スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

エズのお散歩

さて、今日はコート・ダジュールの鷲の巣村、エズに行ったときのお話。




写真を見ておわかりの通り、その日はめちゃめちゃいい天気だった。
飛行機雲があちらこちらにシュワ・シュワ出でいて、こりゃあ、お出かけしなくちゃーって気分を盛り上げていたのです(笑)
「そうだ、エズに行こう!!、前から行きたかったし!!!」
わたしは思いつくままふらりと、誰も誘わずニースの旧市街のそばにある高速バス乗り場にやってきたのです。

エズ村に行くには高速バスで、ニースから20分くらい。
ニースからイタリア国境に近いマントンまでのバスルートから見える景色は、世界の5大絶景ルートに数えられているという。この日乗った高速バスは、その絶景なルートよりさらに高い山道を通っていくというもの。
乗り合わせた北欧からきたと見られる家族連れは、始終窓の外に繰り広げられるパノラマにどよめきをあげていました。

さっそくエズ村に着くと、まずわたしが行ったのは香水で有名なフラゴナール(Fragonard)のお店♪
最近、青山の骨董道りに日本第一号店がオープンしたらしいが、本場のナチュラルな感じより、高級感が前に出すぎてどうだろうか・・・という意見を聞いたこともあるが、どうなんでしょ? 雅子さまもご愛用なさっていたというフラゴナール、ほどよい上品さが素敵だとわたしも思う。

エズ村はコート・ダジュールにいつくかある鷹の巣村のなかでは、いちばん小さいとのこと。
こんな急な石の坂道をカメラ片手に上っていきました。




下を見下ろすと、まさに絶景!!
この村のなかには隠れ家的なホテルもあって、世界のセレブたちがおしのびでやってくるという。
朝、目覚めてこんな景色が窓から見えたら、すごいよね!!!




上のほうは熱帯植物園になっていて、これでもか!!というくらいサボテンやら熱帯の花たちがあなたを迎えてくれることでしょう(笑)。




ここのサボテンはほんとによく育っている。
(思わずサボテンたちと記念撮影したわたしの頭がちょろっと入ってしまったが)、ほんとにでかすぎ!!!




そして村の頂は、こんな感じ。開放感でいっぱい!!!
左にいる子供! 身を乗り出しちゃあぶない、あぶない・・・。




・・・しかし、問題は帰りのバス。いくら待っても、来るときに乗ってきた高速バスが来る気配がない・・・。村の前まで来るバスが着くまでまだ一時間以上ある・・・。すっかり村を堪能したし、バス停の前にカフェらしきものもあるから、ちょっとお茶でもするか・・・。客らしき人、誰もいないけど・・・。

ひとりでお茶しながら、わたしは考えた。そうだ!! ニーチェの道を下って海沿いのルートに出るのはどうだろう? そこまで行けばバスは15分置きに来るし、「地球の歩き方」によれば、その道は上るのに45分って書いてあったな・・・、下りなら、ちょっとお散歩にいいんじゃないか・・・。

ニーチェの道というのは、もちろん、あの哲学者のニーチェが「ツァラトゥストラ」の構想を得たという伝説の道なのです。わたしにも、なにか神秘なひらめきが待っているのかもしれない(キラキラ)。

・・・その考えは甘かった・・・。断崖絶壁のけもの道を下りながら、わたしはツアコンの知り合いの言っていたことを思い出していた。「ニーチェの道を登ったっていう男の子がいたけど、あの道を歩きながらニーチェが考え事したっていう伝説、あれは絶対ウソだって言ってたよ。あんな道で、なにも考えられないって!!!」
上のほうですれ違ったおじさんは「地球最後の日の生存者」のようななりだった・・・。

なにはともあれ無事に海沿いのルートまで、あともうすこしというところで、元気に「Bon
jour!」と、すれ違いざまに挨拶してきたけっこう年配の女性二人組、いかついリュックに登山靴といういでたちだ。これからこのニーチェの道を登る気で満々なのだろう・・・。「悪いことは言わない、やめておけ・・・」、心の中でつぶやきつつ、パワーにつられて、わたしも思わず「Bonjour!」と笑顔で挨拶・・・。

ま、いいっか、とても元気そうだったし・・・。
高所恐怖症の人でないのなら、これも貴重な体験になるかもしれない。たしかに白い岩と眼下に広がる青い海は絶景だった・・・。
人生のうちでそんなにないでしょ?ってくらい、すんごい景気見れたし・・・ね。

2005年07月08日 | コート・ダジュールの思い出 | こめんと 6件 | とらば 1件 | とっぷ

コメント

理想のヴァカンス!

青い空に紺碧の海!これこそが理想の夏。理想のヴァカンス!お写真を見ているだけでコートダジュールを疑似体験できました!

2005年07月09日 / オルサ #-URL編集

ヴァカンス!

おやおや、オルサさん、まだ起きてましたか・・・。わたしも星の王子やらなきゃいけないのに、こんな記事書いちゃってまー大変!!
ほんと、この日の空はきれいでしたよー!
ヴァカンスしたいなー!!!

2005年07月09日 / しゃるろっと #-URL【編集

こんにちわ

こんにちわ。mojaoです。遊びに来ました。

おぉ~!しゃるろっとさんもエズに行かれたんですね。私はブログにも書きましたが、真夏に電車でエズ駅まで行ったので、上まで登ることができず(体力的に・・)断念しましたがやはり絶景ですね~。ニース駅から高速バスという手があったのか~!やられたー!笑 

あー!私も南仏の夏のヴァカンス行きたくなってきましたよ~。( ̄∀ ̄*)南仏はフランス人の大好きなヴァカンス地ですけどエズって知らないフランス人けっこう多くないですか?私が「エズが一番良かったよー」ってフランス人に行っても「どこそれ?」とか言われました。。

2005年07月09日 / mojao #-URL編集

読みましたよ!

mojaoさん こんにちは!

わたしもmojaoさんのブログでエズに行ったときの話、読みました! 面白かったです!
海のとこからエズ村まで登るのは絶対不可能てすよねー。わたしは降りるのだけで死にそうになりました(笑)
「地球の歩き方」で45分で登れるハイキングコースって書いてあったけど、力いっぱい「ウソだーっ!!!」て叫びたかった。
ホント、あの絶景はこの世のものじゃないくらいすごいですよねー。

高速バスもエズ行きは二種類あるので、山にまでいくやつじゃないと、同じ目にあいます(笑)。

フランスのガイドブック(ミシュランとか)のほうが日本のより、ずっと参考になる気がしました。

フランス人はエズ知らないの? なんでだろ?

また行きたいー!!!




2005年07月09日 / しゃるろっと #-URL【編集

こんにちは!
エズ、去年行きました。私は一人で山登りしましたよ。途中日本人の方に、やめたほうがいいと言われましたが、富士登山に比べたらなんてことないと思い登ったのですが、けっこうきつかったです。でも本当にきれいなところですよね。写真とてもきれいですね。もう一回行きたいです。それにしてもフランス人、エズのこと知らないですよね~。

2005年07月18日 / march #-URL編集

おかえりなさーい!

marchさん、こんにちは! そして、おかえりなさーい!
いやー、日本は三連休だって言うのに家にいる悲しいわたしよ。北海道は朝から豪雨と雷でひぇーって感じなのです。
エズ登ったのー!!! 素敵!! そして、やっぱフランス人エズ知らないのね・・・、近日中にはまた別の鷲の巣村の記事書こうと思ってます!

2005年07月18日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/07/13 | 徒然なるまままに |

EZE @ Cote d'Azur ★★★(impressive)

ニースは、海岸の町だが、モナコへ向かう道は、断崖絶壁の海岸線を超えていく。その断崖の上に立つのが、Ezeである。82番(か112番)のバスは、1.30EUROのPUBLIC TRANSPORTATIONとは思えない、すばらしい景色を見せてくれる。NICEからEZEには、バスの右側の席を陣取たい。ニ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。