スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

たくさんのコメントにたまげた

約8ヶ月ぶりのしゃるろっとでございます。こんばんは♪

この記事の前の記事、当然8ヶ月くらい前に書いたカメラの記事なんですが、
なんか、やたらに認証待ちコメント数が多いのですが、(現在でコメント数64とか?)

これらは、全てスパムコメントであります。
(アダルト関係の、、、どれも同じような・・・)

これには、わが家の猫さんもたまげた★

画像 1026-2


ちょうどこの時期からコメントを認証制に設定を変えたので、コメントの内容は訪問者の皆様には非表示となっているのでみえないのですが、あまりにもお下劣な内容です。。。(涙)

最初に発見した頃(かれこれ、数ヶ月前・・・)は、ひとつひとつチェックして削除していたのですが
さすがに何十件と削除しても、ほぼ毎日、別の記事などにもコメントにやってこられるので・・・、
(こまめにごくろうさまです。)

この際、削除も認証もせず、放っておいてます。


あと、動画がメインの記事でリンク先が消滅していた記事など、お見苦しい記事はボツボツ整理いたしました。その記事にコメントを寄せてくれた方々の文章はこちらで保存してあります。

いままで濃いコメント、おもろいコメントをくださったみなさまには謹んでお礼を申しあげます。
いまさらながらですが、ありがとうございました♪
(ブログ放置中にいただいたあたたかいコメントはそのままで失礼いたします・・・)

・・・と、いうことも含めまして、最近のスパムコメント対策としてコメント欄は、この記事から閉じることにしました。

それにしても、最近、うちの猫さん(最初の頃、プロフィール画像にも使われていました)は一時と比べてスリムになったようです。

デカ猫、とかデッカー(笑)などと、呼ばれていましたが。。。

以前の猫さんの画像付き記事なども、ついでにリンク。

寝ている猫さん(顔が笑っているような・・・)
こちらの記事の下のほうに、若かりし頃と、変わり果てたお姿。。。

では、今日はこのへんで失礼いたします。2009年はハッピーに、そして、よりマイペースにいかせていただきます。

by しゃる。

2009年01月16日 | このブログについて | とっぷ

おしゃれトイデジカメを探せっ!

かれこれ、このブログも2005年の今頃からスタートしてるので、早3年(脱力・・・)

ブロガー暦(?)も長~いわたしくですが、なぜか今の今までデシカメを持っていなかった!

カメラは好きでゴツイ一眼レフからロモ(Lomo)のトイカメラ、確かキムタクがドラマで使ってた復刻製のポラロイド、あとはどーってことない35ミリの全自動カメラとか、いろいろ持っていたものですが、なぜかデジカメは「そのうち買うだろう~」というノリで興味を惹かれなかった。

このブログで載せているフランスの風景などの写真は主にコンタックスのT2によるもので、写真をプリンターでスキャンしてアップしていたのでした。

しかし、ついに買いましたよ。

しかも、結構レアっぽいデジカメを ↓


ユニデン UDC-7M


じゃじゃ~ん。

ついでに正面の画像も。

ユニデン UDC-7M


このカメラはユニデンのUDC-7Mといいまして。なんともおもちゃっぽいというか、ポップなカメラですよね~。

えっ? ユニデンなんてメーカー聞いたこともないし、こんなカメラも見たことがない!?

それもそのはず、ユニデンは日本の電気メーカーでありながら、主にアメリカ向けの商品を作っている会社で、日本には実店舗はなく、ネットでも直売サイトや大手のショッピングサイトで扱っているだけなのです。

で、このデジカメ UDC-7Mは楽天やアマゾンでも購入することができますが、サイトの画像でボディの写真をみた感じでは
「50年代風のレトロでモダンなミッドセンチェリーな感じ?」 または「70年代後半のアナログなテクノっぽいイメージ?」などと、一般の日本の電気メーカーが出しているデジカメと比べると、かなり個性的な風貌というか、一度見ると忘れられないインパクト!

ところが実物はシルバーの部分が、写真のような白っぽい(アルミっぽい?)質感ではなくて、むしろ金属的で重厚な感じ。ほどよくキラキラ感もあって、黒や赤に塗装されている部分はほどよくマット。

本物は写真のようにオモチャっぽくはなく、もっとメタリックな質感です。

肝心のカメラのスペックや画質のほうはというと、光学ズームレンズで710万画素、動画も撮れるしモニターも大きめ。(でも画面はやや暗いかな?)


トイデジカメのようなかわいい外観でありながら、ちゃっかりいろんなことができそうです。

それでお値段のほうも、今は新品で1万5000円を切っちゃってます。(発売当時は2万5000円くらいしたそうです)

よくファッション関係や雑貨好きのひとが持っているフィルムカメラ「ホルガ (HOLGA)」とか「ロモ(Lomo)」は外観はかわいいし個性的な面白い写真が取れるけど、真ん中が丸く明るく写って、周りがボワ~って暗っぽく写るのがどうも好きじゃなかった。トイデジカメでも「ビスタクエスト」もそういう写りですよね。あの独特の質感がいいというのもわかるけど、普通に風景写真とか人物を写すのに向かないような気がする。

かといって写りのいいデジカメでデザインが好きってなると・・・「ライカ」や「ミノックス」。うーん、それは高い。パナソニックの「ルミックス」やキャノン「IXY」でもいいんだけど。もっとお気楽であまり人が持ってない穴場のようなデジカメはないか~!

と探していたときにこのユニデンのデジカメがヒットしたわけです。

ヤフーオークションでルミックスの「DMC-FX33のショコラブラウン」も落札でがんばったりしたけど、結局お値段的にもレアさでも、この「UDC-7M」に軍配があがりました。

ボディカラーを黒にするか、赤にするかわりと悩んだ末に黒に決めました。今思うと赤もかわいかったかな~。

デジカメはいろいろと試したわけではないので、このカメラがベストかどうか正直なところわからないけど、意外と機能がたくさんあっていじるのが面白いです。



■楽天やアマゾンのレビューではなかなか高評価が付いています。

楽天のユニデン「UDC-7M」レビュー

アマゾンのユニデン「UDC-7M」レビュー


■実際の画質については、このカメラで撮った写真を公開しているサイトもあります。わりとソフトでいい感じだと思います♪

はてなフォトライフ - 機種別写真 ユニデン「UDC-7M」
フォートラベル みんなの海外旅行写真 ユニデン「UDC-7M」で撮った写真


で、はじめてのデジカメと思えないくらい馴染んでますわ。フィルムカメラよりPCで使う分にはかなり便利というか、意外といいと思ったのはフィルムがいらないところね(笑)。

このブログが、いつのまにかオサレな♪フォトログに変わっていたらゴメンなさいね~。←嘘、うそ。

2008年05月30日 | つぶやき | こめんと 1件 | とらば 0件 | とっぷ

ニースのカーニバル2008!

ビバ! どうも、しゃるです。

わたしは二月の頭あたりから、この祭りの動画がYouTubeあたりでアップされるのを密かに楽しみにしておりました。

ニースのカーニバル。

みなさん、よく「世界の三大カーニバル」とかっていうけど、リオのカーニバルやベネツィアのカーニバルはテレビなどでビジュアル的に観て、なんとなく知っているかたが多いと思うの。


ラテンでサンバ♪な リオのカーニバル

そして、

幻想的なベネツィアのカーニバル。


でも・・・ニースのカーニバルって? どんなんだっけ?

って人多いんじゃないのかな~。


実際、テレビやなんかでも、わたしも観た事がありませんでした。


知名度は高い祭りのはずなのに、なぜっ!? テレビとかで放映されないの???


・・・その理由はね、、、動画観たらわかるわよ(爆)





あら、なんか、この猫イヤだわ(爆)

それより、いきなりミュージックがマイコーの「スリラー」

そのあと、カトリーヌってか? 


見続けていたら、なんかブースカみたいな人形集団も現れたわっ。(3:40頃★)




ちょっと違ったか?


このニースのカーニバルは入場規制して広場でスタジアムも組んで、ちゃんと入場料払わないと参加できないようになっているので、街中で忽然で繰り広げられているわけじゃないので安全で、観客も結構お年寄り指数が高いのよね。

わたしはこのシーズンにニースに留学してたことがあるんで、このパレードも遠巻きに見たし、最終日の無料で開放されるパレードは一緒に人形たちと歩いたし♪

街中で、休憩中と思われる、顔だけ巨大な人形集団と遭遇したこともあるわ。

今、思い出すと、その人形たち、顔が小島よしおだったわ。



今年のニースのカーニバルは2月16日から3月4日まで繰り広げられてたそうで、YouTubeも続々と新しい動画がリアルタイムで増え続けてます。

あの猫さんは、今年は「ぬずみ年」ということで(フランスも干支って気にしてたんだ~!?)カーニバルの主役の王様役ということで、フォンテーヌの童話の猫をモデルにしているとのこと。

地元では王様はお祭りの最終日に、海辺で火葬される・・・ということになってるんですけど、ほんとは毎年焼いてないらしいです(爆)。


もう少し動画を観てみましょうか♪

次の動画はさっきと同じ場面も出てくるけど、エンターテーメント性が高いっていうの?

ダイジェスト版って感じかしらね。



なんともキッチュよね♪

そんな、とほほなニースが好きよ、わたしは。


今回、ニースのカーニバルの動画、いろんな国のいろんな方々がYouTubeに投稿されてたけど、わたしの一押し動画は次ね。

モノクロでしっとりミュージックで、このアホアホな祭りがアートに見えた唯一の動画。

最後はしっとりとお別れするわ♪





サイレント映画みたいよね・・・。

しかし、昼も夜も三週間もの間、パレード、よぅやってるわな。


もっとYouTubeでニースのカーニバルの動画みたいかたはコチラからザクザク。

★ニースのカーニバル公式サイト : Site officiel du Carnaval de Nice(仏・英など)

★二年前に書いたニースのカーニバルの記事 : 「ニースのカーニヴァルの謎」(あの頃はわたしもウブだったわ。。。??)

2008年03月05日 | つぶやき | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。