スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

フランス語を楽しく学ぶ本や教材

前回、英語圏の赤ちゃんや子供用のフランス語教材を紹介してみました。パッケージもかわいいし、子供の絵本など読んでみるのも楽しい勉強法かなと思うのですが、ここんとこ日本から出している語学書なども初級をターゲットにしたものはユニークなものが多いと思います。

そんななかで、最近発見して面白そうだと思ったのはこちら。



「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語

アマゾンの商品説明より抜粋。

フランス語は“世界で最も美しい”と言われる言語です。この本ではオスカルやアンドレたちの名ゼリフをテキストに、日常生活で必ず役に立つフランス語の基本を身につけることができます。さあ、あなたもオスカルと一緒に初級フランス語を学んでみませんか。

・・・わたしは実は「ベルばら」って漫画もアニメも知らないのですが(もうちょっと上の世代の人たちには大人気だったのかしらん???)

ニースにいたとき古本屋で「キャンディ・キャンディ」のコミックスのフランス版を見つけて、買おうかやめようか悩んだ経験が。。。一巻の最後あたりでアンソニーの死を知ったキャンディが「Il est mort!?」とか言ってたりなんかして☆
ちなみに、わたしはアンソニーよりテリィ派だったわ♪←どうでもいいって。

フランスではこの「ベルばら」も「キャンディ・キャンディ」もアニメ化されていて人気があったみたいね。ふたつとも自国のアニメだと勘違いしていたフランス人も多かった・・・とリンク先のWikipediaに載ってたけど、昔の少女漫画って最近のものより大人っぽくてストーリーもドラマチックだったなぁ・・・と思うのはわたしだけでしょうか。

この本には、粋なフランス語や愛の言葉が詰まっているのかしらね♪



さて、もうひとつは「パティシエのフランス語

自由が丘の有名パティスリーでおなじみ、たくさんかわいいお菓子の本を出している辻口 博啓さん著書のもの。

お菓子作りに必要なフランス語(レシピや材料)はもちろん、ちょっとした会話も載っているそうで、スィーツやお菓子の名前や、その由来など興味深いですね。お菓子好きなかたにはたまらん一冊かも。

あと、面白い企画だなと思ったのはこちら。



シャン・ドゥ・ジャポン~フランス語で歌う日本のうた

これは日本の懐かしい名曲、たとえば滝廉太郎の「荒城の月」とか、「浜辺の歌」、「赤とんぼ」 「からたちの花」などがフランス語でスイスのメゾ・ソプラノ、ブリジット・バレーズが歌っているというCDです。
これらの情緒深い日本の歌がどんなフランス語になっているのか・・・というのも気になるし、音楽としても秋の夜長のヒーリングによさそうです・・・。

それから、フランス語のユニークな語学書や教材をいろいろ扱っているかわいいサイトもご紹介。「フランス語の道具箱・ルピコ

最近は語学書もヴァリエーション豊かですよね~。

・・・と、すっとぽけて宣伝させていただきました。実はこのサイト、わたしが作りましたっ。
ええ、まったくのど素人状態で、ホームページの初歩的なHTMLを知らないまま、あれよあれよという間に公開の日がやってまいりました。今日、10月9日の夕方、オープンしたばかりですっ。(ちゃんとなってるのか、非常に不安★) 初お披露目です!

このサイトつくるのに、ホームページビルダーとか、製作ソフト類は特に使ってません。「ロリポップ!」のFTPサービスで、ベースとなる土台は手打ちでつくりました☆
もちろんホームページ製作のごく簡単な入門書や、HTMLやスタイルシートのタグを載せているサイトをたくさん参考にしました。

最初、いろいろ企画があって「旅行記を編集してまとめようか」とか「雑貨屋さんをやりたいわ♪」とか「留学体験記を書こうか」とか「フランスの情報サイトにしようか」とか・・・いろいろ案があったのですが、語学書関係は普段アマゾンでみていても探しづらいなー、全体がみえないなーというのが前からあって、それでフランス語の語学書を扱っているサイトで便利そうなものを探しても案外なくて、、、自分で作ってみたわよ♪

アマゾンで扱っているアイテム数ってそんなに多くないし、こりゃーつくりやすいかなーと思ってはじめたら、とんでもなかったわっ。(徹夜したわよ、何日もっ)

あ、ところで「Le picot」って一体なんだ!? って思ってる方、無理やり「ル・ピコ」じゃなくて「ルピコ」とつなげてるけど、原宿の「ラフォーレ」も「ラ・フォーレ」じゃないし、大目に見てね♪
意味は、、、特に深い意味はありません。響きで決めました。辞書に載ってるメインの意味は「編み物やレースの端っこの飾り」ですって。

・・・ま、なんとか形になってよかったです。
まだまだつたなく情報もページも少ないのですが、これから地道に更新して、広がりのあるものにしていこうと思ってます。たまに覗いてくれるとうれしいわ♪

2006年10月09日 | 本の話 | こめんと 8件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

「ルピコ」開設おめでとうございます!随分便利なサイトがあるなと思ったら、しゃるろっとさんがドメインをとって着々と準備されていたのが、コレなんですね♪ とても見やすく、利用者に親切な作りとなっているなと思いました。

さて、「ベルばら」も「キャンディ・キャンディ」も、フランス同様イタリアでも大人気です。それも20代の子達もテレビで観て知っていて、もしかしたら日本の20代よりも詳しいかもしれない。

2006年10月10日 / オルサ #-URL編集

オルサ さん♪

いつもお祝いメッセージ、ありがとうございます!
本の紹介サイトって意外とコレっていうのがなくて、フランス語関係もこういうのみあたらなかったから、やってみました。サーチ型の大きい本屋さんとか、翻訳関係の本格的なサイトはあるんですけどね。
これの枠組みをつくるのに、だいぶかかりました。画面ではシンプルに見えますが、結構苦労しましたっ。このサイトは地道に濃いものにしていきたいです。

「ペルばら」も「キャンディ・・・」もお話がしっかりしていて・・・特に「キャンディ」はWikipediaのあらすじ読んで、うなってしまいました! 子供の頃はよくわからないまま読んでいたけど、すごい話ですね。キャンディの恋がことごとく実らないと思っていたら、最後にアルバートさんかいっ★みたいな。(お話を知らないひとには???でしょうが・・・)

2006年10月11日 / しゃるろっと #-URL編集

こんにちは~
ホームページ開設おめでとうございます!
英語と比べれば少ないのでしょうが、フランス語教材もなかなかどうしてバラエティ豊富ですね~。
私は4,5年前に「赤ちゃん教材でアン・ドウ・トロワ♪」で紹介されていたベルリッツのセットを買いましたけど、最近手にしてないです(苦笑)
教材と一緒に、「尻を叩いて継続させてくれる人」も販売してくれないかな~(笑)
あ、それが語学学校か。

2006年10月12日 / glasshouse #K6z7/KisURL編集

glasshouseさん♪

いやぁー、ど素人でもホームページを作って公開することができる、ということがわかっただけでもよかったわ。まだまだ始まったばかりなのですが(笑)。ありがとうございます!

フランス語はわたしも、あんまし勉強って感じではないですね。。。語学学校は「勉強する」「覚える場」ではなくて「発表の場」、あと「友達やなんかに会う場」って感じですかね。継続させてくれる人・・・そりゃー、恋愛するのがいちばんだってよく言いますがね(笑)。

2006年10月12日 / しゃるろっと #-URL編集

ベル薔薇とフランス語は、すっごくあいますよね。私もコミックフランス語版んを買ってます。たしか、アニメではレディーオスカルって訳されていたみたい。実際にフランス語のベル薔薇を聴いてみたいわ~。

2006年10月12日 / Mii #uszzu23EURL【編集

Miiさん♪

Miiさんは「ベルばら」好きそうですよねー(笑)。わたしは実は「ベルばら」を読んでなくて宝塚っぽいイメージが強いのですが。

日本の漫画はいろいろフランスで人気があるから、他の漫画でもこういうシリーズが増えればもっと楽しいのになーと思いました。普通にフランス版の漫画を読んでもいい勉強になるかもね!

2006年10月12日 / しゃるろっと #-URL編集

>語学学校は「勉強する」「覚える場」ではなくて「発表の場」、あと「友達やなんかに会う場」って感じですかね

そうですね、受け身で教えてもらうのを待っているだけではなかなか上達しないんでしょうね。

 >継続させてくれる人・・・そりゃー、恋愛するのがいちばんだってよく言いますがね(笑)。

よーし!今からがんばってフランス人男性を……って、
ははははははは……(乾いた笑い ^^;)

2006年10月13日 / glasshouse #K6z7/KisURL編集

glasshouse さん♪

いやぁー、日本の語学学校は「通っている」ということに満足してしまって、やはりフランスでフランス語を嫌でも喋らなくちゃならない状況に追い込まれないと実につかないというか・・・。日本人がフランス語をちゃんと勉強するというのは結構シビアなことだと思います。教養、趣味の粋でやってるぶんには楽しいですが。

>よーし!今からがんばってフランス人男性を……

いけると思いますよー♪ ワタクシ的には遠慮したいけど(爆) どうも一般的なフランス人のイメージする「日本人像」「日本女性」ってのがヘンテコに感じて(笑)。そういうのを超えられるような素敵なフランス人男性は、まだみたことないですね・・・(世間で思われているより、かっこいい男性密度がすごく低い国だと思うのですが・・・)

2006年10月13日 / しゃるろっと #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。