スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

クライン・ブルーと王子のお宝動画と・・・

今、パリのポンピドゥー・センターでイヴ・クライン展が行われています。(10月5日から来年の2月5日まで開催)

イヴ・クラインといえば、わたしはパリのポンピドゥーやニースの現代美術館で彼の「インターナショナル・クライン・ブルー」と呼ばれる深い青の作品群を何度かみました。
ニース生まれで、日本びいき(柔道は黒帯の腕前)、アーティストとしての活動はごく数年といわれていますが、彼の絵画やオブジェ作品の深いブルーは地中海の空と海を思わせて印象深いものがあります。

そんなイヴ・クラインの展示会のオープニングに、このかたたちも仲良く現れましたっ。




「クライン・ブルー」の前でパチリ☆

アンドレア王子は、おもいっきりローマのときと同じ紫のネクタイしてるような(爆)。←似合ってますが。

タチアナさんは寒いのか暑いのか、わからんような格好のような気もするけど(笑)、豹柄がお似合いよ☆




この写真は奥にいるタチアナさんの洋服が同じなので、たぶん同じ日と思うのですが、白いシャツ姿の王子が車から(これはタクシーかしらね?)さっそうと降りるところをパパラッチされております。知人のお集まり(今回のはラフなパーティのようです)に向かうシーンのひとこま。

・・・さて、パリでは今月の7日にニュイ・ブランシュ(La Nuit Blanche : 白夜デー)というイベントがありました。
これは今年で5回目を迎えたそうで、毎年10月の第1土日曜、パリのほかブリュッセルやローマ、マドリッド、プラハ、モントリオールなど世界各国でも同時開催されいるもの。
パリでは市内51ヶ所で現代アート作品が展示され、路上ではパフォーマンスが行われ、主要な美術館(ポンピドゥー、ルーブルなど)が特別に無料で夜間に開放され、市内のメトロも一晩中運行されるという街ぐるみの大アートイベント! 特に現代美術や前衛美術の好きな方にはたまらない企画ですね。
街のモニュメントもいつもとは違うライトアップで飾られていたようで、コンコルド広場のオベリスクや噴水はクライン・ブルーに染められていました。画像はコチラ
幻想的で本当に美しい。パリってこういうことやるから心憎いわ。

なんだか、今日はとりとめのない記事になっちゃってるんだけど(今回のタイトルもヘンテコだぁ~)、わたくし、以前アンドレア王子がフィリピンご訪問のときのスピーチの動画をみつけたのに、いつのまにか消えてしまって残念! ・・・みたいなこと書いたわね?
その後、その同じ動画を再発見していたのよ、実は(笑)。

ええ、アンドレア王子の「お声」ひとりで聞き放題だったわよ★

ここに動画を貼ろうかどうか、ちょっと躊躇してたんだけど・・・貼ることにしたわっ。なんか、ブレブレの映像で、時間も短いんだけどね。

こんなマイナーなかたの声なんて、めったに聞く機会もないだろうし。。。(動く姿だって、めったに見れないもんね☆)

・・・さぁ、ドキドキしますね~。貴重な瞬間よっ!

それぃっ★ きゃ~ぁ。



いかがでしたか??? 瞬く間ねっ。

個人的には王子の英語よりフランス語が聞きたかったけど・・・、王子って、ふにゃ~としてますよね。落ち着きがないというか。やはりシャイな感じが漂っているわ~。最初に聞いたときは低い声だって思ったけど、改めて聞くとそうでもないような気も。

世界の王室ファンのみなさんのサイトでも、この動画が話題になっていて、みなさん「チャーミングだ」「シャイだ」「いい声だ」とのご意見でした。

・・・わたしとしては、もう少しいろいろ観てみないと、わかんないなーって、感じですね(笑)。

2006年10月14日 | モナコ王室 | こめんと 12件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

こんにちは、いつも更新楽しみにしています。
アンドレア王子はパリ在住と聞きましたが以前は学生だったみたいですけど、今はもう卒業したのでしょうか?いろんな記事を見せてもらった限りではパーティーとバカンス、それと時々ボランティア(笑)という生活のようですが。。。正確には王子ではないという事ですが、そうするとやはり何か定職に就かなければいけないのかしらん?もしご存知でしたら教えて下さーい。

2006年10月15日 / ss #-URL編集

ssさん♪

こんにちは!

アンドレア王子はフォンテンブローのリセを卒業したあと、去年あたりにカナダの有名大学に入学が決まったという情報を日本のサイトでみたことがあるのですが、どうやら今、大学に通っている様子はないですね。お住まいもパリ7区のアパルトマンに住んでいるようです。

アンドレア王子も含むカシラギ三兄弟は庶民との間の子供たちなので、プリンス・プリンセスのタイトルはついていないのですが、アンドレアは現在王位を継ぐ順位としては母上の次で二位なので、このままいくと将来はモナコの大公様になるかもしれない身分なので、定職にはつかなくても・・・母上や叔父さんたちの資産はそうとうなものだし、その叔父さん(アルベール大公)も生活のメインはパーティや社交の日々なので(笑)、そういう心配はないと思いますよ。

2006年10月15日 / しゃるろっと #-URL編集

この動画、見ていると船酔いしそうです。焦点が合わせられずに思わず王子の前に飾られている花に目がいったり。やっと王子がまともに見られるようになったと思ったら終わっていました(笑)。
写真で見ると、いつも自信満々って感じを受けるのですが、動画で原稿を一生懸命見ながら話す様や声を聞くと、実はシャイで、まだまだ若いんだなって、実感します。

2006年10月15日 / オルサ #-URL編集

ご回答ありがとうございます。
そうですかー、王子高卒なのかー。
大公と身分がはっきりしていれば叔父さんと同じ生活でもいいけど、一応一般の人という身分で暮らしているのに職業が無くていいのか?たとえお金に困っていなくても向こうの人たちはことさら職業=タイトルを重要視すると聞いた事があるので、「ご職業は?」と聞かれた時に「王子です」ではまずいんじゃないかと思ったもので。。。せめて学校は行って>王子

2006年10月15日 / ss #-URL編集

オルサ さん♪

アンドレア、写真でみているイメージと違って、この動画では照れながら喋っているというか、かわいい感じよね♪ 
モナコグランプリのとき表彰台のシーンで拍手しているところをテレビで観たときも、思っていたより「爽やか」な感じの人だわって思ったの。むしろ、となりにいたピェールが写真でみるイメージより「自意識の強い」感じというか「だるそー」な感じにみえたわ(笑)。

わたしもこの動画みて、「若い」と感じました。写真では落ち着いていて渋そうにみえるんだけどね(笑)。

2006年10月16日 / しゃるろっと #-URL編集

ss さん♪

フランスのサイトでアンドレアのプロフィールをあらためて一通りみてみましたが、特に学歴については触れてませんでした。バカロレア(フランスの大学入学資格)は持っているようなので、大学に行こうと思えばいつでも行けるのでしょうが・・・。

>一応一般の人という身分で暮らしているのに職業が無くていいのか?

あのぅ、アンドレアは「一般の人という身分」で暮らしてはいないです。

>向こうの人たちはことさら職業=タイトルを重要視する

あのー、微妙な問題なのですが、カシラギ三兄弟はプリンス、プリンセスのタイトル(呼び名)はないけど、社会的な扱いや立場としては王室の人なので・・・。

>「ご職業は?」と聞かれた時に「王子です」ではまずいんじゃないか

そりゃー、彼に面と向かってそんな質問するほうが失礼ですよっ。

わたしは「某有名掲示板」でアンドレアのことを「高卒プータロー」と言った人たちをバカなんじゃないかと思ってます。(プンプン★)
例えば、昔の王族や名門の子供たちは学校に通わずに、家庭教師を家に呼んで、学校で得るより多くの教養を得たものです。

一般の情報(このブログもね☆)でのアンドレア情報には偏りと限界がある・・・ということをご了承くだされっ。

わたしとしては別にアンドレアが大学に行っても、行かなくてもどっちでもいいです。たいした問題じゃないと思うのですが。

(再び)
>向こうの人たちはことさら職業=タイトルを重要視する

そうかなぁ??? わたしの経験では、留学していたときいろんな国の人に合ったけど、初対面で年齢や職業をすぐ聞いてくるのは日本人ばかりでしたけど。。。

2006年10月16日 / しゃるろっと #-URL編集

ウッシッシ、私は王子と同区民♪
7区と言っても広いから、王子あたりはセーヌ、エッフェル塔のダブルビューな界隈なのかしら?

職業=タイトルを気にする、確かに庶民にはあるかもですねー。
‘パリに駐在なんてご主人はいったいどんなお仕事?’なんて聞かれて
普通に答えて会話が凍ったこと何度かありますよ。
別に変な仕事じゃないですが。
羽振りの良い金融関係、とか有名大手メーカーの名前を期待されているんでしょうね。後、欧米で旦那の業種に大卒の人少ないかなー、って感じ?日本ではそんなことないんですけど。
家探しの時の苦労も、これが原因かなーって思いましたもん。
これ、文化的な背景とか外国人には判りづらいんです・・・
例えばCA(昔のスッ○ー)日本では人気の職業が、外国では‘はぁ?’って感じにちかいのかな。
でも、アンドレア王子に‘職業は?’なんて聞いちゃう人、その前に王子の行く所、入れないんじゃぁ?というか、ヨーロッパの社交界って案外狭い社会で(各国王族とか皆知り合いそう)新興成金セレブはそこに食い込むのに必死なんじゃないでしょうか?
タイトルを気にするという土俵が違うような気がします。
長くなっちゃってすみません。

王子のぶりちっしゅ、私にはよく聞き取れましぇんでちた・・・

2006年10月16日 / erin #1LD7GMgoURL【編集

このブレブレ具合、隠し撮りなんでしょうか。
でもホントに貴重な映像ですよね~。
原稿からほとんど目が離せずに読むあたり、まだ「ご公務」に慣れていない感じで初々しいですね!終了後、「はあーっ、終わったぜ!」ってサッサと原稿を置くところが可笑しい。
発音はr音などはかなりアメリカン寄りの印象を受けました。

2006年10月16日 / glasshouse #K6z7/KisURL編集

乗り遅れ気味のうわさんです、笑
ジャジャン、アンドレア王子の肉声!ついに公開ですね~。
私もみなさんと同感で、幼いな~アンドレア~と思いました。
写真で見ると落ち着いていて、勝手に30近いと思ってましたよ・・・;

英語を喋る王子・・・なぜかフランス語に聞こえるのはなぜだろう・・・笑
ピエール君とシャルロットちゃんの声も勝手に想像してるうわさんでした。ピエールは声高くて、シャルロットはちょいと大人ボイス☆

2006年10月16日 / uwabami #-URL編集

erinさん♪ お元気でしたか?

7区にお住まいでしたかー。王子、どのへんにお住まいなんでしょうね。同じ7区のゲンズブールの家の近所だったら個人的にはツボですが(笑)。

文化的背景の違いというか・・・日本に住んでいるとなかなかこういうヨーロッパの王族とか、ピンとこなくてあたりまえだと思うんですよねー。一般的には「モナコの王子」といえば「アルベール」のことだといまだに思われてたりするわけだし、(おじいさまが亡くなったことも知られていない・・・)、グリマルディ家がどんなにすごい家か・・・ということも(わたしも、深くはわかりませんがっ)、でもモナコ王室を全然知らないときから、ニース近郊でグリマルディ家所有の城とか宮殿やら目に付いて、「すごいねー、グリマルディ!」とは思ってました。
とにかく日本の普通の感覚ではわからん世界だと思うし、王族の世界って狭い社会だと思います。それから考えたら「セレブ」なんて、、、。

「タイトル」っていう感覚からして、イコール「職業」とは違うと思いますし☆

アンドレア王子に‘職業は?’って聞いても、本人は怒んないと思いますが(笑)、でも、そんなシチュエーションはまず、ありえないと思いますね。。。聞くほうが絶対恥ずかしい★

「王子のぶりちっしゅ」フランス訛りなのかな???  フランス人の英語って聴き取りづらいってよく聞きますが。

2006年10月16日 / しゃるろっと #-URL編集

glasshouseさん♪

ほんとブレブレで短いし、レア感たっぷりでんな~。原稿読み終わった後、女の人などの笑い声も入っていて、あれれーって雰囲気も漂っているような☆ 王子、フニャフニャだし。

英語「アメリカン寄り」ですかー。わたしもイギリス英語とは違うなーと感じましたが、「あがってる」感じで初々しいですよねー。この画像で王子のイメージがだいぶ変わりましたね。。。わたしは。

亡きおじいさまはアンドレアのことを「シャイ・神経質・思いやりがある」とか言ってましたー。なんとなくわかる気がします!

2006年10月16日 / しゃるろっと #-URL編集

uwabami さん♪

王子、若かったねぇー☆ もっと野生的で偉そうなイメージがあったんだけど、結構ナイーブっぽいかたなのかも♪

ピェールはわたしも声が高くていっぱい喋りそうなイメージがあるんだけど、どうなのかなぁー。ジョークとか飛ばしてお茶目な感じも☆

シャルロットはわたし的には初々しいイメージがあるのですが、声によってだいぶ印象が変わりそうですね。煙草を吸うらしいので、声も低いかもね☆

そういえば、この画像のタイトル「Prince Andrea」でした(笑)。 いつも名前フルネームで「カシラギ」で検索するから、一時的に画像を見失ったんだと思うの。彼に対して「プリンス」って言葉を忘れがちよん♪ ふだん「王子」って言ってるくせにっ(笑)。

2006年10月16日 / しゃるろっと #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。