スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

砂の海




さて、前回の続きです。さっそくバスを降りるとモン・サン・ミッシェルの全景の写真を撮りました。
この岩山はフランスで最も有名な巡礼地。中世の頃は陸続きの山だったらしい。ノルマンディー地方とブルターニュ地方にまたがるシシイの森(Forêt de Sissy)のなかにある小さな山で、津波に飲み込まれてこの部分だけが残ったらしい。現在は本土のポントルソン(Pontorson)との間に一本の防堤でつながっているだけ。もともと潮の干満の差が激しい地帯で、以前は満ち潮時に島全体がすっぽりと海に浮かんでいるような景観になったが、今では島の周辺は湿った砂の海がどこまでも続いているといった感じです。今年の春から、かつての景観を取り戻す5ヵ年計画の環境プロジェクトがはじめられたそうです。




周辺に広がる湿地は危険なので、歩行禁止になっているそうですが、地元ではガイド同伴の湿地の散策ツアーというものもあるそうです。




まわりの道路はイメージしていたより広くて、駐車場も完備って感じ。




真下から見上げるとこんな☆ 遠くから眺めるほうが美しいかな。
思っていたほど大きくなかったので、これは登るのは楽かなと思ってなかに入ってびっくり。急で細い坂道にはお土産屋やレストラン、ホテルなどが軒を連ね、まるで原宿の竹下通りのような混雑ぶり。なかなか前に進みません。
ここの名物の特大オムレツ(Omelette Poulard)はまずいという噂が・・・カフェで食べるオムレツって結構好きだったけど、まずいオムレツってどんなだろ(笑)?
気になったけどやめときました。レストランはどこも混んでいたし、お値段も高い!
上に登るに連れて、砂の海がどこまでも広がっていく景色が見えました。壮観です。レストランの特等席でぼんやり眺めるのも素敵かもしれないけど、なにしろ本当に混雑している! ムードもなにもあったものじゃありません。ビデオやカメラを片手に持ったいろんな人種の観光客のパワーにゲンナリして、頂上の僧院まで登るのをやめて坂を降りてしまいました。




島のもう片側に行くと、浅く水が張っていて海のような状態になっていました。




こちら側ではのんびりと散歩する人の姿もチラホラ。
さっきの島の中でみたパワー溢れる観光客たちが、まるで嘘だったみたいに静まり返っていました。
水際を少し歩いてみました。そして予定よりも時間が余っているけど、ここですることってもうなにもないなぁと思って、サン・マロ行きのバスにとっとと乗り込むわたしであった。かくも短き滞在。。。

モン・サン・ミッシェルの写真をもっと楽しみたい方は、コチラのサイトもどうぞ。クリックすると写真が拡大します♪

(続く・・・)

2005年11月06日 | フランス地方の旅 | こめんと 18件 | とらば 1件 | とっぷ

コメント

魅力

モン・サン・ミッシェル、本当に人気の観光地ですよね。日本の旅行会社のパンフを見ても、パリ観光の次に多いのではないかというくらい、モン・サン・ミッシェルに立ち寄るツアーの何と多いことか。世界遺産だからでしょうか?

以前ディスカバリーチャンネルで、干潮時に、徒歩で向かい、途中でリポーターが泥に足をすくわれ、周りの人にひっぱてもらってやっと抜け出した。なんていうのを見ましたが、モン・サン・ミッシェルのいったい何が人をこれだけ惹き付けるのか、行ったことがないのでわかりません。遠くからまるで海に浮かぶように見えるモン・サン・ミッシェルの遠景はきれいですが。

2005年11月06日 / オルサ #-URL編集

オルサさんへ

わたしのいとこで、かなりの旅行通で海外生活も豊富な人がいて、ひとりで9ヶ月、ヨーロッパを中心に20ヶ国くらいを旅行してた彼女が言うに、「モン・サン・ミッシェルみたいなのはイギリスにもあって、本物を見るとつまんない(笑)」だって。。。

わたしも本物を見て、思っていたより小さくて、かなりいろんなビジュアルに踊らされていたなーと気づきました。でも観光客でいつも賑わっていて、常に儲かっている代表的な観光地ですねー。まわりになんもなくて、ホント驚きます(笑)。

遠くから眺めるのがいちばんキレイだとは、わたしも思いました(笑)。

2005年11月06日 / しゃるろっと #-URL【編集

刷り込み

フランス語の教材やテレビ番組で、きれいな巡礼地的なところだけをすっかり刷り込まれていたので、しゃるろっとさんの記事を読んで、「やっぱり、観光地じゃん」と再認識。(笑) 駐車場の写真とか、リアルですね。

なんか、日本人が京都とかの名刹をがやがやまわるのと、あまりかわらないのかも?

それにしても、小学生のときに、『世界のお城』を買ってもらうなんて、すごくないですか?(かしこいお子さまだったような) 6歳のときに、『本当にあった話』をみたってのより、絶対にすごいと思います。(笑)

2005年11月06日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

こんばんは~、泣

いや、おはようか!?
ご無沙汰です。うわばみです。
インターネットがイカレテ、さっきまで死んでました。
カスタマーセンターのお兄ちゃんに電話しまくり、格闘すること4時間。。。やっと繋がりましたよ~。ジュスィファティゲー!!
今は24章の清書で死んでます。
また徹夜になりそう。

それはさておき、(コメントしてる場合じゃないし、笑)モン・サン・ミッシェル、実際行くと「えっ?」なんですかー。
海に浮かぶ古城★っていかにもロマンチック~で想像(いや妄想)を掻きたてる場所で、行ってみたいのですが。。。夢は夢のままに。。。しておいた方がよさそうですね。

2005年11月06日 / uwabami #-URL【編集

まずいオムレツって!

そうですかー
趣があるというよりも、超観光地なんですね!
でも、一度は行ってみたいです。
…一度でいいかな?(笑)

まずいオムレツってどんなんなんでしょう?
想像がつかない恐ろしさです(笑)

2005年11月06日 / ami #nD4vuAl2URL編集

oomotさんへ

ううむ。たしかに空撮の映像とか、ダイナミックで、これは本物みなきゃーって気分になるわね(笑)。
わたしも、最初バスから見えたときは「おおっ! 本物!」って感動したんだけど、なかに入ったら、みやげ物屋やなんかの商売っ毛がすごくて、ひとでウジャウジャで疲れてしまいました。いろんな方の記事など読むと、みなさん、しっかりと上まで登っていらっしゃる。わたしが観光っぽいところが苦手なせいもあるんだけどね。。。

かしこいお子様だった・・・と、よく過去形で昔を知る人々に言われます(涙)。。。

2005年11月06日 / しゃるろっと #-URL【編集

uwabamiさんへ

おお、インターネットがイカレましたか~★
わたしも、なかなか繋がんないときがあって、格闘したことあったわ。無線にしているので、そこのコードを取り替えたら最近、調子よくなりました。
徹夜ですか。。。週末は大変ですな。頑張って!!!

なんか、今は砂でドロっぽい海なんだけど、2010年以降は、かつての海に浮かぶ美しい景観が甦る予定だそうですよ~。
そうなったら、ロマンチックな風景で、よいかもねっ。冬の午前中がいちばん空いていて、良いらしい。

わたしはここに行く前に、ロワールとかのお城巡りしたあとだったから、余計にインパクトなかったのかも★

2005年11月06日 / しゃるろっと #-URL【編集

amiさんへ

超観光地なんですよー。世界中の人々のパワーが強烈でした。意外と日本人の観光客って、言われているより、おとなしいような気がしました。
オムレツ、噂によると中身が泡だっていて、不思議な感触らしいです。サイズもでかいので、最後の方にはもういいって~ってなるのかな★

ここより、実は帰りに寄ったサン・マロが意外と良かったのですよ~。周辺の小さな町や村に穴場がありそうです。中世の街並みが好きな人にはお勧めかも!

2005年11月06日 / しゃるろっと #-URL【編集

みやげ

「かしこすぎるお子様だった」では? いまが普通にかしこい?(フォローになってない…)

そういえば、フランスの観光地のみやげって、どのようなものがあるのですか?
もしかして、一刀彫りのモン・サン・ミッシェルの置物とか、バター飴とか?(あるわけねー…)

海沿いの St-Malo のお話も、期待してしまいます!(ここも、授業で出た)

ニュースによると、フランスでは、パリの小さな暴動が各地に飛び火して、たいへんみたいですね。

2005年11月07日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

みやげ★

フランスの最も有名なみやげといえば、コチラ。

http://www.souvenirsofparisjp.com/miniature/index.html

エッフェル塔の置物はわたしも買った(笑)。

どこへ行っても、やたら絵葉書が多いという印象。おみやげはバリエーション豊富で、なんでもあるなーと思いました。
モン・サン・ミッシェルはミニチュア模型とかいろいろあるはず。あまり、ここではお店を見なかったので、はっきりしませんが。。。

フランスの移民問題は大変だと思います。日本人や他のアジア人、他のヨーロッパの人々ももちろん移民なんだけど、問題になっているのはアラブ系やアフリカ系の人々。
パリ以外でも、例えばマルセイユなどは移民の多い街なので、もともと日本にニュースで来ていないだけで、いろいろあるみたいです。やはり、人種差別はいけないとか言う前に、移民に対する知識は必要ですなぁ。子供たちがスリや引ったくりをしている現場を最初にみたときは、驚きより怒りのほうが強かったです。日本人はそういう人種の被害者になりやすいということも踏まえて考えないとねぇ。ま、旅行で行くだけなら、気をつければ済むことですけど。

2005年11月07日 / しゃるろっと #-URL【編集

げげっ!

まさか「ねーだろーなー?」と思っていたみやげが…。(驚)
エッフェル塔の裏をみたら、“Fabliqué au Japon”って書いてあったりして?
アメリカでおみやげに買ってきたディズニーのボールペンには、“Made in Japan”と書いてあって、帰ってきてから気づき、笑いました。

やぱり、ヨーロッパで経済的に優位な国は移民問題や民族問題を抱えているものなのですね。アメリカは実際にみているので、その陰湿さがよくわかっていたけれど。

2005年11月07日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

かわいいですよ♪

エッフェル塔の置物、よくオサレ系のお店に飾ってあったのを見ましたよ♪
結構かわいいと思うけど。←みーはー

oomotさん、ディズニー・ランド行きましたか(笑)。

いやぁ、フランスは移民の人多いですよー。
パリにいると、どっかの怪しい外国文化のほうが純粋なフランスのものより、パワーあるような気がするほど。「食」も「宗教」もボーダレスな世界で、わたしがパリはあんまり好きじゃない理由のひとつに、それがあります。それが面白いって意見もあるけど、実際、暮らすには治安が悪すぎると思います。

2005年11月07日 / しゃるろっと #-URL【編集

行ってないっす

ディズニーランドには、行ってないのです。ディズニーは人気があるので、グッズのショップがどこにでもあるのでした~。(笑)

アメリカも、西海岸のほうでは、共生しているかのようにみえたのですが、スラムみたいなところが、めだたないところにありました。フリーウェイを走っていると、街の色がはっきりと違う。

治安は、いままで、日本があまりに良すぎた?

フランス、ひどいな。ドイツとかにも飛び火するかもしれない。

2005年11月07日 / oomot #aIcUnOeoURL【編集

フランスでも

そういえば、おみやげ屋さんでは買い物しないけど、スーパーとかでおみやげ探してたら、気をつけないとイギリスとか、スイスとかベルギー、イタリア、ドイツなどいろんな国の製品が混ざってて、どこへ行ったのかわからない状態に陥りそうになります★

日本はこれから地震が怖いですね。。。

フランスの暴動、無関心ではいられませんね。。。

2005年11月08日 / しゃるろっと #-URL【編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005年12月12日 / #【編集

コメントありがとうございました

そうですか。日本にもそのような場所があるとは知りませんでした。興味深いですね。そこには行ったことがありませんが、ぜひ行きたいです!

わたしの旅行好きな従妹が言うには、イギリスにもそっくり(規模は小さいでしょうけど)な寺院のある島があるそうです。
モンサンミッシェルは周りになにもないところがすごいですね。あと季節や天候によってもいろいろな表情をみせるのでしょうね。
ノルマンディーのこの辺りは本当に自然が美しいので、交通はちょっと不便ですが、フランスに行くことがあったらまた行きたいです。小さな村などでゆっくりしたいですね。

2005年12月12日 / しゃるろっと #-URL【編集

行ったことあります♪バス乗って遥々。。

モンサンミッシェルと聞いていつも想い
出すのが名物オムレツの災難。。

ガイドブック見てあれを注文したばかりに
一時間半待たされて。。殆ど観光出来ず。

びっくり価格だったけど普通のお味でした。

2007年09月10日 / シンクレア #-URL【編集

シンクレアさん。はじめまして。

例のオムレツ、いろんなところで「普通」との意見だったので、わたしも食べませんでした。観光、観光していて落ち着かん場所ですね(爆)。

わたしは近くのサンマロのほうが感動しました☆

ゴージャス旅行だったら島で一泊して夜にお散歩するとムード満点らしいです。
それにしても、ホテルもレストランも高い。。。確かに(笑)。

2007年09月10日 / しゃるろっと #-URL編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/11/21 | syumi-悠悠 |

「フォロ・ミー!」

『モン・サン・ミシェル』との出会いはH13年4月で場所は何故か福岡・天神駅だった。 (ちなみに“天使の夕焼け”verもあるそうです) 当時、僕は東京から全国各地に飛んで某人気深夜番組の出演者を探していた。 当時の僕はまったく『モン・サン・ミシェル』なんて知らない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。