スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

ニースの留学生活(セレブ!?編)




三夜連続企画となってしまいました。このニースの留学生活のシリーズ。今回はセレブですって!? 奥さんっ。

わたしはテレビの「世界バリバリバリュー」にでてくるセレブな人々も「銭形金太郎」にでてくる貧乏さんも両方好きでね(笑)、世間にはいろんな人々やライフスタイルがあるものですが、それにしてもドバイの富豪はスゴイね。7つ星ホテルなんてもの、この世にあったのね。マックスで4つ星だといままで思ってました。
ニースの有名4つ星ホテルといえばネグレスコ(Negresco)がありますね。わたしはニースに居ながらにして、カジノやスーパーブランドなどには無縁で、もちろんネグレスコの中にも入ったこと(近寄ったこと)すらありませんが、クラスに学校の近くの4星ホテルに滞在している人などがいて、たまにそこに遊びに行ったりしていました。あとニース住在のひとで、通学に便利だからという理由で近くのグランドホテルの部屋を借りている人などもいました。。。学校の授業で最初に自己紹介をするときに、宿泊先がネグレスコの最上階だと笑顔で語ったアメリカ人のおじさんや、自宅からニース空港まで自家用ジェットでやってきたスゥエーデンのおじいさんなどもいました。

フランスラングは全体的に20代前半くらいの若い生徒が多かったようですが、バカンスを利用して短期でやってきた欧米のおじさまたちや、仕事をリタイアした後に趣味で語学をやっている人々や、なぜか16歳くらいの北欧の女の子が長期で来ていたり、小学生のアメリカ人の団体が短期で来たりで、いろいろな生徒が集まっていました。アジア人はほとんど日本人ばかりで、他のアジアの生徒は見かけませんでした。

わたしは今までいたパリでもルーアンでも、どちらかというと周りにいた留学生たちは質素な人たちが多く、たとえそうでない場合も、堂々と金持ちっぽい雰囲気をかもしだしている人たちをみたことがなかった・・・なんかパリの16区あたりの高級住宅街を歩いている人たちだって、服装もいかにもブランドものを着ているという感じじゃなかったし、家の外装だってパッと見はつつましかったし、なんというかお金持ちでも渋くてさりげなかったんだけど(治安の面などもあるんでしょうが)、それに比べるとコートダジュールの人たちって堂々と金持ってるみたいな人たちが普通に歩いていてね、普通にお城みたいな個人の家が建っていたり、キッチュなお金持ち感覚っていうのかな、ハデハデなご婦人が自分とお揃いの服を着せた犬を連れて散歩していたりもするんだけど、みんな明るくてイヤミがないのがスゴイのですね。

コートダジュールにはニースなどより、アンティーブやヴィルフランシュあたりの小さな町にセレブ御用達語学学校があるみたいです。授業料の桁も違ってくるので選択肢に入りませんが、ちょっとどんな世界か覗いてみたい気もします。

センスの面で言うと、ニースってあまり高感覚ではないのですが(笑)、都会のわりには自然が豊かで海あり、山ありで、食べ物がとても美味しいと思いました。南仏の料理はオリーブオイルやハーブを使ったものが多くて、軽いイタリアンテイスト。コーヒーはパリなどより濃いめで、お酒もこの地方のワインやパスティスは大好きでした。

暮らしているだけで豊かな気分になる街です。今度また留学するチャンスがあったら、今度はコートダジュールの小さな町も滞在してみたいと思ってます。イタリア寄りは予算がかかりそうなので、トゥーロン寄りのほうのあまり知られていないような町で、短期間ならまたホームステイしてみるのもいいかもしれません。美味しい南仏家庭料理を食べたいですね☆ ←そっちかいっ。

今回のシリーズで使用した写真は、28日 : 城跡から望んだニース港、自分で撮影。29日 : アルベール一世公園(Jardiin Albert 1er)を中心街側から望んだもの、パンフレットから頂戴。 30日(今日) : アルベール一世公園をネグレスコホテル側から望んだもの、パンフレットから。

ちなみに、アルベール一世とは昔のモナコの大公さんです♪

2006年04月30日 | フランス語の学校 | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

勉強するより

う~む、ニースは勉強するよりもお金をつかう場所のような雰囲気がしてきました……。勉強に身がはいらなそーな(笑)。

2006年05月02日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

留学というより

まったりしに行ったみたいな☆

勉強はプレッシャーがない分、逆にやる気がでる!? パリでもルーアンでも授業より、普段の生活でのフランス語のストレスが多かったけど、ニースではあまりそれを感じませんでした。人と話すのがおっくうじゃなかったですね。

おかけでニースで、変なアクセントがついてしまったような。。。個人的には好きですけど、南仏のひとの話し方♪

2006年05月03日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。