スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

新訳・星の王子さま まえがき




新訳・星の王子さまプロジェクトに参加しています。

ここでは「くりしぇ」というペンネームを使っているのですが、今回発表になった、まえがきの訳が優秀作品に選ばれました。
わたしの訳文はこちら

先月の終わりに話題になっていたので、ご存知の方も多いと思いますが、星の王子さまが新訳で続々と出版されるそうです。
個人的にはそんなにいろいろな訳で出版されなくても・・・という気持ちが強いのですが・・・、やはり一番最初に読んだものがしっくりくるというか、だいたい「星の王子さま」というタイトルをつけたのも内藤濯なわけだし、「Le petit prince」が「小さな王子さま」だったら、やっぱりイメージ的に弱かったですよね。
でも倉橋由美子の訳はすごく気になります。「大人の星の王子さま」ですから(笑)。どうせやるなら初期の「聖少女」とか「パルタイ」みたいに普通の大人の人々が読んでもわからないくらいのエキセントリックな「星の王子さま」にしてほしいくらいです。そうしたら、サン=テグジュペリのかわいいイラストが使えませんね・・・(笑) 勝手にいろいろ想像してしまいますが、だぶん、いろんなこと言いながら読むと思います、わたし。
そして、わたしが挑戦しているプロジェクトのほうですが、わたしの場合は、内藤濯のイメージ(つまり、自分の「星の王子さま体験」)を大切に訳していきたいなと思っています。
このプロジェクトはこのペースで進むと今年いっぱいかかるようなので、(今、わたしも3章まで訳し終えたところなのです)完走めざしてがんばりたいです。ほんと。
引き続きこのブログで、このプロジェクトへのわたしの挑戦を記していきたいと思っています。
もちろん、「異邦人」も読んでいきます。

2005年06月12日 | 新訳・星の王子さまプロジェクト | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。