スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

ローマ滞在の理由




いきなりですが、みなさん、この女性をご存知!? ←なんか、イヤーな予感が(笑)。このひと、滝に打たれながら笑ってるのか!?

このかたはエル・マクファーソン(Elle McPherson)さん。オーストラリア出身のスーパーモデルで、下着ブランド「エル・マクファーソン・インティメート」をやっていることでも有名らしいんですけど、わたしはリサーチするまで全然知りませんでした。




このように、パーフェクトなボディがご自慢のセレブ☆らしいんですけど。「Youtube」で彼女の動画探したら、健全なこのブログ(ほんとかっ!?)にふさわしくないようなエロイのしかなかったので、ま、写真もこんなのばっかなんだけど。。。




これは、「全裸で朝食」ですか。かっこいいかもしれない♪

このかた女優としては「泉のセイレーン」「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」、それからなんとっ、シャルロット・ゲンズブールが主演していた「ジェイン・エア」にもちょこっと派手な令嬢役で出演していたらしいの。参考はこちら。「エル・マクファーソン - Wikipedia

びっくりだわー。

・・・ところで、この人がなんでこのブログで今、話題になってるの!? ってのをこれから説明すると・・・。

以前、アンドレア王子とタチアナさんのローマ滞在の記事を書いたんだけど、最近「二人のローマ滞在の目的は!?」という質問のメールがあったの。・・・そういえば、あの二人が何しにローマに行ったのか書いてませんでしたっ。ドクロにばっか気がっ。いやー、あのアンドレア王子っていつもいろんなところに出かけていて、去年はブラジルに遊びに行って、買い物にニューヨークに行ってたし、ローマもショッピングエリアらしいのね。(王子って買い物袋下げて、家族や友達と買い物を普通にすることもあるみたいなの)。で、この間のローマは友人のプライベートな集まり(といってもゴージャスそうなパーティに出かける感じだったけど)に呼ばれてたんだなーくらいで流してたの♪

・・・で、そのパーティの主催者がこのスーパーモデルのエル・マクファーソンだったってわけです。調べてみると面白いねー。アンドレア王子の華やかな交友関係、というかモナコ王室はファッション関係の人たちとの交友も盛んなようで、スーパーモデルといえば、、、ちょっと最近新たなスキャンダルもあるのですが。。。それはいずれ書くわっ。

わたしはこのひとが「ジェイン・エア」に出てたっていうのが結構ツボにきたので、予告編を貼っておきますわ☆ わたしこの映画、イギリス映画で、ちょっと暗いトーンなんだけど、すごくお話がドラマチックで好きなの♪

薄幸の儚く、意志の強い女性を演じたシャルロット・ゲンズブールの古風なファッションとたたずまいにはシビレました。気丈な少女時代はアンナ・パキンが好演してます。
画像は悪いけど、貼っちゃえっ☆



うーん、でもどこにもマクファーソンさんらしき姿がありませんねぇ。。。(笑)

ま、いっか☆ シャルロット観れたし。

2006年10月11日 | つぶやき | こめんと 5件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

ジェイン・エア懐かしいですね~。私はこれでシャルロットファンになりました。てっきりイギリスの女優さんかと当時は思ってましたよー。なんか地味だったし、笑 エル・マクファーソンはたぶん、高飛車なお嬢様の役だったような・・・ロチェスターの花嫁候補で舞踏会に来るんだけど、足蹴にされる、笑 みたいな役柄だったかな!?

10代の頃、ジェインみたいな強くて自立した女性になりたいな~って憧れてましたよ。

2006年10月13日 / uwabami #-URL編集

uwabami さん♪

そうですよねー、マクファーソンは派手なお嬢様役だったと記憶してます。(ちょっとしか出てこないけど)

この映画が公開された当時、シャルロットがニュースステーションに出演したときの、司会の久米ヒロシさんがとっても嬉しそうだったのが印象に残ってます(笑)。「ほんとうに、シャルロットですか!?」とか言ってびっくりしてましたねー。役のために体重落としてたから、すっごく細くて繊細でリアリティのない感じでした。
「ジェイン・エア」は何度かいろんな女優さんで映画化されているけど、シャルロットのジェインはイメージに近いと、なかなか好評のようです☆
わたしはこれしか観てませんが、本当に素敵なお話、かわいそうな身の上なんだけど、女性の「美しさ」や「強さ」について感銘を受ける映画だと思います。

2006年10月13日 / しゃるろっと #-URL編集

そうそう久米さんスッゴイミーハーで、なんか恥ずかしかったです、苦笑 ちょっと口説いてたし、笑 あの頃、私にとってシャルロットは生活観のない、天上の人~ってイメージだったから、ニュース・ステーションに出てたのはスンゴイびっくりだったなー。多分、ビデオ撮ったのがどこかにあるはず・・・

ジェイン、一見か弱いのに、芯が強くて、ロチェスターに対してゆるぎない愛情をもっていて、いいですよね。私はあの映画観て、ロチェスターではなくジェインに恋しましたもん、笑

2006年10月14日 / uwabami #-URL編集

uwabamiさん♪

まぁ、うわさんもニュース・ステーション観てた!? 久米さんの質問にひいているシャルットが本当にナイーブでナチュラルでよかったわー。わたしもビデオ撮ったけど、どこ行ったかしらー★

ロチェスターには恋しませんって(笑)。しかし、ああいう大河ドラマみたいなのは見やすいわね。やはりお話がわかりやすいし、素直に感情移入できるというか。シャルロットは何気に今年のヴェネツィア映画祭で出演作が賞に輝いていました。(たしか銀だから、二番目の賞かな) その作品もクラッシックテイストだったので、古風な女性の彼女がまた観られるわね。楽しみ!

2006年10月14日 / しゃるろっと #-URL編集

うわさん追記★

その映画は「Golden door」というタイトルです。(知ってたかな?)

http://www.allocine.fr/film/galerie_gen_cfilm=54150&filtre=&page=1.html

これからシャルロットの出演映画がどんどん公開されるー。イヴァンもシャルロットで第三作を撮っているらしい。これから検索に忙しくなりそうだわっ。

2006年10月14日 / しゃるろっと #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。