スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

シャルトルの休日




今日は、世界遺産にも登録されている11世紀に創られたゴシック様式の大聖堂があることでも有名なシャルトルの町です!

★シャルトルの観光サイトOffice de Tourisme de Chartresはコチラ。(仏語・英語など)

★シャルトルのノートルダム大聖堂の詳細とビジュアルはコチラ。(日本語)

わたしがパリからこの町に訪れたのは、シャンティイに行った翌日でした。シャンティイは駅からのアクセスが不便で個人で行くのはちょっと大変だったのに比べて、こちらはフラリと一人で行っても歩きやすい町でした。
実はモンパルナスの駅で散々迷ったし列車は混んでるし、どうなることかと最初は心配したのですが、一時間ちょっとでシャルトルの駅に着いてみたら、すぐ大聖堂の建物がみえてるし、町も小さくて、思ったより観光客もいなくて静か。

さっそくシャルトル大聖堂のそばにあるカフェで、お昼を軽く食べて町歩きを開始しました。
それにしてもホント町が空いているわねーと思ってたら、なんと、この日は年に数日あるかないかの教会の休館日でした。。。大聖堂の前で、観光客と思われるカメラを首からさげた年配の紳士が扉を開けようと頑張っている姿が・・・。がーん。 この大聖堂の有名な「エッセの家系樹」を始めとする青いステンドグラスの光に包まれたかったのに~。ざ、残念すぎる。




・・・仕方ないので、運河のほうをお散歩することにしました。

大聖堂の近くには古くてかわいい旧市街が運河に沿って広がっています。昔の門の名残りでしょうか。こういう手付かずな古い町並み、大好きです。




運河沿いの舗道は、フラリと歩くにはちょうどいい散歩道になっていました。木組みの家などが建ち、レストランのテラスで食事をする人たちが見えました。




ほんとに静かで、ちょっと淋しくなるくらい・・・




町を運河に沿ってぐるりと歩くと、大きな墓地がありました。大聖堂が遥か遠くに見えます・・・。




墓地を抜けた小高い丘の上は、閑静な住宅地のような面持ち。どこの家もメルヘンチックで、裕福そうな感じがしました。
犬もぐっすりお昼ねしてますね☆

実はここシャルトルの町に行った目的は大聖堂のほかにも、もうひとつ。ぜひとも前から訪れてみたいと思っていたところがあったからなのでした。お墓を通ってみたのも、そこに行くのに近道をしたのよ♪

小さな標識を頼りに道を歩いていくと、ありました! こんな辺鄙でなんにもないような住宅地に大型の観光バスが止まっています。一見、なにがあるんだ、こんなところに??? って感じなのですが。

続きは次回っ。←「あれだな☆」って、もうバレてるかな。。。

2006年06月09日 | フランス地方の旅 | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

懐かしい!

こんばんは!
シャルトルの街、すごく懐かしいなぁと思いながら、読ませていただきました!
偶然にも同じところ(アングルは違いますが)から撮った写真を載せてらっしゃるので、やっぱりあの地点は「あ!ここで写真とりたい!」と思わせるスポットなのかもしれませんねv-212

2006年06月11日 / Mon plaisir ☆ #72YoiJOQURL編集

Mon plaisir ☆さんへ

はじめまして!

ほんとそっくりな写真でしたね! シャルトルの大聖堂は正面からではとてもカメラに収まらなかったので、引きの写真になってしまったというのもありますが(笑)

天気がいちひとつだったので、ちょっと淋しげな雰囲気になってしまいましたが、この町は運河のあたりなどとてもかわいくて大好きです♪

2006年06月11日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。