スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

新訳・星の王子さま 第4章

新訳・星の王子さまプロジェクト、第4章の結果が出ました!
さて、今回のくりしぇは・・・




訳文をこうして読み直して思ったけど、文章がもたついてますね(笑)。

この4章は物語の鍵ともなる大切な章だと思います。
今回わたしが頭を抱えたのはこのフレーズ。

Mais, bien sûr, nous qui comprenons la vie, nous nous moquons bien des numéros!

内藤濯の訳では・・・

だけれど、ぼくたちには、ものそのもの、ことそのことが、たいせつですから、もちろん、番号なんか、どうでもいいのです。

わたしの訳は・・・

でも、言うまでもなく僕たちは生きていくために大切なことをわかっているのだから、数字なんてまるで気にしちゃいないのです。

このla vieをどう通りのいい日本語にするか迷ったわけなのですが、内藤濯は、ものそのもの、ことそのことがとしています。わたしは生きていくために大切なこととしてみましたが、みなさんはどう訳したのかな?

世間というもののなんたるかを」、「人生の本質」、「人生」、「大切なこと」、「内面のもの」、「世の中
うーん、なるほど、深いです!

総評でも言われている通り、たしかに「常連さんたち」個性にとんでいておもしろいですね。

このプロジェクトに参加した最初は、内藤濯の訳だけでいいんじゃないか・・・と思っていたけど、新訳でぞくぞく出版している「星の王子さま」をこの機会に読み比べするべきなのかも!

ところでこんなサイトあります。辛口です!

たとえば新訳について、このような意見を言っています・・・

「目先の利益は抜きにして、百年後に最終決着が付く翻訳競争に挑んで欲しいと願っています」

「倉橋さんは体調が優れず、充分な見直しと校正の時間がなかったのではないかと思われます」


どのような方が書いてるんでしょうか・・・

「私は、Le Petit Prince の、熱烈なファンのひとりに過ぎません。それ以上のものではないのです。考えても見てください。私を感動させ、Le Petit Prince の世界に引きずり込んだのは、内藤 濯さん以外にはあり得ないではありませんか」

「私は、百年後になお命脈を保つ自信をもってこのサイトを作っています。人気の有無を気にしてはおりませんから、私のこのサイトを愛してくださいとお願いはしません。嫌われて、寄りついてくれる人がいなくとも、それはそれで構わないのです。利用出来るものがあれば利用して頂く。それだけで充分です」


・・・利用させていただきました。(ペコリ)

そして新訳・星の王子さまプロジェクトについてこう語っています。

「とてもすばらしい企画であると思います。(中略)
私自身は(企画を混乱させてしまいますから)参加しませんが、フランス語を理解できる Le Petit Prince ファンの方々は、是非、こぞって参加し、日本の Le Petit Prince 読解のレベルアップを進めると共に、世界中の読者に日本の読者層の質の高さを誇示して頂きたいと願っております。(中略)
 一企業の人気取りに終わらせず、本当に「前代未聞、世界初の壮大なプロジェクト」に育て上げるには、皆さんの結集した力が必要です」


・・・いや、別に参加してもいいんじゃないのかな。なぜ、混乱する?
参加している人たちも、少なくてもわたしは、「前代未聞、世界初の壮大なプロジェクトに育て上げる」とか、そういうふうなことは意識していないんですけど(笑)。「終結した力」とか言われてもねぇ・・・、自分がやらないのに、人に勧めるなー! (語気が荒いけど、怒ってませんよ♪)

なんであなたは、そんなに物見高いの?(素朴な質問)

「新訳と比較されたとき、内藤訳の質の低さは隠し通せなくなります」

えー、質低いの???

「翻訳という観点からすれば、「星の」はデタラメといって良い翻案ですし、「王子さま」も誤訳であると私は思っています。題名に「王子さま」を使えば、本文中の“prince”も自動的に「王子さま」になってしまいます。「星の王子さま」という題名が内藤 濯さんの発明品であり、翻訳の観点からすれば誤りである・・・(中略)」

んなこと言ってたら、翻訳というものはできないんですけど。フランス語をそのまま日本語に正確に移し変えることができるのであれば、翻訳者はいりません。デタラメですとー!!!

っていうか・・・あなたも訳してみたら? ぜひ参加してくださいよ♪

とにかく一冊の本でこれだけのサイトができちゃったりして、つくづく「星の王子さま」に流れる深い世界について考えさせられました。「異邦人」も掲示板をみたら、すごかったのですよー。どうしてこれほどまでに、ひとつの作品にパワー込めてる人々がいるんじゃーって驚きました・・・。

わたしも、うかつなこと言えないなー(笑)。

2005年07月16日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 3件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005年07月16日 / #【編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2005年07月17日 / #【編集

イメージしてました・・・

へっぽこフランス語でコメント返しなんぞしてみたけれど、こーゆー日がやってくることをわたしは前から想像してました・・・。
ああ、くりしぇにはがんばってもらわなきゃなー。
ブログをやって、ほんとによかったわ・・・。あとは、くりしぇ次第だな・・・。(コメントというより、独り言ですー!!!)

2005年07月17日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。