スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

シャルロット・ゲンズブール未公開映画「手を貸して」(?)

ず~っと前に(2006年ことだから、もう3年ほど前!? 早いわっ)、シャルロット・ゲンズブールの新作映画が続々公開! いやぁ~楽しみですねぇ、今シャルロットは油が乗ってますね~、みたいな記事を書いたんだけど、

こちらの過去記事「シャルロット・ゲンズブール大躍進!」

そのなかでも一番観たいなと思っていた「Prete-moi ta main」がYouTubeで全部観れます。




結局、この映画日本では公開されなかったし、DVD化もされなかったんだけど、去年、フランスのアマゾンでDVDがバーゲンになっているのをみつけて買おうかどうか悩んだりもしたけど、あっさり動画で全編観れたのね。もちろん、仏語だけど、彼女のファッションやしぐさを観ているだけでも見る価値あります。

この作品、そのまま邦題をつけるとしたら「手を貸して」といったところでしょうか。「手」を意味するmainというフランス語の名詞はほかに「結婚の承諾」の意味もあるので、「Prete-moi ta main」はプロポーズするときの決めセリフのようですね。

軽いコメディータッチで競演の役者さんたちもユニーク&冬のパリの雰囲気もよく出ているので、なかなか楽しめると思います。シャルロットのブーツ&コートのファッションが特に素敵。
後半のほうで、彼女の網タイツに真っ赤なブーツというボンテージルック(SMの女王様のお姿)もみることができます。
他の映画では観られない奔放なシャルロットにもびっくり! なんとなくボーイッシュな感じやサバサバした感じがして好きなキャラですね♪

物語の見所としては、「恋愛睡眠のすすめ」や「フレンチなしあわせのみつけ方」で競演したアラン・シャバ(Alain Chabat) おじさんとシャルロットが建前上、婚約者の振りをするわけなんだけど、この二人の恋の行方がどうなるのか~ってところでしょうか。

・・・まぁ、わたしがうだうだ言っているより、興味のあるかたはご覧くださいませ~。

1/9




2/9




3/9




4/9




5/9




6/9




7/9




8/9




9/9



う~ん。わたしとしては同じくらいの時期に公開された「恋愛睡眠のすすめ」より、こっち作品のほうが好きですね。大人のコメディーという感じがして。日本で公開されないのが残念です~。

「恋愛睡眠」はわたし的にはおこちゃまっぽいというか、なんかビジュアルや音楽はいいんだけど全体的に物足りない感じがしました。正直言うと☆

面白いなと思ったのは、アランさんのお母様役のBernadette Lafont(ベルナデット・ラフォン)さんは、なんと20年ほど前に「なまいきシャルロット」でメイドさんの役でシャルロットと共演されてますね。
シャルロットの母親代わりの粋なメイドさん役だったけど、この「Prete-moi ta main」でもエレガントなお姑さん役で健在でしたね。いつも抱いているパグがかわいい♪
若い頃はこのかた、とてもクールビューティで美しいかただったんですよ。(今も華やかな美貌ですね)

「Prete-moi ta main」の簡単なあらすじはこちらで

「Prete-moi ta main」のビジュアルはこちらで


なんか、すっごく画像と動画で今日は重い記事でしたが、youtubeや動画サイトで海外の未公開の映画も簡単に観られる時代なんてのも凄いと、改めて感じたわたくしでした。

2009年01月24日 | 私的フランス映画 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。