもしれないけど、本当に、自然に美しかったです。
わたしはそれを見て菊の花が好きになりました。ボタン菊の色とか昭和初期っぽい香りがすると思いませんか?

ルーアンについては書きたいことが山ほどあります。わたしもホームステイしていたけど、そこの家族は本当に素敵な人たちでした。いつかそのことも書いてみたいです。

きのうは新訳星の王子さまの締め切りだったのですが、PCの調子がおかしくて、かなり疲れてしまいました・・。

こうしてルーアンの記事を書いてだいぶ癒されました。

2005年06月27日 | ホームステイ・イン・ルーアン | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

こんにちは!遊びに来ました。ルーアンの街って本当にいいですよね~。確かに癒し系です!(雨を除く)初めてルーアンに来た日のことを今でも思い出しますが、まるで童話の中の世界にいるようなそんなメルヘンチックな気分になりました。私のホームステイはカテドラルまで徒歩2分の距離で、部屋の窓から見るカテドラルは絶景でした!私もまたルーアンについてのブログをアップさせたいと思います。

2005年06月28日 / MARCH #QD0O0vKEURL編集

MARCHさんへ

こんにちは! コメントありがとうございます。MARCHさんはなんとカテドラルがお部屋からみえたんですか? いいですねー。
わたしはルーアンの丘の上にホームステイしていたので街の夜景がすごくきれいでした。
ルーアンはほんと童話っぽいですよね。それも魔女がでてくるやつ(笑)
これからMARCHさんのブログに遊びに行きます。

2005年06月28日 / しゃるろっと #-URL【編集

ルーアンいいですね~私はルーアンとドゥーヴィルがゴチャゴチャになっていました。カジノはドゥーヴィルですね、きっと。
ルーアンイメージと全然違う!いい意味で違います。本当に可愛いしクリスマスが似合いますね。
それにしてもゴージャスなお家達・・・とても良いところにステイしていらしたんですね!羨ましい。
いずれ夫とフランスに帰国(住む)するので(現在は日本に住んでいます)いまから何処に住もうかな~などと夢を膨らませています(勤務地によるか・・・)パリから日帰りで行けるなら、次の帰国(ヴァカンス)に是非行ってみたいです!!

2007年01月17日 / noble #SAgGpZhgURL【編集

noble さん♪

日本にお住まいだったのですね~。勝手にフランス在住かと思ってました☆

ドゥービルもパリから2時間くらいなので充分日帰りできますよ! (忙しいか。。。) ルーアンの場合は列車の便も多いし、町も小さいので気軽に行けると思いますよ。食べ物もおいしいし、ちょっと離れるだけでパリと雰囲気がだいぶ変わるのでいいと思います!

わたしもルーアンはガイドブックやなんかでイメージしていたのと、実際のイメージが違っていて面白かったです。落ち着いていて居心地のいいところですよ~。木組みの家がかわいらしいし。

2007年01月17日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。