スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

少年☆アンドレア




今日は少年時代のアンドレア王子よ。

上は1993年の「PARIS MATCH」のモナコ特集号での表紙です。当時アンドレア王子は9歳。
そのタイトルも「Andrea au balcon du palais」、「王宮のバルコニーに立つアンドレア」みたいな感じでしょうか。おじぃ様のレーニエ3世と一緒にたたずむアンドレア。これって、ひょっとしたら「ハイジ」の「クララが立った☆」くらいのインパクトがあったのでしょうか。←ウソ。

いやぁー、いろいろ世界の王室マニアの方々のブログなどを拝見させていただくと、画像が出てくる出てくる。。。なにやら日本ではほとんど知名度のないこのモナコ王室、ヨーロッパではイギリス王室よりもパパラッチやゴシップ記事が多いそうです。その反面、母親のカロリーヌ王女が子供たちをマスコミやメディアへ露出することを極力控えているということで、彼らをテレビで観ることはなかなか稀だそうで、ネットでの情報でも偏りがあるのかなーという気もします。

たとえば、最初の頃(っても最近だけどさ)幼少時代のアンドレアの写真をたくさん見ていて、どうもにっこりしてる写真がないわー、なにやらご幼少の頃、父親を事故で亡くして一時、心理療法士にかかったということも聞いていたので、なにか翳りのあるクールそうな人だわっと、思い込んでいたのですが。。。子供時代は屈折した少年だったのかしら、そりゃー人もうらやむ美貌や家柄でも本人にとっては辛いこともあるんじゃないのかしらとか、いろいろ考えていたんだけど、最近見つけたサイトの画像を見ていると、どうやらそれって勝手なわたしの勘違いだったわ☆と思う今日この頃・・・。

ま、今日は少年時代のアンドレア王子の写真をいっぱい見ましょ♪

こちらはナショナルデーの写真です。モナコでは毎年11月のこの行事の日に、王室ご一家が王宮のバルコニーから手を振られたりするそうです。




あら、三兄弟おそろいで♪ アンドレア、なぜ手にティシュ持ってるんでしょうね???




コチラは小学校への通学シーン。子供のときから王子、ずいぶんとワイルドだったのね☆




コチラはユーロ・ディズニーランドにお出かけした際のお写真。黄色いディズニーのカッパもよくお似合いで。園内の移動はボディガードに囲まれながらゾロゾロ歩いていたみたいなんだけど、なんでしょ、この不敵な表情は☆




「空飛ぶダンボ♪」で、ごっきげんな王子。ばっきゅーん☆




コチラではなぜか、バットマンのコスプレしていたり。




王子、そのお口元は。。。お煙草!? オマエ小学生じゃねーか!? アルベール伯父さんっ、叱って! 叱って!

ううむ。どう見ても少年時代のアンドレアって。。。

友達と遊んでいる写真見ても、先頭になってふざけているし。どこかで「クールな兄と陽気な弟」っていう意見をみたことあるんだけど、どっちかっていうと「奔放な兄とおっとりした弟」って思えるんだけど、わたしには。
参考までに、以前書いた弟のピエール王子の幼年期の記事と見比べてみると、違いがわかるかと思います。。。ピエールって、もっとボンヤリしたおとなしそうな子供だったよね★




・・・それでも国の行事ではこの通り、微笑み手を振る、まるでダミー人形のような、、、んっ☆、この写真のアンドレア、見れば見るほど生身の人間に見えない~。なんか、違うっ。本物はばっくれているとか???
恐るべし、マネキン☆王子




ううむ。コチラの写真と比べてみても、アチラの王子が嘘っぽい。 怖いわ~。

おまけにこんな広告も。。。(脱力)




草原の上のカロリーヌ王女と子供たち、、、ですか。マーガレットを摘み微笑むアンドレア♪

な、なんか違うっ
国としてはこーゆーイメージでいきたいのかもしれないけど(苦笑)。。。

っていうか、ピエールも仲間に入れてやれっ。ボソッ

2006年06月13日 | モナコ王室 | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

テンプレート、前の黒と赤のものよりも、私はこちらの方が好きですね。爽やかで。アンドレアも、今より子供時代の方が好きかな。

2006年06月14日 / オルサ #-URL編集

オルサさんへ♪

やはりこのブログは水色のイメージでいきたいと思います。これ、爽やかよねー。わたしは夜に見ることが多いので、黒だと眠くなるというか。。。

アンドレアは美のピークが中学生くらいかなーと思うのですが(笑)、20代になってから老けすぎっ☆
このままどんな風になっていくかも興味深いです。

2006年06月14日 / しゃるろっと #-URL編集

はじめまして。しゃるろっとさん。気になることがあったのですが、私の勘違いであると申し訳ないのですが、Pierre Casiraghi's Journalは本人ではないのですよね?blog上の[website | Court Jester]をクリックすると
The "celebrity" whose journal you read IS NOT THE ACTUAL CELEBRITY. The author/maintainer of that journal is a participant in a role playing game (RPG) where people portray adults in the entertainment industry (music, movies, TV, theater), adults in professional sports, child stars, children of famous parents, other relatives, friends, etc. of famous people, agents, managers, and other entertainment industry professionals, royalties, politicians, and socialites.
と出ていたので...それにしても充実した素敵なblogですね。

2006年06月20日 / 百合 #03RJxdeIURL【編集

いっ!? 本当でせうか!?

休暇中でお返事送れてスミマセン☆  

・・・ってことは、あれはとんだ妄想集団ブログじゃないか!?
ご指摘ありがとうございました。英語がわからないので、わかる人に聞いて確認をぜひともとらなくては!

実は、あのサイトの続きのような日記サイトを前から発見して、時々見ているのですが、そちらはスパイ・メール警告が出まくるので、リンクはひかえていました。そのブログは、どうも王室のひとたちの写真をコメント欄で使っていたりするけど、本人じゃなくて、王室マニアの人とか、ファンサイトの管理人のひとたちがやってるコミュニティーだと気づきいていましたが、あのサイトも本人達じゃない!?

あのぴぇーる本人じゃないってことは・・・みんな、リンク先の人たちも違うってことですよね!

すごいなー、わたしはフランス語版であーいうのやりたいくらい! タチアナになって日記書いたら、アンドレア役の人から甘いコメントが来たりとかして(笑) たまに一族がそろったりとかして☆

いやぁー、あの日記を訳してくださっている人もいるので、これは☆ ご指摘ありがとうございました!

2006年06月22日 / しゃるろっと #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。