スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

ゴダールの映画「勝手にしやがれ」など

きのう、このブログの右下にずらずらっと「おすすめフランス映画」のコーナー作りました!
もちろん、わたしが大好きな映画ばかりで、何度も見た作品ばかりです。
軽くその作品のご紹介や、ちょっとしたお話などをとりとめもなく、ひとつずつしていきます。

で、今日はゴダールの「勝手にしやがれ」のお話です。



わたしはゴダールの作品の中ではこの初期の作品がいちばん好きです。モノクロでいいのは他にもいっぱいあるけど・・・


男性・女性

ジャン=ピェール・レオーやシャンタル・ゴヤ(特にかわいいとか思わんのだけど、彼女の歌はいけてるのか?)の着こなしや、ストーリーに関係なく出てくるブリジット・バルドーがいいですね。


アルファヴィル」(アンナ・カリーナが美しいし、音楽も好きです。眠たくなるけど)

女と男のいる舗道」(このカリーナのボブヘアかわいいし、くわえタバコがかっこいい。あのラストはないだろーって思うのはわたしだけ??)なども好きなんだけど、最初にゴダールいいねぇ、ってしみじみ思ったのはやっぱり「勝手にしやがれ」。ひとつひとつのセリフがかっこいいし、この映画で、学校では教わらない「dégueulasse」って俗語を自然に覚えてしまいました。映画では「最低」と訳されているけど、もっと汚い言葉ですよん。
この映画のなかのジーン・セバーグはほんとに美しい! 若くして亡くなってしまったので(しかも死因は謎のままです)、出演作品も少ないし、早すぎる死を惜しまれる人のひとりです。わたしはパリのモンパルナス墓地で彼女のお墓をみたのだけれど、スターのお墓って感じではなく、せつないものがありました。(それにひきかえ、同じ場所にあるゲンズブールの墓は派手だねー。プレゼントだらけじゃないー。ガイドブックで彼の墓石の上にゴロンとキャベツがそのまんま載っているのを見て、うけた。あとサルトルとボーヴォワールのお墓も仲良く並んでいたわ。こちらは渋いお墓よ)
ジャン・ポール・ベルモンドは、なんとニースにいたときカンヌ映画際のシーズンにカンヌをぶらぶらしてたら、レッド・カーペットのシーンに出くわして偶然本物を見てしまいました!
イメージしていたのより、全体的にコンパクトで顔グロなにこやかなおじ様でした♪
あと、見ちゃったのは監督のジム・ジャームッシュ! シックな黒いタキシードで正装した人々のなかで、彼だけロンドンのストリートにいるようなスタイル。両脇に連れていたねーちゃんたちもケバイ華やかで断然目だっていました。

他にゴダールの映画でカラーで好きなのは・・・


女は女である」かな。これはパリにいたときカルチェラタンの小さなシネマティークに観に行ったことがあるんですけど、客層が全然日本と違って、普通のおじさん、おばさんたちが懐かしがって昔の映画を見に来ましたってかんじで、始終笑い声があがったりして和やかなムードにつつまれていました。渋谷あたりでゴダールなど見に行くと、おしゃれな若者やデザイン系のお仕事でも?っていうような人々ばかりで、斜に構えて観ているような気がするんです・・・しかも終わった後も「わからん」という空気がいっぱいになっているような気が・・・


あとは「軽蔑」かな。これは海の青のイメージが強いです。原色の赤・青・黄色にやられますね。BBはボブの黒い鬘かぶりたがるけど、似合ってない気もするけど・・・許す! バスタブで本読んだりするシーンもいいわ。


中国女」何度観ても寝てしまいます(笑)。


気狂いピエロ
これは、いいっていうひと多いんですけど、わたしにはピンときません。何度か観れば好きになるかもって思って3回くらい見たけど、わかりません(笑)。なぜでしょうね。他にもそういう映画はいくつかあります。ま、趣味の問題でしょう。

こんなかんじで勝手に好きなように書いちまいました。これじゃあ、どう「勝手にしやがれ」がいいのかわからんではないかー!!

・・・ジャズっぽい音楽に合わせて、シャンゼリゼ通りに明かりがパッて灯るシーンとか、何気ないパリの風景や会話、しぐさ、それにあの映画でジーン・セバーグが着ているかわいい洋服はスーパーの プリズニックなどで調達したらしい。低予算だから、セットはなし、実際の街に繰り出してカメラ回しましたっていう感じとかよいです。ベルモンドのかっこ悪い死に方、追いかけるセバーグ、あのラストシーン、文句のつけようがなくこれはゴダールのなかでいちばんです。そして鏡の中のセバーグの顔。フィルムは時を止めてます。

2005年07月26日 | 私的フランス映画 | こめんと 12件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

こんにちは。
今、「勝手にしやがれ」観ながら書いています。偶然通りかかってみたら、ちょっとびっくり!最後とか、もやもやな感じで終わってしまうけれど、素敵な映画ですよね、何度観ても。

あと、私、「女は女である」のアンナは一番好きです。


2005年07月26日 / min #qTlQTaRYURL【編集

アンナ

こんにちは! ゴダールの映画は起承転結がはっきりしないのと、音楽の入れ方も不思議だし、フランス人が見ても理解できない部分、かなりあるそうです。「勝手にしやがれ」は何度でも観れます。これの仏版のシナリオ欲しいなー。(売ってたけど)
アンナ・カリーナはあの目線にしびれますねー。何気に北欧出身だけど・・・、セバーグもアメリカ人かな? 純粋なフランス人って結構少ない。「アンナ」のサントラの歌声もいいわねー。今でもあんまりイメージ変わってないですね。声は変わっちゃったけど(笑)

2005年07月26日 / しゃるろっと #-URL【編集

ゴダールの映画は昔よく見ていました。池袋の文芸座、高田馬場のACTミニシアター
でオールナイト上映・・・今は昔です。YMOのメンバーはゴダールが好きで「気狂いピエロ」「中国女」がタイトルの曲もあります。
個人的には右下の作品のほか、「トト・ザ・ヒーロー(ベルギー)」「メルシー・ラ・ヴィ」をまた観てみたいな~と思いました。

2005年07月26日 / ドラム小僧 #-URL【編集

YMO

YMOですと、懐かしいー!!
たぶんゴダール好きなのはドラムの人では・・・、キーボードの人は何気に大学のときフランスに留学してたらしい。
「気狂いピエロ」って曲ありましたっけ? ひょっすると「東風」のような気もするんですけど・・・(笑)。どうでしょうか?
古い映画もいいけど、新しい映画も開拓したいなー。

2005年07月26日 / しゃるろっと #-URL【編集

こんにちは!私は単なるミーハーなので、カンヌ映画祭の時期にカンヌに行けたら面白そう!と、その部分に反応しました。

気分転換に自分のブログのテンプレートを変えたのですが、かなりの数あるFC2のテンプレートの中からやっと選んだものが、しゃるろっとさんのこのブログのものにそっくりだったことに後で気づいて、驚きました。ごめんなさい。人の影響を受けやすいのでしょうか?オリジナリティ不足か?

2005年07月26日 / オルサ #-URL編集

いやー、すごかったですよ

こんにちは! カンヌ映画祭はフランスの行事のなかでもいちばんド派手ですよ。人ごみが嫌いなわたしも期間中は意味もなくカンヌをぶらつきました。普通にそこらへんのカフェで俳優がお茶してたり、超リッチな人々の衣装など見るだけでも楽しい!
漫画みたいなお金持ちがウジャウジャしてて、誰がスターなのか、わけわかんなくなります。写真もアップしようかなと思ったんだけど、いずれカンヌ映画際の記事を書くときように取っときました。
テンプレート、すっきりしましたね。わたしがこれを選んだのは水色が好きだからです。あと、字が読みやすいかなと思って決めたのです。

2005年07月26日 / しゃるろっと #-URL【編集

ファーストアルバムに気狂いピエロがあります。ひげのおじさんも好きですが、白髪交じりのおじさんも好きです。あまりこんなことを言うと「本当に小僧なのか!」と言われるのでこのへんにします。

2005年07月26日 / ドラム小僧 #-URL【編集

80へぇ。

そうなのですか。またひとつ賢くなりました。へぇーといえば、わたしは白髪交じりのおじさんの家の塀に友人と這いつくばった過去を持っています・・・。
ドラム小僧さんが、ただの小僧ではないことはもうとっくにバレバレなので、大丈夫です。どんどん行ってください。

2005年07月26日 / しゃるろっと #-URL【編集

そのおじさんが音楽担当したドラマの名前(ストーカー)みたいなことをされてたんですか!?しゃるろっとさんがインスピレーションを与えたかも。

2005年07月26日 / ドラム? #-URL【編集

ストーカー

ドラム?さん。
ニューヨークに行く前に彼は高円寺の白いおうちに住んでました。高円寺の友人が、「あの家は有名よー」って言ってて、そういえば本人も「変な若者が僕の家の前にたむろしてて困るんですよー」とか言ってたなって思って、「よし、わたしも行くぞ」ってその友人と共に出かけて、家を見たんだけど、奥行きがあってよく見えないので、思わず塀にひっついてみたけど、あんまり中は見えなかった・・・。窓ガラスが割れててテープで止めてるのや、三輪車が投げ出されたように置いてあったのが忘れられません・・・

本人はそんなこと知る由もありません(笑)。

2005年07月26日 / しゃるろっと #-URL【編集

はじめまして。「勝手にしやがれ」、いいですよね。私はゴダールの中では「はなればなれに」が好きです。実験的である中に洒脱さを忘れない所とか。

2005年07月27日 / kikyosan #I1HrElXcURL編集

kikyosan さんへ

はじめまして!
ブログのほう覗かせてもらいました。いろいろ映画を観ていらっしゃるようですね。初期のゴダールはホント古くならないなーって思います。まぁ、わたしの見方は感覚的で音楽とかファッションとかすぐ気になっちゃうほうなんですが(笑)。
「はなればなれに」観てないんですー。今度ぜひともチェックしてみます!

2005年07月27日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。