FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

仏英/英仏辞書いろいろ

早いもので「フランス語の道具箱・ルピコ」がオープンから一ヶ月たちました!

はじめるにあたって、最初はフランス語の学習書だからそんなに多くのアイテムもないだろうと思っていたのですが、とにかく洋書に関する発見が多いです。フランス語オンリーの本や教材ももちろん多いのですが、想像以上に種類があって驚いているのが、英語圏のフランス語教材の数々です。

最近(というか、前からなんですが)、英語の勉強もしたほうがいいんだろうな・・・と思いつつ、なかなか腰の重いわたくし、フランス語と一緒に英語をやれば一石二鳥かしら♪ と思って英語とフランス語が同時に学べそうな本をリサーチしてみるのですが、すごい種類があって迷います。

たとえば仏英/英仏辞書だけでもいろんなものがあります。今日はそんな辞書の数々をご紹介します。

まず、装丁もかわいいし人気のあるこちら。



Harpercollins French Dictionary: French-English English -French

コンパクトでお手軽、現代的な語彙が中心だそうで、このハーパーコリンズ・ラック・ディクショナリー・シリーズは他にも「イタリア語版」や「スペイン語版」、「ポルトガル語版」、おまけに「 アメリカン・スラング」というものまで豊富に揃っています! ちょっとした旅行などにも便利そうですよね。

もう少しボリュームのある辞書がいいというかたはコチラ。



Larousse Concise French English English French Dictionary/Larousse Dictionnaire Compact Francais Anglais Anglais Francais (Larousse Concise Dictionary)

フランス語辞書でも定評のあるラルースから出ている仏英/英仏辞典です。

そのラルースから子供用の仏英辞典も発見しました。



Larousse Active Dictionary for Beginners: Anglais-Francais/Francais-Anglais

英語圏の9才から12才くらいの子供を対象につくられた辞書だそうで、全体的にフランスというよりアメリカン☆な要素が強いかな。

他にも子供用の辞典はいろいろあって、辞書というよりピクチャーブック(絵辞典)という要素が強いようで、鮮やかな色使いのデザインやイラストで、幼児や大人でもフランス語や英語の単語を楽しく覚えられそうです。



DK First French Picture Dictionary (DK First French)

このポップな色使いは、日本の学習書にはなかなかないですよね。

他にもoxfordから、漫画をみながらフランス語のボキャブラリーを覚えるという本もありました。



Oxford French Cartoon-Strip Vocabulary Builder

こちらは若者言葉やくだけた表現なども載っているので、肩が凝らずに読めそうですね。

そして写真やデザインなどのビジュアルが美しいと評判なのがこちらの仏英/英仏辞典。



French (Bilingual Visual Dictionary)

イギリスの出版社から出ているものだそうで、冠詞付きなので名詞の性を一緒に覚えられて便利です。ピクチャーブックという印象が強いのですが、しっかりと主要な動詞も載っているので使い勝手がいいと思います。

フランスにいたとき、学校関係の書類などで英語で書く場面に出会ったり、他の国の留学生とコミュニケーションするときに英語の助けを借りたこともあって、ペーパパックのコンパクトな仏英辞典は持ってたんだけど、日本の辞典の重厚さに比べてあまりにも軽く、お値段もチープだったのですぐに引っ越すときに処分しちゃったのよね。今、考えるともったいないことをしたかしらね。

一冊仏英の辞典を購入しようかと思っているんだけど、どれにしようか迷います。。。

★興味のあるかたは「仏英/英仏辞典や図鑑のページに他にもたくさん選んでみたのでのでドウゾ♪

英語から学ぶフランス語の教材のページも新しくなりました。

子供・幼児用の英仏教材が意外と人気があります。

それから最近アマゾンのストアも、トップの内容を洋書にしてみました。「フランス関連の洋書をアマゾンで」こちらも、たまに覗いてくれると嬉しいです♪

2006年11月19日 | 本の話 | こめんと 12件 | とらば 0件 | とっぷ

フランス語を楽しく学ぶ本や教材

前回、英語圏の赤ちゃんや子供用のフランス語教材を紹介してみました。パッケージもかわいいし、子供の絵本など読んでみるのも楽しい勉強法かなと思うのですが、ここんとこ日本から出している語学書なども初級をターゲットにしたものはユニークなものが多いと思います。

そんななかで、最近発見して面白そうだと思ったのはこちら。



「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語

アマゾンの商品説明より抜粋。

フランス語は“世界で最も美しい”と言われる言語です。この本ではオスカルやアンドレたちの名ゼリフをテキストに、日常生活で必ず役に立つフランス語の基本を身につけることができます。さあ、あなたもオスカルと一緒に初級フランス語を学んでみませんか。

・・・わたしは実は「ベルばら」って漫画もアニメも知らないのですが(もうちょっと上の世代の人たちには大人気だったのかしらん???)

ニースにいたとき古本屋で「キャンディ・キャンディ」のコミックスのフランス版を見つけて、買おうかやめようか悩んだ経験が。。。一巻の最後あたりでアンソニーの死を知ったキャンディが「Il est mort!?」とか言ってたりなんかして☆
ちなみに、わたしはアンソニーよりテリィ派だったわ♪←どうでもいいって。

フランスではこの「ベルばら」も「キャンディ・キャンディ」もアニメ化されていて人気があったみたいね。ふたつとも自国のアニメだと勘違いしていたフランス人も多かった・・・とリンク先のWikipediaに載ってたけど、昔の少女漫画って最近のものより大人っぽくてストーリーもドラマチックだったなぁ・・・と思うのはわたしだけでしょうか。

この本には、粋なフランス語や愛の言葉が詰まっているのかしらね♪



さて、もうひとつは「パティシエのフランス語

自由が丘の有名パティスリーでおなじみ、たくさんかわいいお菓子の本を出している辻口 博啓さん著書のもの。

お菓子作りに必要なフランス語(レシピや材料)はもちろん、ちょっとした会話も載っているそうで、スィーツやお菓子の名前や、その由来など興味深いですね。お菓子好きなかたにはたまらん一冊かも。

あと、面白い企画だなと思ったのはこちら。



シャン・ドゥ・ジャポン~フランス語で歌う日本のうた

これは日本の懐かしい名曲、たとえば滝廉太郎の「荒城の月」とか、「浜辺の歌」、「赤とんぼ」 「からたちの花」などがフランス語でスイスのメゾ・ソプラノ、ブリジット・バレーズが歌っているというCDです。
これらの情緒深い日本の歌がどんなフランス語になっているのか・・・というのも気になるし、音楽としても秋の夜長のヒーリングによさそうです・・・。

それから、フランス語のユニークな語学書や教材をいろいろ扱っているかわいいサイトもご紹介。「フランス語の道具箱・ルピコ

最近は語学書もヴァリエーション豊かですよね~。

2006年10月09日 | 本の話 | こめんと 8件 | とらば 0件 | とっぷ

赤ちゃん教材でアン・ドウ・トロワ♪

以前、メールで「お勧めのフランス語教材を教えてください」という質問をいただきました。実は最近、フランス語の教材や参考書には個人的にハマっているので、いろいろ面白そうなのを発見しています。

今日は、そんななかから英語圏の国で出されている赤ちゃんや子供向けのフランス語教材で、これからフランス語をやってみようと思っている大人のかたにもいいんじゃないかと思ったものを選んでみました。



まずは「Baby's First Steps in French: Newborn to 2 Years (Baby's First Steps)」。

こちらは新生児から2才児向けで、60分収録のCD、80ページの本(英語)、16ページの歌詞カードがセットされたもの。
パッケージがかわいいいのと、収録されている音楽などヒーリング効果もあるようで、語学教材としてはもちろん、癒しにも効果的!

子供の言語発達の研究から確立されたプログラムなので、無理なく言葉を覚えられるような仕組みになっているそうです。



Bilingual Baby 1: French

こちらは赤ちゃん用のフランス語ビデオ教材です。
数字や色などの簡単な単語や、生活に必要な読む、寝る、食べるなどの基本的な動詞を学ぶことができます。
会話以前にフランス語の音や単語に慣れたいというかたにはぴったりな教材だと思います。



Brainy Baby - French / Children

こちらは2歳から5歳向けのDVD教材。
日常的な物や色や数字、フレーズなどを扱うレッスンとアニメーションで構成されたもの。
言葉を憶えやすいようにくり返しが何度もあり、文字でも表示されるので初歩的な綴りの勉強にもなります。バックに流れる音楽はモーツァルトやビバルディのクラシック!
フランス語の歌のビデオ、童話、赤ちゃんたちの笑える映像集なども収録されているそうで、ところどころに子供を飽きさせないようにお笑いの要素もふんだんに取り込まれているそうです。



Berlitz Kids French Language Pack! (Berlitz Kids Language Pack)

こちらはCDと絵本のセットです。英語での詳しい説明があるので、英語の得意なかたや、フランス語をある程度やっているかたの耳鳴らしにもいいかと思います。



Teach Me More French (Teach Me Series)

そしてこちらは歌で覚える子供用フランス語教材。
月ごとのテーマに沿った曲を覚えられる仕組みになっています。(たとえば今月10月はハロウィン、2月はマルディグラという感じで欧米の季節感も感じられます)歌は軽快な楽しい曲が多く、英語とフランス語で歌われていて、歌詞も英仏の両方が付いています。ちょっとしたダイアログも収録されています。



Play And Learn French (Play and Learn Language)

最後の教材は小学校高学年くらいまでのCD教材。生活に沿った内容で、大人でも充分楽しめると思います。親子の日常会話をメインとしたもので、英語とフランス語のテキストが付いています。
CDは効果音や歌も入っているので飽きないで聞けそうです。

日本の教材や学習書でも「英語から学ぶフランス語」といったものがあるけど、わたしは英語がわからないので、、、こういう英語を使った子供用のフランス語教材で、逆に英語の会話などの勉強になるかなぁと思っているところです。

耳や映像からやさしいフランス語を覚えたい、というかたにも楽しく学べそうな教材だと思います。

★追記 : 「フランス語の道具箱・ルピコ」でも幼児用教材のページを作ってみました。(この記事の教材にさらに2つの教材を加えました) 興味のあるかたはそちらもあわせてドウゾ。

2006年10月07日 | 本の話 | こめんと 5件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。