スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

オンフルール、港とサティと・・・




さて、ノルマンディーの旅は続きます。今日は印象派の絵画などでもお馴染みのオンフルール(Honfleur) の町です!

オンフルールはセーヌ川の河口に位置し、旧港のひなびた風景は多くの画家のモチーフにされています。対岸には以前紹介したル・アーヴルがあり、その二つの町は1995年に完成された近代的なノルマンディー橋でつながれました。この橋、長さ約2150メートルもあり、構想から20年以上も完成するまでにかかったもので、斜張橋としては世界一の規模のものだそうです。デザイン的に美しく、青、白、グレーの色調で統一され、周囲との調和も考えられています。

オンフルールの町は本当に小さな町で、列車も通っていないので個人旅行の方には高速バスで行くことをお勧めします。ル・アーヴルから30分くらいで行けます。近代的で洗練されたル・アーヴルの港を後にすると、中世の小さな町の間を通り、ノルマンディ橋から見る海は絶景です。

わたしは旧港の手前のバス停で降りました。すでに観光地らしい華やかな雰囲気で溢れています。バスに乗り合わせたご婦人たちもどこかお洒落でうきうきした感じがいっぱいで、観光客たちも上品でお金持ちっぽい人たちが多かったような気がします。
さて、このいろいろな画家に描かれた有名な旧港をはじめてみたとき、わたしは本当に息を呑みました。美しいです!




それは絵のなかの世界でした。小さな港に浮かんでいるヨットまでがアンティークで、飾り物のようです。




ノルマンディー独特のゆがんだような木組みの家も、ここで見ると優雅なフォルムをしているように見えるから不思議です。
建物の窓辺など、町中にはピンクの花が溢れていました。




さてと、どこかでお茶でもしょうかな♪ それにしても、どこの店も混んでいるわね~。
ん、この看板は!? ↓(見えずらい・・・)




「LES MAISONS DE SATIE」ですって! サティーの家!?
そうです、作曲家サティーは1866年にオンフルールで生まれました。彼の生家は1998年から一般公開されています。彼と同時代の芸術家には、ピカソ、コクトー、ラヴェル、ドビュッシー、ストラヴィンスキーなどがいます。そんな素敵なサティーの生涯と創作活動が展示されているそうな。で、わたしもその家に行ってみました。まことに残念ながら時間が押せ押せで外観のみを見るだけで終わってしまいましたが、閑静な場所にあるかわいいお家でした(こんなコメントでごめんなさ~い★)

そこで、特別に今日はわたしが日仏学院の通信講座でテキストになっていたサティの女友達にあてた手紙を載せます~。この手紙は意外なサティの一面が覗けてなかなか興味深いものです。

Lettre D'Erik Satie à Valentine Gross(23 aout 1918)

Chère Valentine,
Je souffre trop.
Il me semble que je suis maudit.
Cette vie de mendigot me répugne.
Je cherche et voudrais trouver nue place, un emploi,quelque minime qu'il soit.
J'emmerde L'art : je lui dois trop de rasoireries.
C'est un métier de con, si j'ose dire,que celui d'artiste.
Paedonnez-moi, chère Amie, ces justes expressions,très justes.
J'écris à tous.
Personne ne me répnd,même un mot amical.
Zut!
Vous,ma chère Amie,qui avez toujours été bonne pour votre vieil ami,voyez donc,je vous supplie,s'il ne serait pas possible de le placer dans un lieu où il gagnerait son pain.
N'importe où.
Les besognes les plus basses ne me répugneraient pas,je vous le certifie.
Voyez au plus vite : je suis à bout et ne puis attendre.
L'Art?
Voici un mois et plus que je n'ai pu écrire une note.
Je n'ai plus aucune idée,ni n'en veux avoir.
Alors?


エリック・サティーがヴァランティーヌ・グロスに宛てた手紙(1918年8月23日)

親愛なるヴァランティーヌ
つら過ぎる。
呪われているみたいだ。
こんな「乞食のような」生活はいやだ。
僕は、どんなにつまらなくてもいいから職、つまり働き口がないか、ありつきたいと思っているのです。
芸術なんか糞食らえだ。
さんざん「うんざり」させられているんだ。
あえて言わせてもらえば、「馬鹿者」の仕事だ、芸術家の仕事は。
親愛なる友よ、許してください、このぴったりな言い方を、まさにぴったりの。
私はみんなに手紙を書いているのに、誰も返事をくれません。
やさしい言葉のひとつも。
畜生!
親愛なるわが友よ、今までこの長年の友にやさしくして下さったあなた、どうかこの友に日々の糧が得られるようなところを見つけてはもらえますまいか、なにとぞお願いします。
どこでも結構です。
どんな卑しい仕事でもいたします。本当です。
一刻も早くお願いいたします。
万策尽き果て、もう待てないのです。
芸術?
もう一ヶ月以上も音符一つすら書けていません。
もうアイディアも浮かばないし、浮かんでほしくもありません。
いかがなものでしょうか?


この手紙は交響曲「ソクラテス」を書いた直後のものだそうです。サティはこの前年にはバレー組曲「バラード」で芸術家としての名声も受け、まさに油の乗り切った時代を送っていたものとわたしは思っていたので、この手紙には本当にびっくりしました。どちらかといえばサティという人はまさにアーティスティックそのものの人で、俗世間をむしろ嘲笑しているかのような人物と思っていたので、まさか「芸術なんて糞食らえだ」というフレーズが彼の口から飛び出すとは・・・、それともこれって、彼一流のジョークなんでしょうか?

ちなみにこの仏文の訳は日仏学院通信講座中級の先生によるものをそっくり掲載しました。サティの語りで「僕」が「私」となっていたり、急にです・ます調になっていたりするのは、彼の精神状態の乱れを表す意識的なものと理解しています。

サティの年表もご参考ください。コチラ

そしてサティのピアノ曲を試聴したい方はコチラから。沢山あります♪

それではみなさん、秋の夜長をお楽しみくださ~い。

2005年10月11日 | フランス地方の旅 | こめんと 25件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

ピアノで

エリック・サティの「家具の音楽」に心酔していた20年位前を思い出しました。(私はいったい何歳なんだ)ピアノでメロディーを弾いてみたりもしていたな。今はそのピアノも、物を置く棚みたいになっていますが。

2005年10月11日 / オルサ #-URL編集

ジムノペディ

わたしもピアノでサティの曲など弾いていたのは、かれこれ10年はたってますね。。。でも、ジムノベディを弾かせたら、この「しゃるろっと」より「シャルロット・ゲンズブールさん」のほうがうまいです(笑)。

2005年10月11日 / しゃるろっと #-URL【編集

それっ!!

ジムノペディだ~。あーすっきりした!!
「チャンチャンチャンチャンチャンチャンチャンチャンチャン♪♪」ってなんだっけーって、パソコンの前でうなってました、笑

みなさんピアノ弾けるんですねー。素敵★
uwabamiは楽器オンチです。歌うだけ~♪♪

その時代だと、uwabamiはドビュッシー派ですね。ジムノペディは好きだけど。

2005年10月11日 / uwabami #-URL【編集

ドビュッシーも好きですよ

でも、わたしはクラッシックよりジャズかしら~。ノリが、クラッシックじゃないのよ♪

うわぱみさんってゴスペル歌うんですよね。素敵★

なんか、サティの曲はタイトルからして面白いですよね。旋律といい、ねじまがった挑発的なかほりがするわ☆

2005年10月11日 / しゃるろっと #-URL【編集

ジャズ

もいいですよね~。詳しくはないですけど。
ジャズシンガーの女性って憧れます!!
あのハスキーでセクシーな感じが。
ソプラノで童顔なuwabamiさんはどう転がっても無理です、泣

秋と言えばジャズなんですかね~??
あちこちでジャズ祭やってますよね。
我が横浜でも3連休ジャズ祭やってました。
くりしぇさんはどこでジャズ聞くんですか??バーとか行っちゃうのかひら♪♪

そうそう!ジムノペディってなんじゃらほいって感じですよね、笑

ゴスペルは。。。やっと口と体が同時に動かせるようになりました、笑 結構ムズイんです、これが。

2005年10月11日 / uwabami #-URL【編集

ジャズシンガー

うーん、やはり生まれ変わったらミュージシャンになりたいわたくしは、ジャズシンガーも憧れだわ~。

くりしぇさんは、近所にそんな洒落たものがないので(泣)、普段はジャズってませんわ(涙)。正統派のジャズというより、映画のサントラなどで、エセっぽいのが好きですね。
バーですって、行きたいわっ。でも、あんまし夜遊び派じゃないなぁ、わたしはお家で夜更かし♪(オタクか!?)

夜更かしといえば、oomotさん、どこかしら~。今ごろ羽を伸ばしてる!?(笑)。

うわばみさんって童顔なのね♪ なんかイメージどおりだわ★ゴスペルされてる姿を見てみたいわっ。

2005年10月11日 / くりしぇ(変身っ!) #-URL【編集

moi aussi!!

uwabamiさんは生まれ変わったら女優がいいな~。
また男性の好み話になるけど(笑)男だったら俳優よりミュージシャンのが惚れます!断然。 ドラムとかいいわ~。

oomotさんもしや風邪で寝こんでたりして!?体弱そうだもんな~。
毎日来る人が来ないと心配になりますよね。uwabamiは来たりこなかったりだけど、笑

童顔バレてました!?鋭い!?文章から童顔オーラが出てるのかな。。。
クリスマスコンサート観に来てほしいっすよ、ほんと。でも北海道なんですよね。

私はオタクで夜遊びだから、、、タチ悪いです、笑 道歩きながら「くりしぇさんにはこうコメントしよう~」とか考えちゃってます。

2005年10月11日 / uwabami #-URL【編集

おお、うわばみさん

生まれ変わったらアクトレスですか~。ううむ、怒涛の人生を生きてみたいわねっ。

oomotさんは、きっとうわばみさんが仕事で忙しいと思って遠慮されているのだと思いますよ。なんか、でも変な心配をしてしまうわ~。

クリスマスに教会で歌うのですね! ホント観に行きたいわ~。でも、冬は余計旅行しにくいのですよ。。。いやあね、北のはずれって。。。北海道の冬は長いわー、寒いの嫌いっ。

ところで、星王子アップされてましたよ。気づいてましたか? うわばみさん的にも忙しくなるかな★

2005年10月11日 / くりしぇ #-URL【編集

話題のブログ

もしかして、「生協の白石さん」に夢中だったりして、oomotさん、笑

uwabamiは仕事が始まってから、より一層、帰ってからのブログ(コメント)チェックが楽しみになりました★

じゃあ、いつか北海道遠征しますよ、笑 雪祭りでゴスペルとか!寒~っ。先生がはっちゃけで何でもありだからな~、それもあり得る、笑

ジャジーなバーでくりしぇさんとフランス談義したら楽しいだろうなぁ。

アップされましたね。くりしぇさんの詩的でかわゆかったです♪♪みみずくさんは男っぽい。。。浮いてる!?やっぱどこ行ってもホールデンなのか。。。ブログのアップは明日にしようかな。

2005年10月12日 / uwabami #-URL【編集

きつねがね…

きつねがね、解放してくれなかったのです……。(笑) あと2、3回読み直したら、送ってしまおうか……。(なんか、ダメダメ)
雨つづきで、体調がわるいのもありますが……。

サティ手紙の訳文の「僕」と「私」との訳し分け、サティのひとり語りを僕、友人への語りを私にしているのかな?

18章、アップされておりましたね。投稿者数がスゴイ…。次の 19章も応募殺到?!(笑)
自分の訳文を読み直したら、誤訳していました。(苦笑)

2005年10月12日 / oomot #-URL【編集

uwabami さんへ

うーん、18章みました!
くりしぇの淡々とした訳が、やはりみなさんの力強い訳と比べると印象薄いような気もしましたねぇ。アップは明日だな(笑)。

みみずくさん、浮いてませんよ。。。

「ジャジーなバーでフランス談義」ううむ。それは実現したらすごい! うわばみさんのパワーって素敵★

2005年10月12日 / くりしぇ #-URL【編集

oomotさんへ

噂をしたら、訪れてくれましたね~。
雨続きだったのですか・・・わたしも天気には左右されやすいです。お大事に。。。

あっ、そうそう! わたし、この間、図書館行ってきたんですよ。そうしたらoomotさんが「かっこいい」と言っていた本、なくて~、残念! oomotさんの「かっこいい」って気になります! 読みてー。
「留学生」はあったのですよ。あれを仏語でお読みになったとは、すばらしいっ!
わたしには日本語でも辛そうだ★ 「ライ麦以来」って書いてました~。後書きに。文体はそんな感じもしなかったけど。星王子の新訳はもっちろん、まだ入っていませんでした~。で、わたくし、図書カードを忘れて、本借りれませんでした~(何しに行った!?) ボケやねん。

oomot訳、相変わらずキュートでしたよ♪
わたしは21章訳し終えましたー。まだ直すところは沢山あるけど。

サティの手紙の訳文の「僕」と「私」との訳し分けは、彼のヘンテコぶりを表現するためにわざとやってるのかなって、わたしは思いました。講座を受けているときは、そういうことを先生に質問する余裕もなかったな。
あの文を和訳するっていうのは難しいですよね。俗語多いし。欧州レベルの中級っていうのは難しいですよね~。それにしても、長いコメントになってしまいました~。

2005年10月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

おっ

oomotさんこんばんは。
私も、昔は雨天時に偏頭痛してたのでお気持ちお察しします。お大事に。。。

お二人とも早いですね~。
uwabamiは21章、まだ2ページも残ってます。
キツネ君を巣穴にほっぽらかし。
これじゃあ「飼い慣らせ」ませんね、泣

今日こそ12時に寝るはずが・・・ブログをやり始めると、楽しくてだんだん寝なくていいやと投げやりになります、苦笑

2005年10月12日 / uwabami #-URL【編集

しゃるろっとさんへ

なんか、明日は晴れるみたいですが?(ホント?) 秋と春はいやだ。(泣)

『留学生』は、いまもういちどフランス語で読めといわれると、きびしいかもしれない。(苦笑) 文体が『ライ麦…』というより、内容のほうかな~。

うちの近所の図書館の星王子新訳は、予約待ちが入っていて、書架にならんでいないですね~、おそらく。(笑) 内藤さん訳は、夏休みが終わってもどってきていました。

2005年10月12日 / oomot #-URL【編集

秋・・・

★うわばみさんへ

実を言うと、わたしも最近なんとなく体調がすぐれないような・・・秋のせいかしら? めらんこり~なムードにやられたか!?

21章は一応終わったけど、なにか言葉が違うような感じで満足できません・・・

でも、ブログってやっぱり楽しいですよね♪

★oomotさんへ

秋のムードは苦手でござります。太陽が欲しいっ。

「留学生」青春小説☆なのですね~。新訳星王子入っているのですね。いいなぁ。わたしの住んでいるところは、レンタルCD・ビデオ店、一軒しかなくて、しかも、わたしが借りたい映画やCDありませーん(泣)。

2005年10月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005年10月12日 / #【編集

わかるよ~

私も太陽がエネルゲンです。ソーラーパワーで動いてる、笑

メランコリーですよねー。切ぬぁい。
でも秋が弱いって人は、情緒豊からしいですよ♪♪雰囲気に流されるとも言うけど、笑

毎年9、10月は地獄のように憂鬱ですが、今年は元気です。星王子パワーかなぁ。

最近は昼休みにもくりしぇさんのブログチェックしてますよ~。アクセス数かなり貢献シテマスーイヒ。

2005年10月12日 / uwabami #-URL【編集

ありがたや~

うわばみさん、いつも愉快なコメントありがとう!
おまけに、そんなにこのブログをチェックしてくれているなんて・・・涙がちょちょ切れそうよ!!! 

わたしも、今日起きたらさわやかな目覚めで、コロッと体調悪いの直ってたわ(単純なのよ~)
今日は秋晴れのいい天気だったし、星王子パワー☆は、ホントあるかもねっ。

イヒ。

2005年10月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

気づかなかった・・・

未公開コメントに気づいていませんでした。

あなたのブログに行きましたよ~。
ふっふっふー♪

っていうか、とても光栄ですよ!
今後ともよろしくお願いします。(ぺこり★)

2005年10月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

図書館にリクエスト

新訳王子さま、図書館に購入リクエストをされてみてはいかがですか?

レンタル屋さん、私の家のまわりも以前より減りました。大手のチェーン店だけになったような。(私は借りないのですが…)
いまは、みなさん、ネットでみるんですか?

かつては、四季があったほうがいいかと思っていたけれど、最近は、夏か冬だけのほうがいいです。春と秋の空気感がいやだ!
星王子企画が終わったら、どこか暑いところか、寒いところへ逃亡しようか?(笑)

2005年10月13日 / oomot #-URL【編集

逃亡

わたしが図書館に行ったとき、おじさんと図書館の女の人が話しているところによると、リクエストして、その本が入るまで二ヶ月以上かかるみたいなことを言ってました。
わたしはフランスから帰ってきて、ここに来たとき、「日本じゃないみたいだ」と思いました。なんか不便なんですよ~。近代社会じゃないみたいで。一応、市ですけど。。。

わたしは、DVDはあんまり観ませんね。映画もほとんど観てないか(笑)。「アメリ」もないですよ。近所のビデオ屋。助けて~

冬はいいのですか?
わたしも星王子終わったら、どこかへ行きたいわ。旅行してませんね。。。逃亡したら、もう元のところへ戻れなくなりそうです。。。行くのなら南半球がいいですね。あぁ、絶対戻れない~

2005年10月13日 / しゃるろっと #-URL【編集

南半球

図書館のリクエスト待ち、どこでも、だいたいそのくらいだと思います。運よく、購入してもらえると決まってから。(苦笑)

うちは、ケーブルテレビにはいってから、たまにフランス語の映画とかやっていると、ボーッとみてしまいます。

冬は、空気がよいです。

そういえば、南半球はこれから夏ですね。暮らしてゆけるのであれば、戻れなくてもいいから、逃亡したい!(笑) 

2005年10月13日 / oomot #-URL【編集

永遠に夏

ニースにいたときに思ったんだけど、冬でも景色は夏で、毎日雲ひとつない青空だし、なんか永遠に変化がないような。
気候は気持ちいいけど、暇ですよ♪

わたしとしては、暮らすのであればもっと年とってからでいいかーって感じですね~。

でも旅行は絶対フランス海外県の小さな南の島に行きたいですね~。
束の間のévasionですね。そういえば、ニースの町の匂い好きでした。海も潮臭くないし。花も人も生命力がみなぎっている感じがしましたね。太陽でぼーっとしてて、みんな目を細めて歩いていたような(笑)。

2005年10月13日 / しゃるろっと #-URL【編集

オンフルールに04年10月に行きました。サティを求めて、フランス留学のピアニストに連れられてです。今ふと思い出してこのコーナーを見させていただきました。懐かしいかぎりです。

2007年05月25日 / 寺西 弘文 #-URL【編集

寺西 弘文さん♪

そうでございますか、ステキな思い出ですね。オンフルール、ほんとうに絵画のように美しい港でございました。

コメント、ありがとうございました!

2007年06月09日 / しゃるろっと #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。