スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

アリとキリギリスの真実?

最近KiKiさんのブログで話題になっていたラ・フォンティーヌの「アリとキリギリス」、わたしも面白いと思ったので記事にしちゃいました♪

まず、原題は「LA CIGALE ET LA FOURMI」で実は「セミとアリ」なのですね。えっ、蝉? ってはじめて知った方はKiKiさんの記事、コチラコチラも、もっと詳しく知りたい方は「セーラー服とエッフェル塔」を読んでいただくとして、今日わたしが触れたいのはこの物語そのものの解釈ですね。






LA CIGALE ET LA FOURMI

La cigale ayant chanté
Tout l’été
Se trouva fort dépourvue
Quand la bise fut venue :
Pas un seul petit morceau
De mouche ou de vermisseau.
Elle alla crier famine
Chez la fourmi sa voisine,
La priant de lui prêter
Quelque grain pour subsister
Jusqu’à la saison nouvelle.
« Je vous paierai, lui dit-elle,
avant l’août, foi d’animal,
intérêt et principal. »
La fourmi n’est pas prêteuse :
C’est là son moindre défaut.
« Que faisiez-vous au temps chaud ?
dit-elle à cette emprunteuse.
- Nuit et jour à tout venant,
Je chantais, ne vous déplaise.
- Vous chantiez ? j’en suis fort aise :
Eh bien Dansez, maintenant ! »

Jean de La Fontaine

イラストと原文は「Benjamin Rabier」というサイトから頂戴しました。

わたしが子供の頃に読んだこの物語は最後にアリがキリギリスに食べ物を分けてやるというお話でした。
ところがこの原文を読むと、アリはキリギリスに「それなら、これからは踊ったら!」と言ったところで終わっていますね。
実はこのテキストを易しくしたものは以前、日仏学院の通信講座の中級準備で課題にでていたのですが、そこではこう書いてありました。

日本のお話ではアリはキリギリスに食べ物を分けてやるのですが、このラフォンテーヌやその基となったイソップでは分けてやりません。これは国民性・民族性の違いでしょうか

日本でたくさん子供向けに翻訳されている「イソップ物語」、本によってラストの解釈が3パターンに分かれているというのはご存知でしたか?
「イソップ」の世界というサイトを参考にしたところ、戦後から90年代の終わり頃までに出版された本の中で、結末の解釈が多い順に挙げるとこうなるようです。

アリがキリギリスに ①食べ物を分けてやらない話、②食べ物を分けてやる話、③食べ物をやったかどうか判らない話。

先ほどのサイトに載っていた訳をいろいろ読んでみると、かなり日本語訳が一人歩きしている印象がありますね。とても残酷なお話になっていたり、人情モノになっていたり、なにか曖昧なままになっていたり。。。でも一般的には、日本でのこのお話の結末は②だとされているようです。フランス語の原文では、もっとあっけらかんとした感じがするのですが。。。ここで西洋と東洋の精神や、フランスの個人主義にまで触れようとは思いませんが。。。

あなたが読んだ「アリとキリギリス」の結末はどれでしたか?

2006年03月31日 | フランスのかわいいもの | こめんと 10件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

わたしが読んだのは、たしか、
食べものを分けてもらったキリギリスが、
改心して働き者になるっていう・・・
うわ!これっていかにも日本っぽい感じが。

ほかのおはなしでもどんどん残酷な部分とか
意地悪な部分が勝手に『いい話』にねつ造されて
それって本当に正しいの?とか思います。

『本当のグリムなんとかかんとか』って本を読んだことあるけど、ほとんど結末が変わってて逆にショックでした。

それについて書くと長くなりそうだから、この辺にしときます。
おもしろいお話と TB, ありがとうございました♪

2006年03月31日 / KiKi #-URL編集

わたしも

確かそんな終わり方でした。アリもキリギリスもいい人だった★

日本人は仕事好きだけど、フランス人は。。。だから、すごい違和感ありますね。この解釈。

「本当のグリムなんとかかんとか」(笑)もアレンジされてるんだー、ひぃー☆☆☆

確かに、わたしも長くなりそうなので、あっさりめの記事にしてみましたよ♪

2006年03月31日 / しゃるろっと #-URL【編集

私はなぜか、「食べ物を分けてやる」というエンディングの部分を覚えていませんでした。「働かなかったキリギリスは食べ物がなくて~」その後があやふや。

アリとキリギリスの話が、もともとはアリとセミだったというのは、クイズ番組で問題になっていました。このあいだ、みのもんたの「クイズ・ミリオネラ」で問題になっていた、「一寸法師」が旅に出たのは、体が小さくて、両親(おじいさん おばあさん)に嫌われていたからだった。ということを知って驚きました。日本にも、こういった強烈なお話があるのですよ。しかし、今はその部分をうまくごまかして子供向けの読み物にしてしまっていますが。

2006年03月31日 / オルサ #-URL編集

残酷

童話って実は残酷なお話が多いですよね。わたしははじめてヴァンセンヌの森に行ったとき、なぜかヘンゼルとグレーテルのような気分になりました。こんな森に捨てられたら帰ってこれないー☆とか。。。

原文はキリギリスは歌っていたけど、本によってはヴァイオリンを弾いているヴァージョンもあるそうな。勝手にアレンジされてますね。

そのミリオネラはわたしも観ました。そういえばトリビアの泉でみた「桃太郎」のホントの話も笑った。ホントは流れてきた桃を食べておじいさんとおばあさんが若返って、桃太郎を作ったらしい(笑)。
子供の教育に悪そうな話ばかりだ★

2006年03月31日 / しゃるろっと #-URL【編集

セミ

フランス語を読んでいて思ったのですが、セミ(la cigale)と葉巻(le cigare)って、もしかしてどちらがが語源になっているのかな? 実物の形が似ているような気がする…。

そういえば、赤ずきんもちがうヴァージョンがありましたね。

2006年04月01日 / oomot #aIcUnOeoURL編集

シーガル

たばこと塩の博物館のサイトにこんな説明がありました。

http://www.jti.co.jp/Culture/museum/tokubetu/eventSep03/hirogari.html

葉巻を意味する「シガー」という言葉は、その語源をたどると、高地マヤの言葉(カクチケルあるいはキチュー)に起源を持つと考えられる、「喫煙する」という意味の「SIK'AR」にたどり着き、ここからスペイン語の「CIGARRO」、あるいは英語の「CIGAR」が派生したとされている。

だって★

えっ、赤頭巾もっ!? アリとキリギリスはヴァージョンがありすぎますね。。。最後に死んだセミまでいる(笑)、フランス語ではどこにも書いてないのにっ。

2006年04月01日 / しゃるろっと #-URL【編集

おおっ!

勉強になります!
ところで、私もジーニアス英和辞典を調べていたら、

cigar 【セミ(cicada)に形が似ているところから】[名]葉巻、シガー

というのがありました。どちらなのだろうか?
cicada(セミ)のほうは、ギリシア語由来みたい。

赤頭巾は、

(1) 赤頭巾が狼に食われておしまい。
(2) 赤頭巾を食べて眠ってしまった狼の腹をハサミで裂いて、赤頭巾を助けた後、石をつめて腹を縫って、おしまい。

というのを聞いた(読んだ)ことがあるけれど、(2)は日本語訳での脚色かな?
私は、グリムもペローも(1)だったような気がしているのですが…?

2006年04月01日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

そういえば

学習教材のペローのフランス語で読んだ赤頭巾は一番ですね☆

ええっ、これでおしまいかよって思いました。

子供のとき読んだのは狼のお腹から生きて出てきて、これもウソくさいけどね(笑)。

語源はフランス語はいろんな国から来ているみたいで、前に習ったなぁ。結構複雑なのよん★ 日本語の影響もりっぱに受けて新語も生まれているし。

2006年04月01日 / しゃるろっと #-URL【編集

こんにちわ、おじゃまします。私の拙ブログを「ラフォンテーヌ、セミとアリ」で検索された方があって、その検索結果を見て来ました。その時には、「セミとアリ」に付いては書いてはいなかったのですが。それに、一年前の記事ですね。
 イソップ寓話には、「アリとセンチコガネ」と「セミとアリ」と言う話があります。それぞれ、別の写本からです。ですので、一概に、セミ→キリギリスではないのかもしれません。また、食べ物を分けるかどうかと言う結末も、まず、両者が表象しているものは何かと言う問題がありますし、また、両者の関係が相互に交換出来る平等の位置かと言う問題もあるので。難しいものです。
 では、突然の訪問、失礼のことはご容赦を

2007年05月27日 / kyotakaba #VWFaYlLUURL編集

kyotakabaさん♪

>一概に、セミ→キリギリスではないのかもしれません

これは、わたしもそう思います。イメージ的には、このお話、セミっていうのがしっくりして好きなんですけど☆

2007年06月09日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。