スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

シャンティイのお城で




久々に旅のシリーズです! 今月からちょっとコート・ダジュールを離れて北に行こうかな。

パリから気軽に日帰りできて(北駅から約40分)、壮大なルネッサンスのお城と森のように広大な庭園を堪能できるシャンティイの町です。

この町の見どころといえば、やはりシャンティイ城。16世紀に建設され、フランス革命のとき部分的に破壊され、19世紀に入ってから修復されたそうです。このお城は当時の所有者コンデ公の膨大な数の美術品コレクションがあり、現在はコンデ博物館として公開されています。

そのコレクションはラファエロやボッティチェリなどの珍しい作品もあり、ルーブルに次ぐものだという噂があるくらいなのですが、西洋の古典美術にはまったく無知なわたしにとっては、こんなに傷みの激しい絵画ってはじめて見た・・・という感じでした。外から見たお城は保存状態もよくきれいなのですが、内部は豪華絢爛なロココ調なのですが、壁や床がひび割れていたり、家具もかなり年季が入っている・・・という感じで、別の意味でインパクトを感じてしまいました。。。
フランス語のガイド付きで20人くらいのグループになって所要時間は一時間くらいでしょうか。意外とゆったりと見学することができました。古い絵画や歴史的背景に興味のある人にとってはすごい博物館なのでしょう。他のいろいろな国から来たと思われる見学者たちは、とても熱心に壁にかかっている絵や、各部屋をみてまわってました。




お城の内部より、天気のいい日ならお庭を散歩するのが気持ちいいかもしれません。
ここにはベルサイユ宮殿の庭を設計したことでも知られているル・ノートルが手がけた庭園があります。フランス式庭園とイギリス式庭園の両方があり、広大な森のようです。徒歩で一周するのはまず、無理かと思います。




湖には白鳥♪




薔薇もたくさん咲いていました。

庭にはレストランのスペースもあり、大きなテーブルでこの地方の名物、クレーム・シャンティイを食することもできます。一見、「生クリームの固まり」なのですが、見かけより甘くなくて、大きな庭でとても贅沢なひとときを過ごすことができました。

・・・ただ、個人で行くと駅からのアクセスが大変かもしれません。最寄の駅、シャンティイ・グヴィユー(Chantilly-Gouvieux)の駅からはパスもなく、ガイドブックなどには徒歩で2キロと書いてあるのですが、競馬場の横の一本道は延々と長く、森の中のようで、人影もなく、おまけに「鹿に注意」の看板まであって、怖いですっ! 女性の一人歩きは昼間でもお勧めできません。。。←わたしはしたけど。
この競馬場はエルメス杯が開催される由緒正しい競馬場とのことですが、ここを通ってお城まで行くのはとても遠く感じました。町を通るという手もあるのですが、そうすると安全かもしれないけど、余計遠いです。。。お城巡りはツアーのほうが能率がいいかもしれませんね。

パリの中心からいちばん近くにあるルネッサンスのお城で、サッカーのロナウドが挙式を挙げたということでも知られているこのシャンティイ城のホームページはコチラ。(日本語も有)

シャンティイの町のホームページはコチラ

ここはパリに留学していた最初の頃に、はじめて挑んだ地方への日帰り旅行だったのです。最初にSNCF(国鉄)に乗ってパリの街がどんどん遠ざかっていくのを見ているのが快感でした。列車を降りると空気も違うし、静かでのんびりと心地よい。
お城でのゆったりしたひとときを過ごしたこの日から、どんどんわたしのフランスの地方への憧れは募ってゆくのでした♪

2006年06月02日 | フランス地方の旅 | こめんと 10件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

素敵なお城ですね~。
先日、日帰りツアーでジベルニーへ行きました。
初☆フランス地方(近かったけど)脱パリでした。今更ですが、風景が全然違うんですね。
でも車がないとやっぱり個人で行くのは大変(特に子連れなので)シャンティィもツアーを探してみようかな。
としゃるろっとさんのブログを読んで強く思った次第です。

2006年06月02日 / erin #-URL【編集

お城めぐり

ここ、ひそかに行きたかったんですよねぇ。
お城めぐりをするには、日数が足りなくてあきらめましたが
またここで楽しませてもらって、妄想します!w

クレーム・シャンティイって、生クリームをそのまま食べるのですか??
生クリーム好きなわたしとしては、たまらないお菓子かも・・♪

2006年06月02日 / ゆゆ #JZ2AL5XsURL編集

erinさんへ

ジベルニー、今頃花盛りでしょうねー。わたしは秋に行ったことがあるのですが、残念なことに雨に降られて、ちょっと寒かったですねぇ。
地方の名所って交通の便の悪いところに、いいところがたくさんあるんですよね☆

シャンティイ、古典美術が好きな方にはいいんじゃないでしょうか。ほんと、空気が爽やかでしたよ。そんなに混んでいなかったら優雅な一日が過ごせると思います~。

2006年06月02日 / しゃるろっと #-URL【編集

ゆゆさんへ

ここ、日本から旅行に行くぶんには、まわりのヴェルサイユやなんかにインパクトで負けてしまうかもしれませんねー。
実はわたしはそんなに期待して行ったわけでもなかったんだけど、ゆったりとした気分に浸れました♪

わたしが食べたのは、スポンジケーキのクレーム・シャンティ添え(だったかな☆)でした。たっぷりの生クリームで、お皿を見てぎょっとしたけど、食べたらクリームがサラサラっと美味しかったです。お庭でティータイムは贅沢な気分でした。

2006年06月02日 / しゃるろっと #-URL【編集

お城、白鳥、薔薇…
たまらん☆

行きます、行きますとも、しゃんてぃいいーーに!!!

2006年06月03日 / ami #nD4vuAl2URL編集

amiさんへ

ケーキも・・・。

ここのお庭のレストラン、いい感じよ。ぜひ薔薇とお城をバックにお茶してきてーーー!!! パリから日帰り余裕だし。

しかし、どんどんあなたの渡仏が近づいてきたわね♪ わたしまで、なんだか楽しみ☆

2006年06月03日 / しゃるろっと #-URL【編集

一周年♪

しゃるろっとさん、ブログ開設一周年
おめでとうございます!(あってますよね?)

最近、W杯のせいでドイツに目がいってしまいがちの私ですが、私にとってはこちらのブログがフランスへの扉みたいになっていますので、これからもよろしくお願いしますね。

2006年06月03日 / オルサ #-URL編集

オルサさんへ

おしいっ。三日早かったねっ(爆)。

いやぁー、それにしても一年ってあっというまですね。スローライフといえば聞こえはいいけど、田舎に住んでいるとなにかと時間だけはあってね(笑)、こうしてブログも書けるわけだけど、オルサさんとは長い付き合いだわ~。これからもよろしくね~。

フランスへの扉だなんて、ありがたいお言葉です! 今後、どうなるかわからないけど、このブログ☆ 昨日アクセス解析ぶっ壊れてたし(途中から普通に戻ってたけど、カウンターの数字も途中からだし、わけわからないわー、そのへん適当なの♪)

お祝いメッセージ、ありがとうございます!
オルサさんはこのブログの読者弟一号さんだと思ってますよっ。感謝☆

2006年06月03日 / しゃるろっと #-URL【編集

フランスへの扉って感じわかりますぅ。
って、私が言ってどうすんだって事なんですけど・・・
本当にネットの世界の情報がなければ住んでたって知らない事ばっかりで終わってしまいそうですよ。

しゃるろっとさん、1周年おめでとうございます。
^^これからもよろしくお願いします。

ところでモナコでまた新しい展開が・・

2006年06月03日 / erin #-URL【編集

新展開

・・・モナコでなにが起こったのかドキドキしましたー。ニュースの記事書いた山口昌子さんって、最近このブログでも登場したような。奇遇だわー。

http://www.sankei.co.jp/news/060602/kok041.htm

ありそうな話ですね。本当はもっと他にもいたりして。。。

erinさん、お祝いメッセージありがとうございました! わたしのこのブログもネットの情報にずいぶん助けられています(笑)。
こちらこそ、これからもお願いします!

2006年06月03日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。