スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

トゥルーズは薔薇色だったか?




さて、パリを出で3日目、ボルドーから列車で約2時間、目的地のトゥルーズに辿り着きました。
一体、この暑い盛りになぜ南下したんだ? と疑問を感じるかたのために書くと、実はこのトゥルーズに来たわたしの目的というのは、次の滞在地の下見&学校見学だったのです。

このヴァカンスシーズンが終わると、まもなくそのとき行っていたパリの学校の登録期間が終わるので、休みの間に次の学校や滞在先を探すというのも地方への旅の目的のひとつでした。

もちろん、パリやパリ近郊でも学校見学やアパート探しをしました。最初にパリの物件を見ることになったのは、パリに来て1ヶ月足らずのとき、偶然知り合った日本人の女の子が帰国したあとに、自分の部屋を借りてくれるひとを探していて、わたしにもお声がかかったのです。彼女はコルトン・ブルーに留学していて、16区のパッシー地区のまるで映画のセットのようなアパルトマンを間借りしていました。
ほかにも日本人留学生が引っ越すから、代わりのひとを探しているとか、いろいろな口コミで物件の情報は入ってきて、ステキなものからヒドイものまで、パリの物件はいろいろと見る機会がありました。

学校のほうも、他のパリの学校に通っている日本人の友人がたくさんできて、他校の情報にはこと欠かさなかったけど、地方をいろいろと見ているうちにもっと静かな環境で落ち着いて暮らしたいという気持ちが沸いてきました。
バリに住んでみると想像以上にいろいろな国の移民のひとが多く、語学学校の初級クラスは日本人の学生が多く、普段フランス語に触れたり話す機会があまりにも少なく、町にはいろいろなお国訛りのフランス語が溢れ、英語が溢れ・・・。なんのために大変な思いをしてフランス語の授業を受けているの??? なにをしにパリにいるの??? という想いが日ごろから強かったのです。
ヴァカンスシーズンにソルボンヌの夏期講座を取ろうかと見学に行ったりもしましたが、事務員の感じの悪い対応をみているうちに「聞いて理解できないフランス語の講義を受けてもなー」という気がしてきて、すぐにやめましたね☆ 

・・・というわけで、トゥルーズの町はその時点では、わたしの次の滞在地第一候補だったのです。町は大きく美しく、気候が良く、住みやすく、物価も安く、学校の評判もいいと聞いていたので・・・。

ところが、実際にみてみると、、、この「薔薇色の町」と呼ばれている町は、わたしの好みではありませんでした。




こちらはホテルの窓から撮った写真ですが、なんとなくアジアンな気分☆
街路樹がなく、「薔薇色」と形容されるレンガ造りの建物で統一された町のトーンも、ワサワサした都会的な雰囲気も、抱いていたイメージとはかけ離れていました。
確かに物価はすごく安く感じました。ホテルも3つ星に泊まったのですが、他の小さな町の2つ星より安いのに驚きました。あと驚いたのは広場の前のカフェで食べたアイスが不味でした☆ 嫌にのどが渇く甘さで(笑)、フランスでまずいアイスにはじめて出会いました、わたしは。
そして観光客は意外と少なく、駅前の公園や広場は人で妙に賑わい、メトロも通り、ボルドーよりもずっと都会的で、町のいたるところで大きな犬を連れたジプシーぽい人や、路上でお酒を飲んで寝転んでいる汚なっぽい人などが目に付きました。おまけに、気持ち悪いくらい暑かったのよっ。

よい点としては、住民の男性陣が端正な人が多いと感じたことかしら。(濃かったけど☆)、レストランの食事は意外とヒットだったわよ。前菜のガスパッチョとメインの白身魚にトマトやインゲン、パスタを添えたものも美味しかったし、、、でもデザートのレモンのソルベがまたもや、濃厚な甘さで、のどが渇く渇く★

とにかく、「濃い」町だったわー(笑)。太陽もギラギラでね、もうスペイン気分ね。なんだか全体的なセンスが垢抜けないっ、違うのよ。

トゥルーズの文句いろいろ書いちゃったけど、もし地元のかたなど読んでいたら、怒んないでねっ☆

そうそう、それで学校見学にも行く気にならなくてね、もっとも事前に調べていた住所に学校らしきものも見当たらないし、、、もう、ここは半日でいいよ、帰りたいーーーって気分になったわ。

結局次の滞在先は、そのあとに訪れた「ルーアンの街に恋して♪」そこにホームステイしながら学校に通うことになりました。

            
          ******************


ま、わたしの個人的なことは置いといて(笑)、トゥルーズの観光のメッカとしてはいちばん上の写真のロマネスク様式のサン・セルナンバジリカ聖堂があります。こちらも町のトーンと同じレンガ造りです。
こちらの聖堂、11世紀から13世紀にかけて建てられたもので、このシリーズでずっと話題に出てくるサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の人々が立ち寄ることでも知られています。

さて、そのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼コースというのは、キリスト教三大巡礼路の1つといわれ世界遺産にも登録されているわけだけど、調べてみるとフランスからの基点が4箇所ありました。
参考: Wikipedia コチラから




北から、①トゥールの道と呼ばれる、起点がオルレアン(Orleans)でパリ(Paris)につながるコース。
② リモージュの道(サン・レオナールの道とも呼ばれる)、起点がヴェズレー(Vezelay)のコース。
③ ル・ピュイの道と呼ばれる、起点ル・ピュイ(Le Puy)のコース。
④トゥルーズの道(サン・ジルの道とも呼ばれる)、 起点がアルル(Arles)のコース。

昔の人はこれを歩いて制覇したのかしら? 今でも杖を持ってリュックを背負った巡礼者が、大勢スペインの聖地を目指して歩くそうです。

さて、わたしの旅は、まだちょっとあります。次回はパリに帰る途中に立ち寄った町のお話です~。

(まだまだ、続く・・・)

2006年08月27日 | フランス地方の旅 | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

記事に関係ないので、ごめんなさい・・・

NHKのフランス縦断がレンタルされていたのでフォンテンブローとセーヌを見ましたよー。週末にまた続きを借りてきまーす。
でもハイビジョンじゃないからいまいち良さがー・・・
それとわざわざライブにして、通信の不備や中途半端なコメントで時間を無駄にしなくても・・・という気がしたのですが。
(加藤紀子が呼び鈴を間違えたりとか?)
でも以降の場所は行ったところのない都市なので楽しみにしています。
オランジェのところでは小林十市さんという元ベジャール・カンパニーの人がチラッと写っているそうなので探して見ます。
http://202.164.225.209/diary/

2006年08月28日 / erin #-URL【編集

erin さん♪

小林十市さんのブログみました。受けますねー。オランジェのときのちっとも気づかなかったけど、リヨンの市街の中継で、いかにもスタンバッテた日本人が数人映ってました。パリでも橋の上から手を振ってる日本のひと、いましたよね(笑)。

生中継なので段取りがうまく行ってない部分、いろいろありましたね。住吉アナが逆方向のケーブルカー乗っちゃって、違うところに着いてエンディングになっちゃったり(どこの町か忘れたけど、、、)、プロヴァンの町などは、そのあとやった世界遺産の番組より、リアルな感じがして、わたしは好きでしたが。

しかし、もうレンタルされているとは。。。さすがっ★

2006年08月28日 / しゃるろっと #-URL編集

トゥルーズ、フランスの繊細さに欠ける町なのですね。実は、数年前ルルドの泉に行ってみようと計画を立て、飛行機でトゥルーズまで行き、この町に宿泊し、ルルドやカルカッソンヌなどへ足を伸ばしてみようと思っていたのです。実現できずにいますが。
アイスが不味いのは致命的ですね。

2006年08月28日 / オルサ #-URL編集

オルサ さん♪

トゥルーズのレンガの建築物のトーンが、なにか「甘ったるいオレンジ」で、バルコニーの鉄が「水色と黄緑の中間みたいな色」で・・・(写真ではわかりにくいかもしれませんが)なにか生理的に嫌なトーンだったの。←ヒドイ。

あと、普通の団地みたいなコンクリート建築も多くて、古いものがあまり残ってないのも残念でした。若者たちはレゲエっぽいファッションの人が多かったし(笑)。

ルルドはすごく行ってみたい場所です。あそこで「聖なる体験」をしてみたいわっ。ひやかしで行っては信仰の厚い人たちに失礼かもしれませんが。

アイスはなんか甘かったのよねー。シャーベット系が特に。。。

2006年08月29日 / しゃるろっと #-URL編集

なんだか、色褪せた街ですね。
でも、町の名前は知っているので立ち寄ってみたい街です。
本当に参考になります。色眼鏡なしで正直に書いている感じが(笑)

2006年08月30日 / mine #gcWPADJgURL編集

mine さん♪

フランスのいろいろな町、口コミや旅行ガイドなどで事前に抱いていたイメージと実際にみた感じとではギャップあって、イメージしていたより全然いい町と、がっかりする町と・・・ほんとにいろいろですね。

次の町も知名度があるんだけど、、、トゥルーズよりさらにがっかりしたのでお楽しみに♪

2006年08月30日 / しゃるろっと #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。