スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

エクス・アン・プロヴァンスの昼下がり




今日はニースからエクス・アン・プロヴァンスへ日帰り旅行したときのお話をします!

ニースでの留学生活もあと少しというとき、どこか最後に旅行でもしてみようかなと考えた。クラスメイトたちはイタリアを回ったりスイスに行ったりしていたし、おしゃれな日本人の女の子たちは普段からサンレモあたりまでショッピングに行っていた。ニースより洋服屋も多いし物価も安いと言う。うーん、わたしはイタリアは一応行ったことはあるのですよ。国境越えてちょっとお散歩しただけだけど(笑)。やっぱ突然、標識や看板がフランス語じゃなくなるとわけわからなくなってたなぁ。あと、イタリアの小さな町はコート・ダジュールと違ってもう旧市街も廃墟みたいで歩いている人もまばらで怖かったのですよ。そのわりには妙に陽気そうなおじさんたちに「チャオ、チャオ」言われるし(笑)、あと、すっかりとコート・ダジュールが気に入ってしまって他のところに出かけなくても満ち足りてしまっていた・・・というのもあったのですが。。。

そこで、わたしが行こうと思ったのはエクス・アン・プロヴァンス。なんといってもエクスは評判がいい。嫌いという人がいない町なのですよ。ルーアンで同じ学校だった子も「あんなかわいい町は見たことがない!」と言っていたな。。。雑誌でもフランス人にとって暮らしてみたい町で1位になっていたし、おまけに高速バスでいけばニースから片道2時間で行ける。

で、さっそく、いつものごとくフラリと出かけました(笑)。

ニースの中心街の広場から出てる高速バスに乗って少しすると、車窓の景色が穏やかな田園風景に。まるで北海道の田舎にそっくりだわ、なんてほのぼのしていると、遠くのほうになにやら青紫色の山が。。。「これって、ひょっとして、あの名高いセザンヌの絵の???」
そうです。それは正真正銘のサント・ヴィクトワール山でした。絵で見ていたときは、「まっ、大胆な色づかい!」って思っていたけど、本物を見ると確かに紫だ。。。あの山だけ、何故、超自然的な色をしているの??? ニースのビーチ同様(!?)、フランス政府がなにか仕掛けてるのでは(笑)???




そうこうするうちに到着しました~。高速バスの停留所の前の広場です。この日はすごく暑かったのです。プラタナスの並木が続くこの写真からは伝わってないかもしれないけど。。。

さて、バスを降りると腹ごしらえです。お昼も過ぎていたし、さっそく目に付いた大きなカフェに直行!




オムレツとエスプレッソを頼みました。フランスのカフェはパンはいつもタダで付いてくるけど、このときはなぜかサラダも山盛りで付いてきました♪ その上なぜか頼んでいないのに青い瓶に入って水も出てきました! もちろんミネラルウォーターじゃなくてカラフ(水道水)なんだろうけど、飲みやすい味でした。あ、チップですか? わたしは普段の食事やお茶するくらいでは置いていきません。だって、すでに高いサービス税含まれているしね。わたしはフランスではオムレツやステーキにマスタードをつけて食べてました。日本のマスタードよりなめらかでおいしい♪♪




さて、食事の後は昼下がりのエクスの町を散策することにしました。この町は噴水が多いことでも有名らしいです。町のいたるところに100以上の噴水があり、意外な(!?)ことに町はとても洗練されていて、お店などを覗くとニースにはこびっている、いかにも観光地って感じのお土産屋などとは比べ物にならないくらいオサレ♪ そういえばアヴィニョン(ここにはゴクミのでかい別荘もある!)に行ったときにも、のどかな田舎町を想像していただけに町が洗練されていて驚いたなぁ。。。




こちらは携帯電話のショップですね。古い町中でこの鮮やかな黄色いお店が目を引いていました。特に目的も見たいものもなかったので、気の向くままに歩きました。エクスの町は半日もあれば回れる広さなので余裕です。




こちらはお花屋さんですね。
ほんとうに町は静かで、清潔で、治安よさそうだし、人は親切だし、良いことだらけ♪ 時間の経ち方もゆったりとしていて、ワサワサしているニースとは大違いだわ。ホント、ニースは町は汚いし、お年寄りが多いし、浮かれた観光客や、エセっぽいお土産屋や、怪しい大道芸人とか(猫を乗っけて踊っていたオジサン元気かしら~)、道端で酒飲んでるアラブ系移民のおじさんたちとか、いっぱいいたわ。。。
でもエクスってなんか退屈。なんか平和すぎる。なにかが足りない。。。いつも見ていた海がない! 地中海がー!
やっぱり、海がなくちゃね。
ニースに来る前はルーアンにいたんだけど、次の留学先は南に行こうって決めていて、候補にニースのほかにトゥルーズやマルセイユ、そしてここエクス・アン・プロヴァンスも挙がっていたのでした。来る前はニースって高級リゾート地のイメージが強かったし、自分のキャラ的に「南の海辺が似合わなー」って思っていたけど、住んでみたら違和感がなかったのよね。。。
かわいい古い教会のある通りなぞ歩いていたら、携帯が鳴った。学校の友達だ。無性に「帰りたいー」と思ったわたしは、サッサとバスに乗り込みニースに舞い戻ったぁー(世界ウルルン滞在記のナレーションでどうぞ♪)。ちゃん、ちゃん。

2005年09月08日 | フランス地方の旅 | こめんと 8件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005年09月08日 / #【編集

そのとおりでございます

そうです。ボケてました。即効で直しました。。。ありがとうございます!

2005年09月08日 / しゃるろっと #-URL【編集

サント・ヴィクトワール山

サント・ヴィクトワール山と北海道の印象は近い気がします。
紫いも?(意味不明)

セザンヌの絵の印象から単に田舎というイメージがあったのですが、
近くにこんな素敵な街があるんですね。
いいな。

フランスパンは好きで主食にしています。
バケットとかバタールとか。
最近は経費節約のため近所のスーパーで「パリジャン」という安いパンを買って食べています。

2005年09月09日 / 枕木 #Py6QLX.wURL編集

私がエクス・アン・プロヴァンスに立ち寄ったのは(なんていうとカッコいいが、J○○のツアーで)10年以上前の1月か2月でしたが、大通りのカフェにあふれんばかりのお客と、移動遊園地が妙に印象に残っています。大きくて賑やかな町という感じでしたが、大通りから一歩抜けると、人がいない細い路地があったり、噴水があったり。もう少し時間があれば、散策を楽しめたのですが。

2005年09月09日 / オルサ #-URL編集

枕木さんへ

そういえばあの山の色、紫イモのソフトクリームの色にも似ている気がします!
田園で稲がクルクル巻きになってたくさん転がっている風景(わかりますか?)など、北海道の風景に似ているなぁと思いました。フランス北部でもノルマンディーの放牧の風景など北海道っぽいなーって思いました。

エクスの町は本当にゆったりとした印象でした。もう少し足を伸ばして町から出たところもよさそうですね。あの山は登ることもできるみたいですよ。

パンはフランスも地方や、極端にいうとお店によってバゲットの味が違っていたりして、なかなか奥深いものがありました。パン好きにはたまらない国だと思いますよ。

2005年09月09日 / しゃるろっと #-URL【編集

オルサさんへ

10年以上も前に行っていたのですかー。冬でも過ごしやすそうですよね。移動遊園地はわたしは見かけませんでした。なんか大きな通りで工事をしていて、噴水もビニールにくるまれてたりしてました(笑)。

目的もなく、どんな町か見てみようってノリだったので、特にモニュメントなどチェックも入れず、おいしいものを食べたわけでも、買い物したわけでもなく、半日ぶらついただけで帰ってきてしまいましたねぇ。なんかきれいで素敵な町なんだけど、本当にまったりしちゃって(笑)。

でも真面目に留学するには誘惑がなさそうで、いいかもしれないな、こういう町。。。

2005年09月09日 / しゃるろっと #-URL【編集

わ~エクスだ!!
フランス生活での私の唯一の後悔は、、、エクスに行かなかったことです。本当に行ってみたかったんですよね。
やっぱりフランスは南がいいですね~。私はずーっとルーアンだったので、いろいろな街に住んだしゃるろっとさんが羨ましいです。やっぱり街によって違いますよね?ルーアンとの違いとか気になります。

2005年09月10日 / MARCH #-URL編集

MARCHさんへ

わたしのフランス生活の後悔は、、、いっぱいありますよ。まだまだ行きたいところたくさんあるし(笑)。MARCHさんのジヴェルニーの記事を見て考えてみたら、モネの家の写真、自分が入っている写真ばかりでブログで公開できないやーって気づきました(涙)。
ルーアンからニースに引っ越したとき、まるで違う国に来たような気がしました。季節も真冬から一気に初夏に飛んだ~って感じで、ただもう、ぼーぜんとしてしまいました。
南仏は漢字で言うと「楽」ノルマンディーは「美」です。ホント、英仏海峡の海もいい味出してます。退廃的な美があるというか、建築物もすごいものが多いし。。。

町によって全然違いますね。わたしは三都市で滞在許可書の申請をしたんだけど、その町によって必要書類から、取得できる期間まで違っていて、(同じ町でも係員によって違う場合もありますけどね) これは話を聞くより、実際自分が経験してみて、あまりにも違うので驚きました。ちなみにルーアンは手続きがいちばん大変でしたよ。
食べ物や、土地の人や、言葉のアクセント、それと気候に関しては、わたしは南仏がいちばん合っていました。ニースはイメージしていたより物価も高くなかったですよ。学校もたくさんあるのでいろいろ選べるし。ただ、真面目な留学生はいません(わたしもですが)。ヴァカンスの町ですね。やはり。。。

2005年09月10日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。