スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

フランソワーズ・アルディの「自分スタイル」




「フレンチポップ♪」という言い方もこのひとの前では恐れ入ってしまうかも。今日はまさに「クイーン・オブ・アンニュイ」。クールでスタイリッシュなフランソワーズ・アルディの世界を堪能していただくわ。

わたしはアルディの曲はほとんど聴いているのですが、歌っている姿はほとんど見たことがありませんでした。他のフランスのアーティストもそうなんだけど☆ YouTube、恐るべしですねっ。

アルディはアルバムのカバーや雑誌のポートレイトなどがホントにかっこよくて、よく切抜きを集めたりもしたのですが、モデルをやっていたこともあって、何気ない立ち姿や、なんでもないシンプルなジーンズやニットがカッコよくて、ビジュアル的にも大好きでしたね。

まずは「Je veux qu il revienne」(邦題 : 彼に戻ってきてほしい)をドウゾ♪



黒のレザースカートでゴーゴー踊ったり、オープンカーを運転したり・・・いきなり、カッコイイです☆(最後のほう、風がヒューヒューいってるのは許してっ)

さて、お次は「Tous les Garcons et les Filles」(邦題 : 男の子女の子) この曲は1962年、いきなり200万枚の大ヒットを飛ばしたアルディのデビュー曲です♪



なんか、乗り物に酔いそう~★ レトロ調でいいわよね♪ モデルさんたちのスカートがヒラヒラしちゃって。

アルディはこの曲で一躍大スター☆ ヨーロッパ諸国で当時流行の「イエイエ娘」のひとりとして注目されました。ファッション雑誌のモデルやフランソワーズ・サガン原作の映画「スエーデンの城」にも女優として出演しています。この映画はロジェ・ヴァディム監督、出演者にモニカ・ヴィッティ、ジャン=ルイ・トランティニャン、ジャン=クロード・ブリアリなど豪華メンバーです。

ところが1968年に、突然マスコミへの露出を控え、テレビ出演やコンサート活動も行わなくなり、レコーディング活動のみに専念するようになります。1970年には自身のレーベル「ヒポポタン」を創立させ、コンスタンスにアルバムを発売していましたが、その後、88年に歌手引退宣言もしております。90年代に入ってから活動を再開と、意外と波乱に満ちている・・・というか、マイペースな活動ぶりも、またステキです♪

わたしはアルディの曲は70年代の初めごろのアコースティックな感じやソフトロックっぽいのも好きなのですが、その時期の曲「Meme sous la pluie」(邦題 : 悲しい雨が)を聴いてみましょう♪



こういうシンプルな曲もいですね~。水晶をバックに黒のレインコートで歌っちゃって♪  こういうシチュエーションが絵になる人なんて、めったにいないわよっ。彼女は雨が似合うわね。
アルディは80年代後期以降は、占星術師として本を書いたりと、占い師としても活動していたらしいです。神秘的ですね~。

そして今回、わたしをぐっとさせたのがこの曲「Des Ronds Dans L'Eau」(水の中の環)
 


この曲は名曲ですよね。アルディのバラード系の曲としては他にもいろいろ好きなのがあるのですが、それは機会があったら。。。

それにしても、アルディったら、スタイリッシュだったわ☆




この近未来的なミニのワンピースなんてス・テ・キ☆
60年代~70年代にかけて、こういう未来的なファッションって流行ったようで、たぶんこのドレスはパコ・ラバンヌじゃないかな~と思うのですが。当時はクレージュやなんかのストンとしたミニのワンピースなど、ブリジット・バルドーがよく着こなしていましたが。←リアルタイムでは知りませんよっ。

現在、すでに60歳を越えているアルディですが、いい年の取りかたをしているフランス女性のうちのひとりだと思います。

今回、フランスのサイトでこんなのも見つけてしまいました。アルデイ、37歳のときの「Tamalou」(タマルー)の動画です。美しいですっ!!!

★コチラです♪ Françoise HARDY Tamalou

なんか、露骨にクチパクって気もするけど、意外と爽やかよね!?
彼女がスノッブだった20代くらいまでは、見ることのできない笑顔なんじゃないか、と思ってしまったんですが、いかがでしょうか?

2007年04月03日 | フランスの音楽 | こめんと 10件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

しゃるろっとさん、こんにちは~。

私もアルディ大好きで、花の学生時代はアルディばかり聴いてましたよ!
あの鼻にかかったような、けだるいような、メランコリックな、でもホワホワと
やさしい歌声がとってもステキですよね!!!
おまけにスラリとしたモデル顔負けの抜群のスタイルだし♪

ところで上の近未来的な服はおっしゃるとおりパコ・ラバンヌですよ!
私の女神(?)ミレーヌ様のコンサート衣装も担当されてました。

そうそう、アルディ&ダオの「So sad」というデュエットがあるんですけど
2人の声のはまり具合がとってもキレイで聴いてて100回くらい失神しました。。。。
http://www.amazon.com/gp/music/clipserve/B00004T2QG001010/0/102-6768381-2509720

ゴーゴー・ダンスと風ビュービュー動画には参りましたワ!

2007年04月03日 / Rimbeau #Ml.NqimYURL編集

『 La Quesiton 』の中の『 Si Mi Caballero 』が好き。
でも、動画はちょっと引いてしまいました。
ゴメンナサイ。
 

2007年04月03日 / Poisson Merou D'avril #-URL【編集

綴り字の間違い
『 La Question 』でした。
「とんま」な自分に参りました。。。

2007年04月03日 / Poisson Merou D'avril #-URL【編集

Rimbeauさん♪

パコ・ラバンヌってミレーヌの衣装も担当していたのですね。ミレーヌもスタイルがいいからステキだったでしょうね♪

ダオさんの声は女性の声を引き立てますね~、ほどよい甘さで♪ (リンク先ではさわりだけでしたが☆ ありがとうございました!)
アルディの声は疲れているときに癒されますね~。空気みたいに染み入る声っていうんですかね。ビジュアル的にはオサレだし。いろんな時代によって変化もあって面白いですよね。

2007年04月03日 / しゃるろっと #-URL編集

Poisson Merou D'avril さん♪

『 Si Mi Caballero 』は、わたしも好きな曲ですよ~。その動画に引いたのですか!? それとも、わたしが貼った動画か!?

http://www.youtube.com/watch?v=lKre_MpG79o

↑ちなみに『 Si Mi Caballero 』の動画はアルディの歌はなかったけど、こんなギターものがありました☆

2007年04月03日 / しゃるろっと #-URL編集

Poisson Merou D'avril さん♪

あっ、Tamalouの動画のことですよね、きっと☆ いま、わかった。←遅いっ。

2007年04月04日 / しゃるろっと #-URL編集

Je vous remercie de toutes vos sollicitudes!
でも、『 家庭教師ミッシェル』が消滅したのは残念。
黒川さんに会いたかったなぁ。。。

シャルロットさん これからも 「 J'tai casse ! 」でいきましょう。
『BRICE DE NICE」ネタもちょっと古かったかな!?

2007年04月04日 / Poisson Merou D'avril #-URL【編集

Poisson Merou D'avril さん♪

「ミッシェル」消滅してましたね。。。わたしもYouTubeで、その後、探したんだけど「金卵」シリーズのアニメがみごとに全部なくなってました!

黒川さ~ん。安藤さーーーん。。。。。

「BRICE DE NICE」は、わたくし、観てませんが、(っていうか、日本で観られるの???) アマゾンfrでみたら、星が少なすぎっ。おバカすぎるのかしら、ひょっとして(笑)。↓

http://www.amazon.fr/Brice-Nice-Jean-Dujardin/dp/B000AIM0LO

2007年04月04日 / しゃるろっと #-URL編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2007年04月05日 / #【編集

Poisson Merou D'avril さん♪

ありゃ。動画観てみますね~。
けなされているおバカ映画ってのも気になるものね♪ 「nul」とか「Le plus mauvais film que j'ai jamais vu 」とか散々な言われ方よっ。どんなにしょーもないのか見てみたくなるわ(笑)。

2007年04月06日 / しゃるろっと #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。