スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

サンクルーの森で

今日はパリ郊外、サンクルー(St-Cloud)のお話。




パリに留学していた頃、最初はパリの街をあちこち散策するのに夢中だったけど二、三ヶ月もすると週末にはパリを離れることに楽しみを見出すようになっていた。そのいちばんはじめのきっかけになったのが、この町、サンクルーかな。
サンクルーはパリの西南にある小さな町で、競馬場と大きな森がある他は静かな住宅地といったところ。そこへ行くメトロの10号線 Boulogne Pont de St-Cloudはパリの中心からすぐの距離。
メトロを出た瞬間、空気がパリとは違う! 大きな橋を渡ってセーヌの向こうの町を目指して歩きました。写真を見ておわかりのように高速が通っているのに、とても空気が爽やかに感じました。
坂を登っている途中、大きな十字架を背負っている人を先頭に賛美歌らしい歌を歌いながら一列に歩いている人々に出会いました。わたしも彼らの後をついて登って行くと教会の前に出ました。
しばらくサンクルーの静かな町を散策したあと、森にも行ってみました。
そこはパリのブーロニュやヴァンセンヌとは比べ物にならないくらい規模が大きくて、緑が青々としている美しい森でした。
しばらく行くと移動遊園地に出くわしました。パリの街中で見るよりも乗り物類が充実していて、家族連れで賑わいほのぼのムードがいっぱい。




お馬に乗ってくるくる回っている子供たちや♪
(後ろの男の子楽しくなさそー)




ブランコに乗ってくるくる愉快そうな黒人さんや♪




えせミッキーマウスもくーるくる♪

・・・ところできのう、ヴァンセンヌの森のこんなミッキーマウス見てしまいました・・・。

左側の目次から「パチモン」その1のスイッチをON!!!

                 コチラから~♪


・・・今日ほんとは、ここ最近コート・ダジュールの鷲の巣村「エズ」「サンポール」と続けて記事を書いたので、残る鷲の巣村「ヴァンス」とマティスについての記事でも書くか・・・と思っていたのだけれど、きのうの夜このあまりにも素敵なミッキーマウスを見てしまったので・・・急きょこの記事になってしまいました(笑)。

このMme PiLOTさん(なぜ、iだけが小文字??)、おそらく数多いパリ在住ブロガーさんのなかで最も移動遊園地をエンジョイした方と思われます。(もうとっくにこの記事見たって人のほうが多いのかな?)

以前パリ祭の記事で移動遊園地の乗り物への憧れを書いたわたしだが、どうやらフランスの遊園地、激しそうだわ・・・(笑)。
考えてみたらわたしって絶叫マシーン乗れないじゃない・・・横浜のみなとみらいの乗り物で死にそうになってたじゃん。だめだ・・・そういえばフランスのエスカレータって異様にスピード速かったな・・・。

メリーゴーランドくらいか、乗れそうなのは・・・。馬たちに混ざってドサクサに豚も回ってたりするんだよね。
まさに脱力・・・。 

ところでこのサンクルーの森の中にはチュイルリー庭園やヴェルサイユ宮殿(ん、ヴェルサイユ?)の庭園を手がけたルノートルが設計した遺跡のようなモニュメント「Grand Cascade 」があって、これは見ごたえあります!
パリ生活で疲れた週末、ささやかな憩いのひとときを過ごすことができました。

            

2005年07月27日 | パリの出来事 | こめんと 2件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

しゃるろとさんのところに来るとチャットになるので短めにします。毎日見ていて自己投資が半端じゃないと思います。下記ブログコメントでせこいことを言っている私とは大違いです。
http://douce-france.cocolog-nifty.com/lavie/2005/07/post_0cd7.html

2005年07月28日 / ドラム** #-URL【編集

自己投資

いやー、単なる道楽者ですよん。
「自己投資」ってほどのことでもないです。

ところでホストファミリー、いいですね。
わたしも身近なフランス人とおしゃべりしたいです。カナダの人とかたまにいるんですけど、カナダアクセントのフランス語は苦手なので(それに彼らは普段英語しゃべってます)だめですねー。うらやましい企画ですね。ぜひぜひお話聞きたいです。

2005年07月28日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。