スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

いつもの通り

さぁてと、「異邦人」を読んでいきます。
ママンのお通夜に行くために、ムルソーが養老院に向かうというシーンからです。

J'ai pris l'autobus à deux heures. Il faisait très chaud. J'ai mangé au restaurant,chez Céleste, comme d'habitude.

私は二時のバスに乗った。ひどく暑かった。いつもの通り、レストランで、セレストのところで、食事をした。

ここの部分は原文、訳文ともたどたどしい感じがしませんか? 

実は今日読んでいく部分は、わたしが以前、東京日仏学院の通信講座で中級を受けていたときに「découvertes」という教科書のvolume2のLeçon 1でTexteとして取り上げられていた部分でもあるんです。

その教科書による、この部分の解釈は次のようなものでした。

主人公は何の断りもなく時間をさかのぼっています。本来なら、大過去(J'avais mangé)を用いるべきところですが、話の流れからわれわれはその関係を読み取ることができます。このように複合過去のもつ時間的流れを無視して語られているのは、主人公がその瞬間ごとに心の中に思い浮かんだことを述べているからでしょう。それは主人公の心理的混乱を表しているとも言えます。

・・・混乱していたの? ムルソー??? たしかにこの部分は展開が唐突で、さらっと読んでいたら見逃しそうだけど、話の流れがつかみにくい部分でもありますよね?
そのわりには、いつもの通りの行動にでてますけど・・・

ちなみにこの、いつもの通りにあたるcomme d'habitudeは、このブログのタイトルですねー。(笑)
ここからいただいたわけじゃないけど、このタイトルはすぐに決まったのですよ。「普段どおりにやりましょ」ってノリなのですよ。

さて、店ではムルソーは友人たちに気の毒そうに迎えられ、みんな戸口まで送って来ます。ところがムルソーは店の上の階に住んでいる友人に、お通夜で使う黒いネクタイなどを借りにいかなくてはならなかったので・・・

J'étais un peu étourdi

私は気が気じゃなかった。

この形容詞のétourdiを仏和で引くと茫然自失したと載っていました。
友人たちについての描写も特にないので、ここの場面でのムルソーは、心ここにあらずといった感じだったのかもしれませんね。

そしてバスの中で眠ってしまったムルソーは、目覚めると寄りかかっていた軍人に話しかけられます。それに対してムルソーは・・・

J'ai dit pour n'avoir plus à parler.

別に話したくもなかったから、私は「そうです」といった。

pour n'avoir plus à parlerは直訳調にすると、これ以上話さないためにですね。別に話したくもなかったからという訳、ムルソーのイメージ作りに一役かってます。

ところで、今日触れた東京日仏学院の通信講座の中級、わたしが受けていた頃と、(今年からリニューアルされたのかな?)すっかりシステムも教科書も変わってしまってますね。
わたしはこの東京日仏学院にはすごくお世話になっているのです。はじめて通ったフランス語の学校もここの通学の入門コースでした。飯田橋の駅から川沿いに歩いて、あの坂を登って(けっこうきつい坂ですよね)通いました! 当時は「フランス語の学校に行っている」っていうだけでウキウキ気分だったけど、授業はすぐにわけがわからなくなりましたね・・・。その後、他の語学学校に行ったり、留学して帰ってから、なんだかんだでここの通信講座の上級仏文和訳まで受けましたが、いちばんためになったのはこの通信講座の中級かな・・・課題の締め切りに追われる毎日だったけど、最後に終了試験で合格したときはすごくうれしかったな・・・。

今日引用させてもらった教科書の「découvertes」はいろいろな文学作品のTexteが豊富に載っていて、文法説明が日本語とフランス語の両方でとてもくわしく載っていて、おまけに本のデザインもわたし好みだったな・・・。作文書いたり、テープからディクテやったり(これは何度もテープ聞いたな)、そのころは勉強したな、ほんとに・・・毎日スケジュールたてて勉強してたし、最近はあんまり「勉強」って感じでもないな・・・

わたしのつぶやき、長くなっちゃうので、このへんにします(笑)

今日も読んでくれた方々、ありがとうございましたー!!

2005年07月12日 | 「異邦人」を読む | こめんと 6件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

異邦人のこのあたりはまだ、読者もムルソーの性格を把握できていなくて、なぞが多いですよね。
私の大学では、前期で読解が終わりました。
夏明けには一部の暗記+全体の読解テストが・・・。

ところで日仏学院ですが、私も留学フェアのときに行きましたよ~。
入り口のカフェスペースが素敵ですねvv
うちの大学からも講師が何人か行っているので、もしかしたら同じ先生と習っていたかもしれませんね~。

2005年07月13日 / きお #-URL【編集

日仏学院

きおさん、こんにちは!
わたしが日仏学院に通っていたのは、だいぶ前の話で、今と違っているかもしれないんだけど、オープンエアーのレストランみたいなの憧れたなー。本屋さんもかわいかったし、教室も、建物自体がすごく好き!
留学フェアですか! きおさんも留学してたのね?
わたしもフランス語の学校また通いたいなー! 今の生活ではしゃべる機会がなくて・・・。

2005年07月13日 / しゃるろっと #-URL【編集

本屋さんの中って見ていて飽きないです。建物の作りもちょっと変わっていて、面白いですよね!
迷いかけましたが・・・。

留学には行ったことが無いのですが、興味はあるんです。
今2年なので来年には留学か旅行したいと思
っています。

パリよりも地方に行ってみたいな、なんて。

2005年07月15日 / きお #-URL【編集

フランスの地方

留学といってもいろんなスタイルがありますよねー。その地方、たとえばリゾート地に留学するのと、小さな町に留学するので全然ちがってくるし、あとパリはすごく日本人多いですよー。語学でいかれるなら、わたしも最初に言われたけど、田舎のほうが伸びるみたいですよ。人も親切だし。
ま、留学は2週間くらいからできるし、現地でなければわからないことも多いんで、とにかく自分の目で確かめることがいちばんなのかな・・・。
わたしもフランス行きたいなー。いま、夏休みなのかな? いいですねー!

2005年07月15日 / しゃるろっと #-URL【編集

FC2のブログにフランス語をテーマにして
いる人がいてよかった。先日準1級2次を受けました。今日立ち上げたのでたまに見てください。私も日仏の通信を受けたことがあります。最近別の学校で準1級準備クラスを受けたのですが(少人数)、期間中は講師の方が読解問題の日本語翻訳添削をメールでしていただき(毎週2題)大変力がつきました。まだ
まだ拙いのですが、ブログで習作をのせたいと思っております。

2005年07月18日 / ドラム小僧 #-URL編集

はじめまして!

はじめまして! さっそくプロク拝見しました。いゃー、なんか音楽の趣味とかわたしに近いんじゃないでしょうか?
わたしは実は、坂本龍一に憧れて音楽学校でコンピューターミュージックなどを専攻していた時代もあるのです。矢野顕子とはしゃべったこともありますよー。フレンチポップもお好きですかー、まぁー!!
準一級の二次ですか・・・わたしは一次も当分受かる自信ありません(笑)

2005年07月19日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。