スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

不透明な酔い心地

いよいよ第一部も大詰めになって来ました「異邦人」です。
めくるめくような白昼の情景描写はまだまだ続きます・・・

C'etait le même éclatement rouge.

さっきと同じように、すべてが赤くきらめいていた。

éclatement を和仏で引くと、破裂という言葉がまず出てきます。きらめくというよりははじけるという意味合いが強いようです。

そしてすべてがにあたる部分はありません。

フランス語ではこんなに短いシンプルなフレーズなのに、翻訳した窪田啓作のひねりが感じられる一説ですね。

Sur le sable, la mer haletait de toute la respiration rapide et étouffée de ses petites vagues.

砂のうえに、海は無数のさざなみに息づまり、せわしい呼吸づかいで、あえいでいた。

わたしはときどきフランスの小説を読んでいて、自然の風景や物などが妙に生き物のように感じられることがあります。
逆に有機的であるはずの人間たちの方が無機的に感じることがけっこうあるのですが、これを説明しようとするとフランス語を言語学の分野から勉強している人の方が上手に説明できると思うのですが・・・、簡単に言ってしまうと、フランス語という言語(その他ラテン系の言語も)は、日本語や英語と違って、物と人の区別をはっきりとさせない言語なのです。だからフランス語を読んでいて、指示代名詞が何を受けているのかということを、日本語の頭ではついていけないことがよくあります。おまけに名詞や形容詞にいたるまで男性・女性という性の区別まであるのですから・・・。物が生きているみたいな、なにか粘っこいというか、考えようによってはファンタジックな世界が往々にして展開しているのです。(わたしはそういうフランス語の世界、かなり好きです)
そしてその不思議なフランス語的世界が翻訳によって生かされている小説といえばボリス・ヴィアンの「日々の泡」ではないかと思うのですが。
ちなみにこれ、「うたかたの日々」というタイトルでも翻訳されてますね。いつか、両方原文と共に読んでみたいと思っているのですが・・・。そういえばこれ、映画にもなってて、昔、渋谷の映画館で見ました。タイトルはどっちだったかな・・・。岡崎京子の漫画入りの水色のパンフレットお気に入りでした♪

くどくど書いてしまいましたが、言語学見地からフランス語を詳しく知りたい! という方は東郷雄二先生のホームページへどうぞ。白水社の「ふらんす」に連載している「フランス語の隠れたしくみ」の記事が個人的にはお勧めです。えっ、読んでみたらよけいわかんなくなったって?

だいぶ脱線してしまったので、また「異邦人」へ戻らなきゃ(笑)

激しい暑さのなか、ムルソーはというと・・・

je me tendais tout entier pour triompher du soleil et de cette ivresse opaque qu'il me déversait.

全力をつくして、太陽と、太陽があびせかける不透明な酔い心地とに、うち克とうと試みた。

名詞ivresse お酒に酔う、という意味と同時に夢中になる、とか陶酔という意味もあります。
形容詞opaque暗い、とか不可解という意味でもありますので、この不透明な酔い心地というフレーズ、不可解な陶酔と、訳すこともできますね。
ムルソーったら、完全に太陽にやられています。それとも自分に酔ってきたか?

2005年06月15日 | 「異邦人」を読む | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

初めまして

初めまして、きおと申します。
ヤフーから異邦人の検索でここに辿り着きました。

私は今大学で異邦人(フランス語)を読んでいます。
ブログの日本語訳との対比がとても面白いと思います、これからも頑張ってくださいね。
それでは。

2005年06月18日 / きお #qehSJrrEURL【編集

きおさんへ

こちらこそ はじめまして。
大学で読んでいるということは、仏文科の学生さんなのですか?
異邦人はきらっと光るフレーズ多くて、日本語でもフランス語でも楽しいと、わたしは思ってやってます。難しい(暗い?) 小説だという意見もあるかもしれないけど、個人的には好きなんです。
ほんと、コメントくださって励みになりました。これからも遊びにきてくださいね。

2005年06月18日 / しゃるろっと #-URL【編集

お返事ありがとうございます。
私はフランス語科の学生です。
異邦人って、フランス語自体よりも、翻訳のニュアンスや内容が難しいですよね。
先生が選んだのですが、この物語で結構鍛えられています・・・。
これからも遊びにきますね。

2005年06月18日 / きお #qehSJrrEURL【編集

きおさんへ

そうです、そうです。異邦人はフランス語では結構シンプルなのです。日本語が難しいー。
でも、直訳でも意味は通じるくらい、まさに明晰な文章なのかもしれませんね。
ゆっくりとしたペースになってしまうけど、これからも読んでいきます。

2005年06月20日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。