スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

いずれはやって来るはずのもの

いやぁ、ブログを始めてから早10ヶ月ですよ。びっくりしましたねぇ。
ネタがなくなるどころか、書きたいことが次々に出てきて収拾付きませんねぇ。。。あれも書きたい、これも書きたい。。。

そんなときは「異邦人」を読んでみましょう(笑)。もうすぐ、今週の木曜日から日仏学院の通信講座がスタートするし、真面目にフランス語ネタでいくわよ。これから忙しくなるかしらね!? それとも通信講座の問題もここでネタにされるのか?

さて・・・「異邦人」は今、弟一部の3章の終わりです。
アパートの隣人のレエモンの部屋で、彼の情婦についての話を一通り聞き、彼女宛の手紙を代筆したムルソーはどうなるのでしょうか?

Il a cacheté la lettre et nous avons fini le vin.

彼は手紙の封をして、われわれは酒を切りあげた。

le vinのワインがと訳されていますね。ささいなことだけど、文を読んだときに受ける雰囲気がだいぶ変わってしまうような。。。
フランス人にとってはワインは日常的な飲み物だけど、日本人にとっては高級なイメージがあるから、あえてここでは酒と訳したのでしょうかね。

Puis nous sommes restés un moment à fumer sans rien dire.

それから、二人とも一言もいわずに、煙草をくゆらしながら、しばらくじっとしていた。

ここで面白いと思ったのは、しばらくと訳されているun moment、仏和では一瞬と載っていますが、文脈によって、ちょっとすぐいっときほんの少ししばらくと・・・全部アリだそうで、日本語の時間の定義よりかなりいいかげんなような・・・。

J'ai dit : Il est tard. Raymand le pensait aussi. Il a remarqué que le temps passait vite et, dans un sens, c'était vrai.

「遅くなったね」と私はいった。レエモンもそう思っていたのだろう。時間が早く過ぎる、といった。ある意味では、これは真実のことだ。

このフレーズ、日本語では動詞のdireremarquerも両方、いったと訳されていますが、remarquerのほうが、direより物事を強調する場合、指摘するときや、注意を促すときなどに使うことが多いと思います。

J'ai dû avoir l'air fatigué parce que Raymond m'a dit qu'il ne fallait pas se laisser aller.

私は疲れた風に見えたに違いない。というのは、レエモンがやけになっちゃいけない、と私にいい出したからだ。

ここで、やけになると訳されているse laisser aller、これは和仏などの解釈によると、投げやりになるというような意味と、身を委ねるというような意味の二種類があるそうな。こういう表現って、前後の文脈によって感覚的に掴んだほうが間違うことが少ないように感じます。上のフレーズはもちろん前者ですが。。。

D'abord, je n'ai pas compris. Il m'a expliqué alors qu'il avait appris la mort de maman mais que c'était une chose qui devait arriver un jour ou l'autre.

はじめ、私には何のことやらわからなかった。そこで、彼は、ママンの死を知ったということ、しかし、それはいずれはやって来るはずのものだということを、説明した。

ここでは動詞のarriverやって来ると訳されていますが、(事物が)起こると訳するのもいいかもしれません。いずれは誰にでも起こるべきことだということ、とも訳せますね。

Raymond m'a serré la main très fort et m'a dit qu'entre hommes on se comprenait toujours.

レエモンは強く強く私の手を握り、男同士の間なら、いつだってわかり合えるものだ、といった。

・・・entre hommesって、男同士なのかな? 人間同士って訳も可能な気がしますが、どうなんでしょう?

こうして読んでみると、レエモンって案外いい奴? 

ううむ。この「異邦人」を読むってカテゴリー、和訳に突っ込みを入れるという企画で始めましたが、なにか自分自身、感覚的に「フランス語を読む」ということが日々、楽になってきて、ブログを始めた頃よりスンナリと仏文が読めるようになってきて、あまり以前より「ひっかかり」を感じないのよねぇ。
窪田啓作氏の訳は原文との差をあまり感じさせないし、このテキスト自体読みやすいので、この頃、突っ込みが足りないかしら~☆

2006年04月09日 | 「異邦人」を読む | こめんと 1件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

LEILA, JE T'AIME さんへ

はじめまして!

「異邦人」の文体。原文のことですよね?
日仏学院の勧める読みやすい本のリストに「異邦人」が入っていたのですが・・・。(それを知る前から読んでいましたが)

特殊ですかね!?

窪田啓作氏の訳が特殊だとか?

そうですかね~。わたしには読みやすいのですが(笑)←わたしが特殊なのか!?

2006年04月10日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。