スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

パリの学生街




今日はちょうどこの時期、旅行のとき訪れたパリのサン・ミッシェル界隈の写真をお送りします。

サン・ミッシェル大通りの近くにはリセや大学が集中しているので、学校帰りと思われるパリジャンたちの姿をいつもみかけます。




ジーンズにスニーカーというシンプルなスタイルながら、何気ないしぐさも絵になる彼女たちです。




この界隈には古本屋さんがたくさんあります。そのなかでも目を引くのはrue de la Bûcherieにある大きな英語書店、シェークスピア&カンパニー(Shakespeare and Company)でしょうか。
いかにもパリの洋書屋さん(英語専門だし)な、この大きな本屋さんにはいつもお昼寝している甲板猫もいるそうです。

細い裏通りをサンジェルマン地区に向かって、のんびりお散歩するのもいいですね。

うーん、旅行に行きたいな。。。

(今回は裏話もあるわよ↓)

ところで先週から、東京日仏学院通信講座の翻訳講座がスタートして、忙しくなるかしらーと思って、教材をみたら、いまのところ内容的にもボリューム的にも大変じゃなくてね。(むしろ物足りないくらいでさっ)、なんだかゆったりのんびりペースでお勉強できそうよ。

課題に手をつけだしたのは今週に入ってからなんだけど(笑)、今やっている課題1と2は、かいつまんで言うと「パリを舞台にしたエッセイの和訳」と「小津安二郎の映画のセリフをフランス語にする」ってもの。量は少ないけどヒネリを感じるわ。
来週の末にでも提出して、模範解答がくるのは5月の20日過ぎくらいかしら。。。(ね、ゆったりしてるでしょ☆)
こちらも面白そうなので、しっかりと今後のネタにしょうと思っております。

で、最近、サーバーの調子が悪くて更新がいつもに増してゆっくりなくせに、アクセスが増えててね。スマートアクセスだけでも一日250人近く来てたりしてね★
一体どうしたんだと、アクセス解析で今月四月のサーチワードをみたら・・・輝く一位のワードが「アンドレア王子」になっておりました(笑)。やーね、みんな好きなんだから~☆

このモナコ王室関係のネタ、個人的にも面白いのでネット上で新しい情報や過去の画像などで、今後もいろいろ記事にしていきたいと思っております。
5月の末には「モナコ・グランプリ」があるし、なにやらピェール王子は毎年観覧に来てるらしいですが、アンドレア王子のほうは今年来るかどうかは不明です☆ 
なんか以前、テレビで深夜にモナコ・グランプリの中継観てたら、サングラスかけて真顔で立ったまま見ている長髪な人がいて・・・今思えば、それがアンドレアくんだったような。。。

ま、楽しみにしましょうね♪

2006年04月22日 | パリの出来事 | こめんと 11件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

ジベール ジュンヌ書店がありますね。ヘミングウエイの何かに、忘れましたが、アフリカかどこかで、もしかすると「誰がために鐘はなる」か、その場合はスペインの山奥で、ふとパリの雑踏を思い出すシーンがありますが、それはサン ミッシェルだったんですね。その頃とは、また違うでしょうけど。散歩したいなあ、古本屋でも冷やかしながら。

「モナコ王室」の話題の間、しっかり読んでいましたが、ずっと潜ってました(笑)。でも、あのアンドレア王子のようなフランス人よくいますよね、昨日もスーパーで卵買ってました。「王室」というのが大事なんですね。すいません。

2006年04月23日 / MOI #-URL【編集

雑踏

サン・ミッシェルあたりのケバブ屋さんは美味しくないですよねー。わたしはあの辺のチーズフォンデュのお店に並んだこともありますね(笑)。あのゴチャゴチャした感じもまたいいですね。たかりの怪しい人もいるけど☆

最近のアンドレア王子は、ふとしたはずみにフィギュアのキャンデロロにもみえます(笑)。あの少女漫画みたいな世界がいいんでしょうね。実際は普通っぽいんでしょうけど☆

2006年04月23日 / しゃるろっと #-URL【編集

がんばっていますね~

をを、日仏通信翻訳講座はじまったのですか。がんばっていますね~。
そういえば、毎月くるお便り(Circulaireだったか?)に「語学はザルで水をすくう…」というお話って、いまだに書かれていますか?

私はNHKラジオのフランス語講座【応用編】を何回か聴きましたが、あんまりおもしろくなかったので(私には)、やめてしまいました(苦笑)。仏検、どうするか迷っています…。

2006年04月23日 / oomot #aIcUnOeoURL編集

をを。

通信講座、久々のカムバックでどうかなーって思ってたんだけど、わたし的にはとてもボリュームが少ないような。。。ま、締め切りに終われるようなのも嫌なのですが、なんか物足りないかな? 評価がどう下るかにもよりますが、、、これで上級行くと、今度はチンプンカンプンになりそうだし(笑)、中級が楽に感じるっていうのは、また別な意味ではすごいのかもしれませんが。。。

「語学はザルで水をすくう…」っていうのは以前中級を受けていたときみかけたような。
今回のはすっかり、リニューアルされていて、お便りのコーナーもないのね。日仏らしい個性が足りなくなったような。。。

そういえば、ラジオフランス語のこと、すっかり忘れてました。←コラッ
面白くないですか。。。

仏検、わたしは受けるとしたら来年ですね~。試験対策を数ヶ月前から計画的にやらないと受からないと思うので。(わたしの場合ね)

2006年04月23日 / しゃるろっと #-URL【編集

あら

あらっ、お便りコーナー、ないんですか!
昔は(すんごい昔か…)手づくりな感じがありましたが、最近はそうではないんですね?
毎週ペースで締切がくるようになると、苦しいんですよ(苦笑)。金曜の夜に船河原町まで答案を出しにいったり、速達で送付したおぼえが何度か…。

ラジオ講座、教科書をみてもらうとわかるのですが、文法事項の解説と、ちょっとウンチクがあって、稲垣さん新訳の抄訳で確認するだけでサーッと終わっていくので、物足りない感じがありました。放送時間が短いのでじっくりはムリなんですけど。(まがいなりにも自分で読んで、訳した後遺症か?)

仏検、願書を書店でみて、毎年気づくので、迷うんです、まったくの準備不足で(爆)。

2006年04月23日 / oomot #aIcUnOeoURL編集

翻訳講座

なんか、「学習ガイド」っていうのもコピーした紙だったし(笑)、そのへんは手作りっぽいんだけど☆ 雰囲気的に以前より日本的になったかな。そもそも「学習ガイド」って発想が日本的(笑)。
締め切りは二週間ごとに、まとめてふたつ課題を提出するってペースです。最初に全部の課題が届くので、余裕があればどんどんやっていってもいいかも。(わたしは、やらないけど)

仏検は準一級とかになると、出る問題の運もあるかも。。。どっちにしても時事になれているほうが有利な感じが。。。
ただ、試験会場の雰囲気がこのへんのレベルになると、逆にリラックスしている感じで好きなのよね。2級くらいまでは、必死な感じの人たちばかりでさ(笑)。

「星の王子さま」といえば、朗読CD買おうかなー(ジェラールさんの)って思っているんだけど、あれ全文ですよね。なんか収録時間が30分くらいだったので不安を覚えているのですが。oomotさんの朗読CDはジェラール版!?
どんな感じですか?

長文で失敬っ。

2006年04月24日 / しゃるろっと #-URL【編集

全文ではないです

Le Petit Princeの朗読CDは、ジェラールさんのも、もうひとつのも全文ではないです。抜粋です。
私のもっているもの(後者です。非ジェラール版)も会話文のところを中心に収録されています。

そういえば、フジタの画集を眺めていたら、「モンパルナスの灯」が完成したときの集まりで、フジタ、ジェラール・フィリップ、アヌーク・エーメがそろって写っている写真が載っていました。

2006年04月24日 / oomot #aIcUnOeoURL編集

五月に入荷!

欧明社のサイトみてたら、全文収録のCDはこれから入荷するそうです。CD二枚組み。やはり、30分じゃ読めんよなっ

http://www.h6.dion.ne.jp/~omeisha/petit_prince.htm#le_petit_prince_coffret

これ、欲しいな。アマゾンで、もっと安く売ってっ☆

「モンパルナスの灯」のアヌク・エーメは異常なまでに美しいそうですね。。。

2006年04月24日 / しゃるろっと #-URL【編集

こんばんは!
アンドレア王子大人気なんですね!私はノーマークでしたよ。そんなにかっこいい王子様がいたなんて・・・。しゃるろっとさんの影響で(?)私もアンドレア様が気になってきました!リンクも隅々までチェックさせていただきました。日本には来ないのでしょうかね?もし来たら・・・うちのホテルに泊まって欲しいなぁ。
それにしても、パリはどこでも絵になりますよね。フランスの学生って本当に自然体でいいですよね。日本の学生はフランスのブランド物で身を固めているのに、全然かっこよくなーい!悲しい現実ですね。お金をかけても、キマラナイ・・・(涙)

2006年04月24日 / MARCH #-URL【編集

おおっ

いやぁー、わたしもテレビの中継でちらっと観たときは、やっぱモナコの王室って、みんなかっこいいな・・・と地味に思ったくらいだったんだけど、あの王子さまの場合、10代の頃の写真にやられましたね☆ 子供の頃から表情が大人っぽかっただけに、年をとるのが早いような気も。。。

日本にはまだ来たことがないようですが、もし来日したら、MARCHさんのホテルにホントに来そうですね! モナコは中国や日本に関心が深いようなので、ぜひ一度来日してほしいですっ。ほんと!

パリの若者のシンプルな着こなしが絵になるのは、やはり町並みと、彼らの姿勢のよさのおかげかな。。。日本人はまず歩き方から変えなきゃね。

2006年04月24日 / しゃるろっと #-URL【編集

 04年パリ生活で一番の出費は古書購入でした。今、東京の自宅には30冊あまりのパリで購入した古書があります。いずれ体系だった時に、大学に寄贈します。
 1534年出版のユスチニアヌス法典(ラテン語)、1604年出版のヌべール公国慣習法(フランス語)などです。その後の年何回かのパリ訪問でも買い足しています。これからも。
 ラテン語学習にも挑戦しましたが、現在休止状態です。
 パリ生活では多くの西洋とは何かを学びましたし今も考えています。  

2007年07月02日 / 寺西 弘文 #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。